同棲を始めるまえに、覚悟すべき6つのこと

「そろそろ一緒に暮らそうか」

こんな問いかけをされたとき、ギクッとしちゃうタイプと、ずっと一緒にいられるなんて最高!喜んで!というタイプがいるでしょう。

どちらにしても、「Elite Daily」のTayi Sanusiさんの6つの忠告は心に留めておきたいところ。

5689894626131968

もしほとんどの時間を彼、もしくは彼女の家で過ごしているとしたら、高確率で同棲を考えたことがあるでしょう。カップルからしてみれば、とても楽しいステージですが、踏み切る前に心得ておくべきことがいくつかあります

生活を共有することは、彼らを“より深く知ること”ですからね。

メリットを挙げることは簡単です。家賃や光熱費を分担できるとか、一緒の時間が増えるとか、ふたりで素敵なスペースを作っていけるとか。

その一方で、デメリットにも目を向けて。良し悪しを事前に話し合っておけば、争いごとも前もって防ぐことができるでしょう。たとえば、自分が散らかしたものは、自分で片付けるのか。とにかく予めに話し合っておきましょう。

そうして、なんとなく同棲生活が想像できてきたら、この6つを覚悟しましょう。

01.
ひとりの時間が恋しくなる

6685215581798400

大好きな恋人と四六時中一緒にいれるなんて最高!最初はそう思うかもしれません。だって実際そうですし。

でも、時には口を挟まれず、フェイスマスクをつけてリアリティーショーを楽しみたくなるものです。

02.
トイレの臭いも共有する

トイレで何が起きているかなんて、もうわかりきったことなのです…が。

もちろん相手に配慮しようとはするものの、隣りの部屋に恋人がいるっていうのにファブリーズがない!そのまま放置しておいたら、恋人はトイレへ移動し、あなたが残した臭〜い空気に彼(彼女)突入。そんな事態も、なきにしもあらず。

03.
ケンカしても同じ部屋

6318668577243136

いずれは、ケンカもするでしょう。それも、想像以上に多く。だって、いくら愛している人でも、一緒に生活してみないとわからないことってあるものです。

同棲中のケンカって、本当に最悪。お互いの家に戻って、気持ちを落ち着かせるというオプションがそもそもありませんからね。あなたが自らその場を立ち去ったり、相手が「頭を冷やしてくる」と外にでも出ない限り、部屋の隅にうずくまって沈黙を耐えきるしかないでしょう。

04.
だらしなさ=ケンカの種

言ってしまえば、これって大親友との共同生活と似たようなもの。

楽しくて仕方がないんですよね。相手が食器を流しに放置してから、4日が経とうとするまでは。ここでケンカを食い止めるには、担当別にお片づけを振り分けてしまうのが一番。そうすれば「今日は誰の番?」なんて質問が、ホラー映画級に恐ろしいケンカに発展することはないでしょう。

05.
気持ち悪い部分も見えちゃう

5474243647111168

人間キレイなところもあれば、汚いところもあります。避けても無駄です。

たとえば恋人の足の指に菌が発生したとしたら、それに向き合わなきゃいけないわけです。でも、愛があればきっと大丈夫。ひどい水虫だってへっちゃらよ。

06.
お出掛けする頻度が減る

同棲とは、結婚の疑似体験のようなもの。

毎晩彼らの元に帰宅し、人生を共有するわけですからね。そうしてときには、Netflixと出前漬けの日々を送ったり。でも、怠けずにデートを計画しなきゃダメです。リビングで一緒に過ごすのは、デートのうちに入りませんよ!


カップルにとって、同棲は大きなステップです。祝福すべき段階とも言えるでしょう。とは言え、前もってプラスとマイナスを見ておくのは決して悪いアイディアじゃありません。

彼らは決して完璧じゃない、と認めてあげることができれば、準備OKと答えてもきっと大丈夫!

