思い出のキス #09 「フってしまうはず、だったのに」

 

誰にだってある。思い出すと、ほのぼのしたり、なんだか恥ずかしくなったり、切なくなったり、涙がこぼれそうになったり。そういう特別な感情が生まれるキスのエピソードを、みなさまにお届けしていきます。

#09 「フってしまうはず、だったのに」

 

これは、カナダへ留学していた頃に付き合っていたインド系カナダ人の彼とのはなし。

全然わたしのタイプではなかったんだけど、熱いアプローチに根負けして関係がスタートした。

 

でも、1ヶ月ほど経った頃から彼の態度が急変。まめだったメールも面倒くさがって、毎日していた電話も不定期になり、ついにはわたしからデートに誘っても断られるようになった。

不可解な態度はしばらく続き、イライラが頂点に達したわたしは、ある休日、彼の家へ突撃することにした。

バッグには想いを込めた手紙を忍ばせて。

 

幸い彼は家にいた。中に入れてもらい、ベッドに隣り合って座った。すると彼は言った。

「僕と別れたいの?」

返答に迷った。一度何か言えば、感情にまかせて怒りをぶつけてしまいそうだったから。

「とにかく、これを読んで」

手紙を渡した。だけど彼は、

「これは読まないよ」

と言って、封筒を開けようともしない。こっちだって意地でも読ませたいから引き下がらない。「読んでよ!」「読まないよ」そんな堂々巡りを30分くらい続けた結果、彼はしぶしぶ承諾し、手紙を読みはじめた。

 

そしてじっくり読んだあと、こう言った。

「まだ僕と別れたい?」

 

心の中でガッツポーズをした。3ヶ月間の態度を後悔してもらうために書いた手紙だったから、狙い通りの反応をしてくれたことに優越感を覚えた。

「もう遅いよ」

その気にさせてフってしまうつもりだった。もう会わないでおこうと思っていた。

それなのに。

 

帰り際、彼はわたしの肩にキスをしてきたのだ。まさか、肩にされるだなんて想像もしていなかった。唇でもなく、頬でもなく、おでこでもなく、肩。

絶妙だった。「彼を悲しませたい」という復讐心は、心の中から一掃されてしまった。

 

協力:A.Y(25歳、グラフィックデザイナー)

関連する記事

特別な感情が心に生まれるキスのエピソードを、みなさまにお届けしていきます。
特別な感情が心に生まれるキスのエピソードを、みなさまにお届けしていきます。
誰にだってある。嬉しくなったり、恥ずかしくなったり、切なくなったり、涙がこぼれそうになったり……そういう特別な感情が生まれるキスのエピソードをお届けします。
「HONDA」が3月5日(金)から、市販車としては世界初となる「レベル3」の自動運転技術を実用化した新型「レジェンド」を発売。
ちょっとわがままな彼と。
特別な感情が心に生まれるキスのエピソードを、みなさまにお届けしていきます。

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
今日もどこかで大切な人への甘いプレゼントを探している方のお役に立つべく、「食レポ」が苦手な人間が背水の陣で挑む「お取り寄せスイーツの食レポ」企画。第四回は...
「ピップエレキバン」でお馴染みの「ピップ株式会社」が手がけた、たった15分で肩こりを和らげてくれるという磁気治療器「ピップ ジースピナー」が「Makuak...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...