引っ張るだけで「サイズUP」できる子ども服。

保育園で働いていたことがあるのだけど、当時はつねづね子どもの成長のはやさを感じていました。スクスク育っているのは、周りの大人たちからするととっても幸せなこと。しかし、ママたちからよく聞いていたのは、「買っても買ってもすぐにサイズが変わるんだから!」っていう嬉しさも混じった言葉。

着ることができなくなったからってすぐに手放すのは、もったいないし、ちょっと名残惜しいのかもしれない。そこで、生後4ヶ月から3歳まで着ることができる子ども服を紹介しましょう。

引っ張るだけでサイズUP

PETIT PLI」は、世界有数の芸術大学ロイヤル・カレッジ・オブ・アートの卒業生Ryan Mario Yasinによるデザイン。子どもが大きくなるにつれて服も「成長」するように、全体にプリーツ加工を施した伸縮性のある生地を開発したのです。

子どもたちが、「アスリート」のようにいつも激しい運動をしているところにも注目した彼。研究を重ねた結果、長期間耐えうることのできる耐久性にも自信があるとのこと。特許申請中のため素材の詳しい説明はできないそうですが、何度も実験を繰り返した結果「ヒダ」の強度を持続させることができたといいます。

防水・防風加工もしてあるため、自宅での洗濯も問題なくできる。形が崩れにくい作りとなっているので、アイロンがけも必要ないはず。

これには、嬉しくて声を上げるママやパパも多いんじゃないかな。

慶應義塾大学に通っていたこともあるRyan。その時、和紙や漆など日本の文化を学ぶ機会があり、伝統技法つまみ細工(ひだ寄せつまみ)に刺激を受けたことが、PETIT PLIを生み出すキッカケとなったそう。

服を長く着ることで
ゴミの「減少」に繋がる

発達途中の子どもたちが、服を長く着ることでゴミの削減にも繋がるとRyanは考えています。これは、移り変わりの激しいファッション業界のムダを減らしたいという気持ちから思いついたことらしい。

個人的には、「モノを大切にする」気持ちも一緒に育つ良い機会になるんじゃないかと。販売は未定のようだけど、これからも世界に必要とされる子ども服のデザインを考えていくとRyanは断言してます。

Licensed material used with permission by Ryan Mario Yasin, @petit.pl, @ryanmarioyasin
子どもの成長はとにかく早い。すぐに服のサイズが合わなくなっちゃうから、ほとんど使い捨て状態になってしまうことも…。だからと言ってそのたびに買い換えるのはお...
あなたにピッタリのドレスが見つけられると打ち出している、プラスサイズの女性だけでなく“みんな”をターゲットにしたファッションブランド「Laws of Mo...
ニューヨークに住んでいた時思ったのが、おしゃれな女性が多いということ。ベーシックなアイテムでも、なぜかかっこいい。どうしてかな?と観察していて「その人の身...
アメリカでは約2,000万人の女性が摂食障害に苦しんでいて、女性の約200人に1人が拒食症、100人に1人が過食症だと言われています。摂食障害の治療は道の...
子どもの成長は早い。靴のサイズはすぐに合わなくなります。そのため、新しい1足を買う余裕のない途上国の子どもたちは、フィットしていないものを無理やり履き続け...
アルゼンチンでスーパーマーケットを展開するVeaが、「子どもの野菜嫌いをなんとかしたい」という親の願いを叶えるために作った「Veggie Hacks」。コ...
「彼氏の服、借りてきちゃった」感のあるコーディネートが好きです。と言っても、ただオーバーサイズで着たいわけではなくて、トップスがそういうものだとしたらボト...
以前旦那にプレゼントしたシャッツ。せっかく気持ちを込めたものなのに、縮んだからもう着れないと捨てられそうなところを発見。娘のためにリメイクしてSNSに写真...
マレーシア・サバ州には、今、無国籍の子どもたちがたくさんいます。なぜ無国籍の子どもたちが生まれてしまうのか?をご説明します。
マレーシア・サバ州には、今、無国籍の子どもたちがたくさんいます。そんな子どもたちの暮らしについて紹介します。
「Emmy Kasbit」は、ナイジェリアの紳士服ブランド。創設者Okoro Emmanuelは、インスピレーションを70年代に父親が着ていた洋服から得て...
世界的なビールブランドの発祥地、コペンハーゲンにあるインターナショナルスクール「European School Copenhagen」。この学校が建つ場所...
世界中でプラスサイズモデルが活躍し、多くのアパレルブランドがどんな人にも似合う洋服をつくっているなかで、NIKEがやってくれました。
「スカンジナビア航空」が展開中の太っ腹プロモーション。23ヵ月の幼児から11歳までの子どもの基本運賃(税金などを抜く)が無料というもの。航空券の申し込み期...
ベトナム・ハノイにあるアスレチックのような佇まいの「VAC Library」。図書館ですが、子どもたちが「サステイナビリティ」だとか「エコシステム」という...
彼女の名が知れるようになったきっかけは、通っていたデザインアートスクールの卒業制作。そこで彼女は家庭用3Dプリンタと「FilaFlex」と呼ばれる素材を使...
私が暮らすスペインと日本とでは、「サステイナブル」の考え方が根本的に異なると感じています。では、どう違うのか?第三回目となる今回は、あるファッションブラン...
『10YC』は、「10年着続けられる服」をコンセプトに持ったブランド。商品価値はもちろんのこと、生産者の想いや技術を伝え、「長く着られること」の素晴らしさ...
コタキナバルが属するサバ州には、「Etania Green School」という名の、国籍を持たない子どもたちのための小学校があります。
新しい服を買うのは、いつだって心躍るもの。でも、古くなった服についても少しだけ思いを馳せて身ませんか?もうそんなに着ることはないけれど、捨てるのはもったい...