Licensed material used with permission by Elite Daily
これから同棲を考えているカップル(もしくはすでに同棲しているカップルでも)に効く5つの抱負をKimmy Foskettさんが「Elite Daily」にて...
あなたの今の恋人は、最適な恋人?それともただのいい恋人?カップルの相性は、あなたにとって今の恋人がどういう存在かでわかります。6つのポイントでチェックして...
よく海外の人から「狭い」と言われる日本の家。とくに同棲を始めたり、結婚したり、子供ができたりすると、気になってくるものです。Mansal Dentonさん...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なことーー。第6回は、料理人が料理の味を決定するうえで、もっとも気を...
「Nadi X」は、足首と膝、お尻にセンサーが埋め込まれているヨガパンツ。
円満なカップルは、「正直に伝えること」と、「秘密にすること」の線引きがうまいのかもしれません。なぜだかいつも、恋人との関係をダメにしてしまうという人は、参...
「愛」と「愛情」の正体を探る連載企画。今回は、第6弾です。
キスから始まる恋愛なんて、現実的じゃありません。いつだって、最初のドキドキは手をつなぐところからでは?そこはライターAngel Chang氏も同意見。さら...
客観的に見ると、もはやこんなことは言わずもがな。でも、盛り上がっている当事者たちは、ポジティブサイドばかりに目を向けがち。だからこそ、いま一度あえて問いた...
大事に想うパートナーがいるなら、関係を長続きさせたいと思うのは当然のこと。愛おしい恋人と今後も仲良くしていきたい方に参考にしてもらいたいのは、人気の恋愛ラ...
今イギリスを中心に注目されている映画『The Moment』。内容が、というよりも表現方法が全く新しいからなんです。
幸せなカップルは、朝から幸せな習慣を一緒に身につけています。同じ時間に目を覚ましたり、心から「おはよう」と言い、モーニングコーヒーを共にし、そしていってら...
恋愛を上手に楽しんでいる人たちを見る度、もっと恋人との関係を最高のものにしたい!なんて悔しく思ったりしませんか?たとえば愛情表現ひとつとっても、足りなくて...
Sebastian Varnierさんは彼女と同棲中。ペットと一緒に暮らす彼らの暮らしは、いつも笑いにあふれています。今からご紹介するのは、彼女が描いた日...
恋人との関係をこのまま続けるべきか、それとも別れるべきか。きっと誰もが考えたことがある、悩ましく重大な問題です。世界中の何百万ものカップルが、日常生活の中...
友達か、恋人か。白黒つけられない恋愛は、そんなに悪いことですか?
今から20年以上前に、特別な愛情関係における男女2人は、どのカップル(夫婦)も同様に、3つのステージを辿っている。ということを見つけ出したのが、専門家であ...
サンフランシスコ生まれの「The Chiller's Pack」は、クーラーが付いているバックパックです。缶ビールをキンキンに冷やせるようになっています。
今の恋人と、9年間もの時間を共にしているMaryさん。彼女のイラストには、2人のささやかで幸せな日常が描かれている。長く一緒にいるからこその景色、ほんわか...
親しき仲にも礼儀あり。恋人同士だってそれは変わらないのかと思いきや、「お互いどこまで素を出せるか」が良好な関係を築く秘訣だと意見するのは「Elite Da...
結婚と家族セラピーを専門とするCarolina Castaños医師のアドバイスに基づいた記事を紹介します。
すぐには会えないもどかしさを、何度も何度も乗り越えているはずのふたり。2018年は少しだけ、今より近く感じられるように。遠距離カップルに向けて、3つのアイ...
長い間会えない状況が続く遠距離恋愛。デートにも行けない中で恋愛関係を続けていくにはどうしたら良いのか、お悩みの方もいるのでは。多くの人が悩むポイントは、「...
冬が近づいてくると、理由もなくなぜだか寂しいという気持ちになって、シングルの人は出会いを欲するのではないでしょうか。いまは恋人が欲しくないと考えていたけれ...