珍事件!ズーム裁判中に猫フィルターが誤作動

現在、米国では多くの裁判がリモートでおこなわれているという。

そんななか、「テキサス州第394地方裁判所」がアプリ「Zoom」を用いて開いた裁判で珍事件が発生。

緊迫した空気のなかに、猫フィルターを使用した状態でロッド・ポントン弁護士が登場したのだ。

© 394th District Court of Texas - Live Stream/YouTube

その際、アシスタントのパソコンを利用していたというボストン氏が、猫フィルターに困惑しながら「私は今ここにいます。猫ではありません」と訴える様子がシュールすぎるこの映像。

この動画は、テキサス州第394地方裁判所の公式YouTubeチャンネルで公開され世界中のSNSで大きな話題になった。

裁判に関しても、その後、裁判官による冷静な手助けもありフィルターは解除し、無事終えることができたという。

この事件の後、裁判官のファーガソン氏はTwitterを更新。

「オンライン審理のまえに子どもがパソコンを使った場合、Zoomのオプションでフィルターがオフになっていることを確認したほうがよいでしょう。第394地方裁判所の裁判では、子猫が発言をすることになりました」とこのような事件がもう起きないように注意喚起をおこなっている。

Top image: © iStock.com/SetsukoN, Fleur_de_papier/Shutterstock.com
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事