いま着ているTシャツ、いつ買ったもの?

いま持っている(そしてちゃんと着ている)服で、いちばん長く着ているものって、いつから着ているものですか?

一大決心をして購入したあのブランドのコート、高かったシャツやワンピース。値段もそこそこに、「長く着る」前提で手に入れたものがほとんどじゃないでしょうか。

では、いまそのニットの下に着ている「Tシャツ」は?

それ、いつまで着られそうですか?

パックTシャツも好きです。ファストファッションブランドで買ったTシャツも、なんだかんだ気に入っています。

でも、これを10年先にも着ているか?というと……。考えてしまいますが、そもそもこれらは「長く着ない」前提で手に入れたものがほとんど。

しかしつい先日、「長く着ない」前提で買うことが多いTシャツを、「長く着る」前提で買うことについて、考えるきっかけに出会いました。

キーワードは
「10年着続けられる」服

10YC』は、「10年着続けられる服」をキーワードに、持続可能性・透明性(背景が見える)・ストーリー性をコンセプトに持ったブランド。

アパレルブランドとしての商品価値はもちろんのこと、生産者の想いや技術を伝え、少し値段が高くても「長く着られること」の素晴らしさを伝えていくことで、服への価値観を変えていきます。

「ストーリーがあるから、愛着が湧く」って、もう言い古されたような言葉ではありますが、こればっかりは、本当にそういうものを使ってみて自分で実感することなんだと思います。

「長く着られる」服にするために

豊かな想いでつくられた服を
10年先まで

品質のよい、長く着られる製品がつくれているのは、こんなところに理由が。

製造委託先の工場と直接取り引きをすることで従来の中間マージンを省き、その分原価率を上げるなど、商品そのものに投資できているからなんです。

なおかつ、生産現場に適正な工賃を支払い、実際の「ものづくり」の現場に還元することもわすれません。このサイクルを「持続」していくために、とてもとても、大切なことです。

もちろん流行もあるし、好みも変わります。だからこそ、「1枚の服を大切に着る」というシンプルな行為を、めまぐるしい消費社会の中でいま一度楽しんでみませんか?

ものづくりの仕組みについて改めて考えられた『10YC』の服には、生産者が「楽しんでつくっている」という背景があります。豊かな想いでつくられた服を、「長く着る」前提で手にとってみてはいかがでしょう。10年先まで、自分にとっての特別な1枚になるはずです。

Licensed material used with permission by 10YC Inc.
いろんな飲食店のオリジナルTシャツを紹介する「ショップT大集合」。今回は番外編です。ピックアップしたのは、ゴールドジムのTシャツ。そう、あのゴールドジムです。
バックプリントに一目惚れして購入。レンゲから肉汁溢れる小籠包のイラストに食欲を刺激されまくりです。
クラウドファンディングサイトで決して低くない目標額である約200万円を、わずか4時間で調達したのが「Labfresh」だ。いくら汗をかいても、服に黒いシミ...
「彼氏の服、借りてきちゃった」感のあるコーディネートが好きです。と言っても、ただオーバーサイズで着たいわけではなくて、トップスがそういうものだとしたらボト...
イケメンと動物の最高ショットはもちろんのこと、今年も売り上げは野生動物保護のために寄付される予定!
パラオ政府は、2020年より、サンゴ礁に有害な物質を含む日焼け止めを禁止にする方針を明らかにしました。
大阪の紙製収納用品専門メーカー「バンドー株式会社」が作ったのは、Tシャツを同じ大きさで簡単にたため、本棚に収納できる「TATEMU」。いわば、“彼ら”に新...
開発を手がけた「Organic Basics」は、数週間洗わなかったとしても臭わないと強気な主張もしている。
古着のフットボールTシャツからインスパイアされた「ハイナベイTシャツ」。最先端の冷却機能を持つオムニフリーズゼロと吸水速乾機能のオムニウィックと二つの機能...
蚊が嫌う、有効成分を繊維の奥に定着させた「Anti-mosquito Tee」。カジュアルなコットンの素材感にも注目。適度なカッパリングが入ったラウンドネ...
使い勝手はどれもフツー。めちゃくちゃフツーです。
ちなみに、サラダパンは『つるやパン』の人気No.2商品(え……)。No.1はまるい食パンにハムとマヨネーズをはさんだサンドイッチだそう。
ポリエステル100%でドライな質感はこれからの季節にぴったり。コットンのしっとりとした心地よさとはまた違った快適性だ。
代官山・中目黒で働くファッション業界人にファンが多いこともあり、発売間も無くSNSで拡散されていました。問い合わせの電話も殺到したとか(スタッフ談)。
〈MXP(エムエックスピー)〉と〈BRIEFING(ブリーフィング)〉のコラボ「DAY ONE POUCH SET」。マキシフレッシュプラスと異形断面糸ポ...
「カランダッシュ」は、エスプレッソマシンメーカー「ネスプレッソ」の「セカンドライフプロジェクト」のパートナーとして、「849 カランダッシュ+ネスプレッソ...
以前に流行ったペアルックとは違い、まったく同じデザインのTシャツというわけではない。1人1人のデザインが微妙に違っていて、2人揃ってこそ完全体になれるので...
新しい服を買うのは、いつだって心躍るもの。でも、古くなった服についても少しだけ思いを馳せて身ませんか?もうそんなに着ることはないけれど、捨てるのはもったい...
あくまでも個人的見解ですが、2014年頃に盛り上がりを見せたノームコアブームは、約3年が経過した今でも色褪せていない印象。街を歩いても、かつてはよく目にし...
オーセンティックなタイポグラフィが、店名が持つかわいさをストレートに表現しています。
周りには大勢の人がいるのに、なぜか自分にだけ蚊が近寄ってくる。そんなストレスフルな状況とおさらばできる、画期的なTシャツを紹介。おかげで、これからのキャン...
自己紹介の日にこのTシャツを着て行けば、出身地を聞かれたらお腹を指すだけで済むし、きっと皆はすぐにあなたを覚えるでしょう。「え〜っと、名前はわかんないけど...
昨年、紹介したところ大きな反響があった「Anti-mosquito Tee」が、今年も登場。もはや定番と言っていいと思う。
「undetroze(アンデトローゼ)」は、日本製のTシャツにシルクスクリーンプリントを施した一点物ブランド。この印刷方法を使って多色刷りをする場合、1色...