思い出のキス#02 「スパイダーマンキス」

 

誰にだってある。思い出すと、ほのぼのしたり、なんだか恥ずかしくなったり、切なくなったり、涙がこぼれそうになったり。そういう特別な感情が生まれるキスのエピソードを、みなさまにお届けしていきます。

#02 「スパイダーマンキス」

 
ロフト付きの家で同棲している彼氏との、ある休日の昼下がりのこと。
1階でお皿洗いをしていたら、ロフトにいる彼がわたしの名前を呼んだ。
 
手を止めて階段のほうへ行くと、彼は、ロフトから1階に、上半身だけ逆さに乗り出した状態でいた。
 
「え……なにしてんの?」
「スパイダーマンキスしてみいへん?ちょっと、こっち来て」
「いやや。なにそれ」
(じつはわたし、スパイダーマンシリーズを1作品も観たことがない)
「いいから、来てって」
「いやや」
「いいから来て!」
「え〜」
「いいから!」
「う〜ん……わかったよ」
 
 
しぶしぶ承諾して、言われるがままに所定の位置に立った。すると、逆向きでうれしそうにニヤニヤしている彼の顔が近づいてきた。
 
わたしたちは、スパイダーマンキス、というのを交わした。
 
渇望されたわりになかなかふつうのキスだったこと、そして、休日の平和感になんだか心がほんわかして。唇がはなれた途端、わたしは吹き出してしまった。
 
 
彼は、家であまり笑わないわたしを笑わせることを日課にしている。きっとこれも、彼なりに必死に考えて思いついた、わたしを笑わせる方法だったんだろうな。
 
 

協力:S.Kさん(23歳・歯科衛生士)

特別な感情が心に生まれるキスのエピソードを、みなさまにお届けしていきます。
特別な感情が心に生まれるキスのエピソードを、みなさまにお届けしていきます。
特別な感情が心に生まれるキスのエピソードを、みなさまにお届けしていきます。
特別な感情が心に生まれるキスのエピソードを、みなさまにお届けしていきます。
渋谷・道玄坂のクラブ「VISION」で初秋の夜を満喫するパーティ好きをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
想像していたテイストと違ったんです。ビックリしちゃいました。
特別な感情が心に生まれるキスのエピソードを、みなさまにお届けしていきます。
ちょっとわがままな彼と。
特別な感情が心に生まれるキスのエピソードを、みなさまにお届けしていきます。
ちゃっかりアイラインまで引かれてます(笑)。
特別な感情が心に生まれるキスのエピソードを、みなさまにお届けしていきます。
吸い込まれるように、いつの間にか唇と唇が重なり合うふたり。ああ、あなたはキスしているとき、何を感じる?カップルたちのキスする直前とキスした瞬間を集めた、“...
特別な感情が心に生まれるキスのエピソードを、みなさまにお届けしていきます。
特別な感情が心に生まれるキスのエピソードを、みなさまにお届けしていきます。
ミントタブレット、適当に選んでませんか?
特別な感情が心に生まれるキスのエピソードを、みなさまにお届けしていきます。
最後、ってことだったのかな。
オメーと一緒だと楽しいよ。会話も弾むしね。