コーヒーで作る「自家製・蚊取り線香」!アウトドアでも大活躍?

まさか、コーヒーが蚊取り線香の代わりをするなんて!
健康的でシンプルなライフスタイルを提案する「Simple Organic Life」で紹介されたとっても簡単な虫除けの方法を紹介しましょう。

She orchestrates her mornings to the tune of coffee

まず、材料は「コーヒーかす」。以上。作り方もシンプルです。

①ドリップした後のコーヒーかすを集めてよく乾燥させてから、暗い場所に置いておく。
②渇いたコーヒーかすを小皿の上に広げる。小さい子供やペットからは遠ざけること。
③コーヒーかすに火をつけ煙があがるようにする。
④煙が蚊を撃退!

She orchestrates her mornings to the tune of coffee

米環境保護庁(EPA)が言うには、蚊をはじめコーヒーかすの香りを嫌う昆虫は多いのだとか。火をつけずに家の周りにぐるっとまけば、小さな虫の侵入だって防げるそうです。

ちなみに、乾燥したコーヒーかすに火を着けても、炎が立つほどには燃えず、お灸のように小さくじわじわと燃えていくのみ。香りはコーヒーのそれではなく、食パンを焦がした時に近いものが立ち昇ります。
室内よりもガーデンパーティーなど、屋外での使用をおすすめします。もちろん、火を使用するので、くれぐれも注意して!

Licensed material used with permission by Simple Organic Life

「アウトドアでも淹れたてのおいしいコーヒーを楽しみたい!」というコーヒーファン&アウトドア好きにオススメのコーヒープレス、ドリッパースタンド、グラインダー...
クラウドファンディングサイトKickstarterで、現在、資金調達中のサングラス「Ochis」。これ、ちょっと変わっていて、コーヒーの香りがするそうです。
スタバのコーヒーカップを大変身させるアートです。
むしむしジメジメの梅雨モード。と同時に急増するのがかゆ〜いアイツ。蚊よけグッズは何を使ってる?昔ながらの蚊取り線香は、夏の風物詩としても◎。キャンドルタイ...
エコな自然素材ででき、調湿効果でごはんを美味しく保てるなど広い世代に人気の「曲げわっぱ」のお弁当箱について、メリットやおすすめ商品をご紹介。節約やダイエッ...
機能的にはごく普通のコーヒーミルで、ローテクではあるのですが、アウトドア好きかつデザインにこだわりたい人にはぴったりかも。単純に見た目がオシャレなので、自...
新時代のコーヒー飲料の誕生。8/19発売のO CHER(オーカー)はコーヒー生豆を独自の焙煎法で加熱し、クロロゲン酸(ポリフェノール)やカフェイン、トリゴ...
スターバックスの発祥地シアトルに拠点を置くスタートアップ「Atomo」は、コーヒー豆を使わないで同じような味を再現することに成功しました。
コーヒー好きは知っている、この夏「お家で最高のコーヒー」を楽しむ方法。エスプレッソキューブ、マイタンブラー、コーヒー風味のクラフトコーラ、水出しコーヒーデ...
シーンに合わせて選べるほど種類豊富なコーヒー。わたしの妄想フル回転で、時間と気分で飲みたいコーヒーをチョイスしてみました。
「どんなかまぼこならお正月の食卓に取り入れてもらえるだろう?」と考えた福岡の老舗「関屋蒲鉾」五代目が作った、一口サイズのかわいいかまぼこ「ハレかま」。この...
シンプルなこの3つの工程に少し気をつかうだけで、家で飲むコーヒーに大きな違いが生まれます。少しでもおいしく淹れられるようになれば、今よりもっとコーヒーライ...
コーヒー好きな身として王道の楽しみ方ももちろん外せないけど……
よく一日に何杯もコーヒーは飲むものじゃない、なんてことを耳にしますが、あれってなんでかわかります?
かたまりの状態より、表面積が増えるのでミルクと溶け合い、コーヒーの味をより濃厚に感じられるんです。クラッシュしたコーヒーゼリーを使った、アレンジレシピをご...
あの、あま〜いベトナムコーヒーが焼酎になった!
「ファンケル」から発売された「抗菌やさしい潤いマスク」は、抗菌、保湿、苦しくない設計、繰り返し使用の4つの機能性と、肌への優しさを追求したマスク。
世界中で使用されているWeb会議ツール「Zoom」。無料版ライセンスユーザーは、通常40分間でタイムアウトする時間制限が各ミーティングにかけられているが、...
日本の三大コーヒー産地(沖縄、奄美、小笠原)ではない阿蘇・熊本でも、国産のコーヒーを発見!阿蘇産の農作物の美味しさを伝えたいと、高校赴任時に生徒と一緒にコ...
一概に「この国のコーヒーはこの味だ」と決まっているわけではないけれど、生産国ごとの味の傾向を分かっていれば、よりコーヒーが楽しめますよね。国の名前と味の特...
誰が想像したでしょうか。きのこがモッサリ生えるコーヒーメーカーを。
コーヒーに必要な道具一式をコンテナに詰めました。
わたし、まだまだコーヒーの可能性を信じています。
コーヒーを飲んだほうが仕事がはかどるけど、飲み過ぎはちょっと……と罪悪感を持っているみなさん!この「コーヒー狂」の偉人たちを知れば、むしろもっと飲んでもい...