引っ張るだけで「サイズUP」できる子ども服。

保育園で働いていたことがあるのだけど、当時はつねづね子どもの成長のはやさを感じていました。スクスク育っているのは、周りの大人たちからするととっても幸せなこと。しかし、ママたちからよく聞いていたのは、「買っても買ってもすぐにサイズが変わるんだから!」っていう嬉しさも混じった言葉。

着ることができなくなったからってすぐに手放すのは、もったいないし、ちょっと名残惜しいのかもしれない。そこで、生後4ヶ月から3歳まで着ることができる子ども服を紹介しましょう。

引っ張るだけでサイズUP

3e7f18b6a6b9540d39519097c8c878f938c5d9b0F0e4bbe295a85c6a6a99b7972fa0e31193fa2594

PETIT PLI」は、世界有数の芸術大学ロイヤル・カレッジ・オブ・アートの卒業生Ryan Mario Yasinによるデザイン。子どもが大きくなるにつれて服も「成長」するように、全体にプリーツ加工を施した伸縮性のある生地を開発したのです。

子どもたちが、「アスリート」のようにいつも激しい運動をしているところにも注目した彼。研究を重ねた結果、長期間耐えうることのできる耐久性にも自信があるとのこと。特許申請中のため素材の詳しい説明はできないそうですが、何度も実験を繰り返した結果「ヒダ」の強度を持続させることができたといいます。

0a4051201dda9290b0db6a81717a638ff2528b84689820cc44edd9fd8561cba039ca12cec2db30df

防水・防風加工もしてあるため、自宅での洗濯も問題なくできる。形が崩れにくい作りとなっているので、アイロンがけも必要ないはず。

これには、嬉しくて声を上げるママやパパも多いんじゃないかな。

48c4de1072b42d58d02e1c9330a623bb1f1e9f70

慶應義塾大学に通っていたこともあるRyan。その時、和紙や漆など日本の文化を学ぶ機会があり、伝統技法つまみ細工(ひだ寄せつまみ)に刺激を受けたことが、PETIT PLIを生み出すキッカケとなったそう。

服を長く着ることで
ゴミの「減少」に繋がる

8bac0d791b43407570b4362c39e3a67c5b7a934fD1a76210d0a6d112960a68f02b6862286f167aa0

発達途中の子どもたちが、服を長く着ることでゴミの削減にも繋がるとRyanは考えています。これは、移り変わりの激しいファッション業界のムダを減らしたいという気持ちから思いついたことらしい。

個人的には、「モノを大切にする」気持ちも一緒に育つ良い機会になるんじゃないかと。販売は未定のようだけど、これからも世界に必要とされる子ども服のデザインを考えていくとRyanは断言してます。

Licensed material used with permission by Ryan Mario Yasin, @petit.pl, @ryanmarioyasin
子どもの成長はとにかく早い。すぐに服のサイズが合わなくなっちゃうから、ほとんど使い捨て状態になってしまうことも…。だからと言ってそのたびに買い換えるのはお...
ニューヨークに住んでいた時思ったのが、おしゃれな女性が多いということ。ベーシックなアイテムでも、なぜかかっこいい。どうしてかな?と観察していて「その人の身...
アメリカでは約2,000万人の女性が摂食障害に苦しんでいて、女性の約200人に1人が拒食症、100人に1人が過食症だと言われています。摂食障害の治療は道の...
子どもの成長は早い。靴のサイズはすぐに合わなくなります。そのため、新しい1足を買う余裕のない途上国の子どもたちは、フィットしていないものを無理やり履き続け...
注目すべきスペックは遠隔操作でソールの温度調整ができるところ。充電すればエンドレスで使える、お財布に優しいアイテムです。
香水は苦手だけど、いい香りは身にまといたい。そんな人に使ってほしい「retaW(リトゥ)」の「BODY CREAM」の紹介です。
以前旦那にプレゼントしたシャッツ。せっかく気持ちを込めたものなのに、縮んだからもう着れないと捨てられそうなところを発見。娘のためにリメイクしてSNSに写真...
「彼氏の服、借りてきちゃった」感のあるコーディネートが好きです。と言っても、ただオーバーサイズで着たいわけではなくて、トップスがそういうものだとしたらボト...
『10YC』は、「10年着続けられる服」をコンセプトに持ったブランド。商品価値はもちろんのこと、生産者の想いや技術を伝え、「長く着られること」の素晴らしさ...
彼女の名が知れるようになったきっかけは、通っていたデザインアートスクールの卒業制作。そこで彼女は家庭用3Dプリンタと「FilaFlex」と呼ばれる素材を使...
「SON OF THE CHEESE」「BY ME STAND」「Sober」など数々の注目のファッション&スポットをプロデュースする東京カルチャーの体現...
この記事の主人公Deena Shoemakerさんは、地元カンザス州で10代の女の子たちのカウンセラーとして働く女性。彼女の元を訪れるティーンガールたちの...
新しい服を買うのは、いつだって心躍るもの。でも、古くなった服についても少しだけ思いを馳せて身ませんか?もうそんなに着ることはないけれど、捨てるのはもったい...
もし、服が自分の感情を表現してくれたなら…。それを実現させたのが、スマートコミュニケーションウェアの「ACT」だ。この服は、特殊な電子回路を搭載。抱き合っ...
人々の命を守るワクチン。しかし、すべての国でその重要性が認識されているわけではない。アフガニスタンもそのひとつ。乳児死亡率が世界でも特に高いこの国では、そ...
クラウドファンディングサイトKickstarterで、現在、資金調達中のサングラス「Ochis」。これ、ちょっと変わっていて、コーヒーの香りがするそうです。
世界の名作と一体となったファッションに、心を刺激されてウキウキしてしまう。実際に会って話したこともないのに、写真からは大好きって言葉が聞こえてくるような気...
親がマリファナを吸っていることを打ち明けてから、子どもの反応を撮影したのは人気動画サイト「CUT」。子どもたちの率直な質問と意見をここでは紹介します。
私が暮らすスペインと日本とでは、「サステイナブル」の考え方が根本的に異なると感じています。では、どう違うのか?第三回目となる今回は、あるファッションブラン...
小学生の頃、理科の実験でよく使った顕微鏡。普段は見ることの出来ないミクロの世界を始めて見た時は、感動したものです。ただ、顕微鏡を使っていたのは大体屋内。観...
子ども用VRヘッドセット「BEYOND」はパノラマカメラと連携することで世界各地を“訪れる”ことができます。
服の上をスーッと滑るように移動するアクセサリー。これは、MITメディアラボやスタンフォード大学の研究者たちが開発した「Kino」という名の小さなロボットだ。
自分に子どもがいたとして、行きたくないと駄々をこねられたら、あなたはどうしますか?ある父親の出した答えは「ラップを作ること」でした。しかも、8歳の娘にも歌...
「おーい、遊ぼうよ!」そんな声が聞こえてきそう。写真に写っているのは、頭と身体のサイズがあっていないキャラクターたち。妙に頭が大きいのが、不気味かつ奇妙で...