「ステンレス製」のコーヒーフィルターが本気で使える!

マグカップ派のコーヒーラバーにとって要注目のアイテムが誕生した。

「POCKET FILTER」は、ドリップバッグ型のステンレス製コーヒーフィルター。個装された紙のドリップバッグコーヒーの“ステンレス版”と捉えるとわかりやすい。

フィルターの両サイドのクリップをマグカップの口に引っ掛けて使用する。焙煎士による設計はあらゆるマグカップの間口にフィットするよう緻密に計算されており、コーヒーのコクオイルを逃すことなく本来の旨味を抽出できるという。

糸状のステンレスを布のように織る技術は、老舗台湾メーカーのオリジナル。軽くて、薄くて、小さい。しかも、ステンレス製なのに折り畳みが可能で、胸ポケットに収まる超コンパクトサイズだ。使用後は残った粉を水で洗い落として乾かすだけ。片付けが簡単すぎる。

ちなみに、プロが考案した「誰でも簡単においしいコーヒーを淹れる方法」はこう。

POCKET FILTERに20gの挽き豆を入れ、ゆっくりとフィルターの縁ギリギリまでお湯を注ぐ。フィルター内のコーヒーがすべて落ちたら、あと2回同様にお湯を注ぐだけ。フィルターの絶妙なサイズ感とゆっくり注ぐことが重要なポイントなのだそう。

価格は2520円(税込)〜で、購入は「Makuake」にて。

ポケットに入る至高の一杯をぜひ。アウトドアのお供にも最適だろう。

©Makuake
©Makuake
©Makuake
Top image: © Makuake
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

「アウトドアでも淹れたてのおいしいコーヒーを楽しみたい!」というコーヒーファン&アウトドア好きにオススメのコーヒープレス、ドリッパースタンド、グラインダー...
ドイツのコーヒーフィルターメーカー「メリタ」が自社工場でマスクの製造を開始。「EN14683」と呼ばれる医療用マスクの欧州規格にも適合し、その効果は細菌濾...
機能的にはごく普通のコーヒーミルで、ローテクではあるのですが、アウトドア好きかつデザインにこだわりたい人にはぴったりかも。単純に見た目がオシャレなので、自...
カフェでバリスタが専用器具を使って一杯ずつ淹れてくれる本格ドリップコーヒーの「インスタント」版なんですよね。だからわたしは"ドリップ式"が好き。
外出困難者が“分身ロボット”で働く「分身ロボットカフェDAWN ver.β」が2021年6月、日本橋エリアでオープンする。
かたまりの状態より、表面積が増えるのでミルクと溶け合い、コーヒーの味をより濃厚に感じられるんです。クラッシュしたコーヒーゼリーを使った、アレンジレシピをご...
目覚まし時計とドリップ式コーヒーメーカーが一体となった「The Barisieur」。いよいよ国内販売へ。

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
近年注目を集めた雪駄×スニーカー「unda-雲駄-」からアップデートモデル「unda 2.0」が登場。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
ワンタッチで変形、拡張するバッグの日本上陸に向けたプロジェクトが、クラウドファンディングサービス「Kibidango」に登場。