日焼け後のケアも万全、「自家製ローション」のつくり方

日焼け止めはバッチリ塗っても、意外と忘れがちなのがその後のケア。長時間日光にさらされたお肌はダメージを受けています。焼く派も焼かない派も、乾燥やほてりから守るためにしっかり保湿してあげるのが大切。「Brit + Co」で紹介されている、自家製ローションでいたわってあげましょう。

材料はカラダに
優しいものだけ

18e46615c6c42b2320cb960a3ce6f9c87764de42

【材料】
アロエベラジェル:大さじ2
シアバター:小さじ1
ココナッツオイル:小さじ2
ホホバオイル:6滴
ラベンダーのエッセンシャルオイル:3滴

【作り方】
これらをすべてメイソンジャーのような、密閉できる容器に入れて、混ぜるだけ。

D3ee917142bd6ff15279a0912ff420ba90c9d677

最初は固まっているのでちょっと混ぜにくいシアバターですが、後でちゃ〜んと馴染んできます。冷蔵庫に入れておけば冷たく潤してくれるので、火照ったお肌には◎。

あると便利なこのローション、試してみてね。

Licensed material used with permission by Brit + Co
これさえあれば、もう焼き過ぎてシャワーで痛い目を見ることもないかも?健康的な日焼けを簡単手軽にサポートしてくれるウェアラブルデバイスが登場しました。つけて...
すでに強い紫外線が地上に降り注いでいる昨今。日焼け止め、どんな基準で選んでいますか?個人的な観点では、べたつかない、落ちにくい、そしてもちろん焼けない+重...
スキンケア成分のみで作られているので、手にとってそのまま財布やベルトをケア。そのまま手になじませることで、ハンドクリーム的にも使えます。
多くのミス・ワールドやミス・ユニバースを輩出するほど、美女が多いとされている国、インド。アーユルヴェーダ発祥の国ということもあってか、個々人が高い美意識を...
海を愛する人々の間で人気を集めている日焼け止めがあります。それは、ミャンマー産の天然素材などを使ってできたクリーム「MANDA」。細かく粉砕した「Than...
ドリップコーヒーから出るコーヒー豆のかす。これをただ捨てては「もったいない」と、いろいろな再利用法がネットでも紹介されています。消臭剤や除草駆除、これはよ...
オイルを使ってうがいをするだけ。手軽にできる美容法として話題のオイルプリング。けれど、「やってみた」という人はまだまだ少ないはず。良いというハナシは聞いて...
日差しが強くなっていくこれから、手放せないのが日焼け止め。SPFが高くても、きちんと塗れていなければ、なかなか効果が得られませんよね。そこで役立つのが「S...
最近のオーガニック志向は、口にする食材ばかりか、衣類や化粧品、洗剤や石けんにも。こうした健康ブームを受けて、アメリカで話題となっているのが、自家製歯磨き粉...
「自分の肌に1番合う製品を使って、しっかりスキンケアしたい」女性なら誰でも思うことではないだろうか。忙しくても簡単に肌チェックができるデバイスが、Kick...
近頃、注目されているグレープシードオイル。ワインの製造過程において、ブドウの搾りかすの種子からできるこの食用オイルの、いったいどんなところが優れているので...
ファッションモデル、女優として活躍するヤスミーナ・ロッシさんは、現在60歳。2人の孫がいるおばあちゃんです。非の打ち所のないスタイルの秘訣は、毎日欠かさな...
近年、美容や健康にココナッツが大注目。オイルやミルクが当たり前のように手に入るようになってきました。で、そのココナッツブームとともに日本に入ってきたのが「...
健康面に気づかって、自家製ドレッシングを作る人も多いですよね。そんな「自家製」を作るとき、特にオススメなのが、ごまドレッシング。フードプロセッサーさえあれ...
子どものころはワクワクしていた誕生日も、大人になるとちょっぴり複雑な気持ちになるもの。それならば、またひとつ大人になることをポジティブに受け止められるよう...
私はこれまで10代から90代まで、幅広い女性達の美容相談を受けてきましたが、美のお悩みは十人十色。もともと私もアトピーで肌に大きな悩みを抱えていて、美容の...
紫外線が気になる季節に気をつけたいのが、日焼け止めを塗る順番。メイク前に日焼け止めを塗ると、人によっては白がグレーに出てしまったり白すぎたりという結果に。...
確かにこの発想は一理あり。空気に触れると酸化が進み、徐々に劣化してしまうのは、醤油も化粧水も同じ。だからこそ、馴染みのある“あの真空ボトル”に詰めこむこと...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
一見何の変哲もないように見える、こちらのサンドイッチ。ですが、なんと一つ1,500米ドル(約18万円)もするんです。すべて自家製18万円のサンドイッチ!?...