いま着ているTシャツ、いつ買ったもの?

いま持っている(そしてちゃんと着ている)服で、いちばん長く着ているものって、いつから着ているものですか?

一大決心をして購入したあのブランドのコート、高かったシャツやワンピース。値段もそこそこに、「長く着る」前提で手に入れたものがほとんどじゃないでしょうか。

では、いまそのニットの下に着ている「Tシャツ」は?

それ、いつまで着られそうですか?

パックTシャツも好きです。ファストファッションブランドで買ったTシャツも、なんだかんだ気に入っています。

でも、これを10年先にも着ているか?というと……。考えてしまいますが、そもそもこれらは「長く着ない」前提で手に入れたものがほとんど。

しかしつい先日、「長く着ない」前提で買うことが多いTシャツを、「長く着る」前提で買うことについて、考えるきっかけに出会いました。

キーワードは
「10年着続けられる」服

B31d296413280075e5ff025577dc764fb4ab77d1

10YC』は、「10年着続けられる服」をキーワードに、持続可能性・透明性(背景が見える)・ストーリー性をコンセプトに持ったブランド。

アパレルブランドとしての商品価値はもちろんのこと、生産者の想いや技術を伝え、少し値段が高くても「長く着られること」の素晴らしさを伝えていくことで、服への価値観を変えていきます。

「ストーリーがあるから、愛着が湧く」って、もう言い古されたような言葉ではありますが、こればっかりは、本当にそういうものを使ってみて自分で実感することなんだと思います。

「長く着られる」服にするために

06fe1fc85d77d45565a174cfd8031d9f68ed4bff

豊かな想いでつくられた服を
10年先まで

品質のよい、長く着られる製品がつくれているのは、こんなところに理由が。

製造委託先の工場と直接取り引きをすることで従来の中間マージンを省き、その分原価率を上げるなど、商品そのものに投資できているからなんです。

なおかつ、生産現場に適正な工賃を支払い、実際の「ものづくり」の現場に還元することもわすれません。このサイクルを「持続」していくために、とてもとても、大切なことです。

もちろん流行もあるし、好みも変わります。だからこそ、「1枚の服を大切に着る」というシンプルな行為を、めまぐるしい消費社会の中でいま一度楽しんでみませんか?

ものづくりの仕組みについて改めて考えられた『10YC』の服には、生産者が「楽しんでつくっている」という背景があります。豊かな想いでつくられた服を、「長く着る」前提で手にとってみてはいかがでしょう。10年先まで、自分にとっての特別な1枚になるはずです。

Licensed material used with permission by 10YC Inc.
古着のフットボールTシャツからインスパイアされた「ハイナベイTシャツ」。最先端の冷却機能を持つオムニフリーズゼロと吸水速乾機能のオムニウィックと二つの機能...
大阪の紙製収納用品専門メーカー「バンドー株式会社」が作ったのは、Tシャツを同じ大きさで簡単にたため、本棚に収納できる「TATEMU」。いわば、“彼ら”に新...
クラウドファンディングサイトで決して低くない目標額である約200万円を、わずか4時間で調達したのが「Labfresh」だ。いくら汗をかいても、服に黒いシミ...
蚊が嫌う、有効成分を繊維の奥に定着させた「Anti-mosquito Tee」。カジュアルなコットンの素材感にも注目。適度なカッパリングが入ったラウンドネ...
〈MXP(エムエックスピー)〉と〈BRIEFING(ブリーフィング)〉のコラボ「DAY ONE POUCH SET」。マキシフレッシュプラスと異形断面糸ポ...
あくまでも個人的見解ですが、2014年頃に盛り上がりを見せたノームコアブームは、約3年が経過した今でも色褪せていない印象。街を歩いても、かつてはよく目にし...
以前に流行ったペアルックとは違い、まったく同じデザインのTシャツというわけではない。1人1人のデザインが微妙に違っていて、2人揃ってこそ完全体になれるので...
新しい服を買うのは、いつだって心躍るもの。でも、古くなった服についても少しだけ思いを馳せて身ませんか?もうそんなに着ることはないけれど、捨てるのはもったい...
周りには大勢の人がいるのに、なぜか自分にだけ蚊が近寄ってくる。そんなストレスフルな状況とおさらばできる、画期的なTシャツを紹介。おかげで、これからのキャン...
自己紹介の日にこのTシャツを着て行けば、出身地を聞かれたらお腹を指すだけで済むし、きっと皆はすぐにあなたを覚えるでしょう。「え〜っと、名前はわかんないけど...
「undetroze(アンデトローゼ)」は、日本製のTシャツにシルクスクリーンプリントを施した一点物ブランド。この印刷方法を使って多色刷りをする場合、1色...
アパレル業界では、大量の生地の切れ端がゴミとして捨てられている。この廃棄物に目をつけたのが、ファッション・デザイナーDaniel Silverstein。...
ハーフパンツに合わせたり、涼しい夜はガバッとTシャツの上に着たり。
子どもの成長は早く、スクスク育つことは周りの大人にとっても幸せなこと。ただ、買っても買っても服のサイズがすぐに変わることに悩む人も多いと思う。そこで、「P...
まさかアンディ・ウォーホルとジャン=ミシェル・バスキアとキース・ヘリングのTシャツが、全部あわせて5,000円以内で買えるとは! 
人が生活していくのに絶対に欠かせない「水」。でも、自分たちの周りにある水は、本当に安全だと言えるでしょうか?ライフスタイルブランド「The Lost Ex...
世界の名作と一体となったファッションに、心を刺激されてウキウキしてしまう。実際に会って話したこともないのに、写真からは大好きって言葉が聞こえてくるような気...
ベルリンで大通りに突然現れた、自動販売機。そこでは1枚2ユーロ(約270円)のTシャツが売られているのですが、ある仕掛けが施されていました。2ユーロで販売...
アメリカでは約2,000万人の女性が摂食障害に苦しんでいて、女性の約200人に1人が拒食症、100人に1人が過食症だと言われています。摂食障害の治療は道の...
第一子誕生以降、育児休暇中のマーク・ザッカーバーグ。2016年1月25日、彼がFacebookに投稿した一枚の写真が話題を呼び、瞬く間に120万いいね!が...