料理にもボディケアにも大注目!「グレープシードオイル」って?

近頃、注目されているグレープシードオイル。ワインの製造過程において、ブドウの搾りかすの種子からできるこの食用オイルの、いったいどんなところが優れているのでしょうか。

身体にいいことづくしな
ワインの副産物

まずこのオイルの特徴から。「 SeedGuide Info」によると、注目される理由は下記のとおり。

①コレステロール0%の食用油である
②酸化防止剤などが一切含まれていない
③ビタミンEの含有量がオリーブ油の約2倍
④コレステロールの酸化を抑え血液サラサラ効果が期待されている

グレープシードオイルにはオリーブ油、キャノーラ油、ナッツ類にも含まれる「オレイン酸」と呼ばれる物質が豊富なことが特徴。とても酸化しにくい性質で、加熱しても成分が大きく変わることはありません。

さらに、血行を促し老化を防ぐ効果が期待されている「ビタミンE」の含有率も豊富。健康面で注目されているオリーブ油と比較しても、その差は約2倍だそう。

そのうえ、抗酸化作用が強いとされるポリフェノールも豊富に含まれています。逆に、動脈硬化を招く恐れがある悪玉(LDL)コレステロールが含まれていないというところも、このオイルの特筆すべき利点と言えるでしょう。

グレープシードオイルを摂取することで、美容の敵である肌の老化予防が期待できる。という情報が話題を呼び、感度の高い女性たちから熱烈に支持されるようになったワケです。 

と、ここまではグレープシードオイルの魅力ばかりを挙げてきましたが、ネガティブな一面も知っておいてもらいたいと思います。

このオイルに含まれる不飽和脂肪酸のひとつ「リノール酸」は、過度に摂りすぎると喘息やアレルギーの悪化を促進するという報告もあります。何ごともほどほどがイチバン。

それでは、上手に食事に取り入れて、美容や健康に役立てるアイデアを紹介しましょう。

オリーブ油よりもこちら
~お料理編~

では、実際にグレープシードオイルを毎日の生活に取り入れるには。一番簡単なのは、普段のお料理に使っている油をグレープシードオイルに替えること。

オリーブ油と比べてこちらは、さらさらとした食感が持ち味です。強い匂いや風味もなくまろやかで、とにかくクセがないのが特徴。ドレッシングにも炒め物にも、バラエティある料理で活用できるはず。

01.
魚介のマリネ
グレープシードオイル仕立て

タコやイカ、スモークサーモン等お好みの魚介の上にスライスした玉ねぎを乗せる。その上から、ビネガー+グレープシードオイルを回しかけて、塩とコショウで味付け。

02.
ローズマリー風味のポークソテー

フライパンにグレープシードオイルとローズマリーを一枝加えて熱する。塩・コショウした豚ロース肉を裏表こんがり焼いて出来上がり。

03.
マッシュルームのアヒージョ

カラリと揚げた小あじを、グレープシードオイルと酢、砂糖、しょうゆ、塩で味付けした液に浸す。熱いうちに入れて冷ますのがコツ。

エッセンシャルオイルとして
~マッサージ編~

このほか、美容オイルとしてもお勧めです。顔や全身のマッサージオイルとしても優秀。美容に良いとされる栄養がたっぷり含まれているので、髪やまつげに少量塗ることで、パサつきを抑え、つやを増します。

もちろんそのままでも使用できますが、お気に入りのエッセンシャルオイルとブレンドしてお好みのマッサージオイルを作ってみては。以下に、グレープシードオイルを媒体(キャリアオイル)にした、オススメの精油のご紹介。

01.
ニキビのお手入れにも
ティーツリーオイル

鎮静作用や抗菌作用が期待できるティーツリー。オーストラリアではにきび治療にもこのオイルが使われているそう。ひのきに似たウッディーな香りが楽しめます。

02.
自律神経のバランス調整
ゼラニウムオイル

イライラしたり落ち込んだ気分に効果を発揮すると考えられているのが、ゼラニウムの香り。自律神経のバランスを整え、ストレスも和らぐとか。

03.
気分高揚リフレッシュ
ベルガモットオイル

リラックスと気分高揚を同時にもたらしてくれるベルガモット。優しくデリケートなシトラス系の香りが誰からも愛されています。


 グレープシードオイルを取り扱うスーパーも徐々に増えてきました。活用の幅の広いブドウの恵みを生活に取り入れてみませんか。

Reference:SeedGuide Info
スキンケア成分のみで作られているので、手にとってそのまま財布やベルトをケア。そのまま手になじませることで、ハンドクリーム的にも使えます。
オイルを使ってうがいをするだけ。手軽にできる美容法として話題のオイルプリング。けれど、「やってみた」という人はまだまだ少ないはず。良いというハナシは聞いて...
香水は苦手だけど、いい香りは身にまといたい。そんな人に使ってほしい「retaW(リトゥ)」の「BODY CREAM」の紹介です。
3年の月日をかけて開発された「Mighty Mug」。横からチョップしようがパンチしようが、正面からどつこうが倒れません。つまり、デスクワーク中に肘が当た...
紹介するのは『Silk’n Stop』。コレ、生理痛解消のために開発されたアイテムなんです。なんでも、お腹の部分に当てるだけでいいんだとか。ホントなのでし...
6/6から12日間だけ限定で、「キールズ」のポップアップがオープン!夏に大活躍してくれる人気の化粧水のお試しや、肌のカウンセリングの他、日替わりでイベント...
日焼け止めはバッチリ塗っても、意外と忘れがちなのがその後のケア。長時間日光にさらされたお肌はダメージを受けています。焼く派も焼かない派も、乾燥やほてりから...
子どものころはワクワクしていた誕生日も、大人になるとちょっぴり複雑な気持ちになるもの。それならば、またひとつ大人になることをポジティブに受け止められるよう...
「自分の肌に1番合う製品を使って、しっかりスキンケアしたい」女性なら誰でも思うことではないだろうか。忙しくても簡単に肌チェックができるデバイスが、Kick...
アメリカのスポーツメディア『ESPN』の記事によれば、ウォリアーズはファンクラブに向けて、スタジアムに入るためのパスを月100ドル(約11000円)で販売...
オリーブオイルとハーブさえあれば、どれだけ普通のチーズであっても魅力的なアペタイザーに。秘密は「マリネ」にありました。
オリーブオイルソムリエの阪田友也さんをお招きして、オリーブオイルワークショップを開催しました。今回はトムさんセレクトの3つのタイプの違うオイル(ライト、ミ...
普段何も考えずにつくっていたドレッシング。調味料を加える順番があるって知ってました?
オリーブオイルソムリエの阪田友也さんをお招きして、オリーブオイルのワークショップを開催します。
スパイシーなコロッケ×8種の野菜×ピタパン中目黒にオープンした、ファラフェルサンド専門店Ballon〒153-0061 東京都目黒区中目黒3丁目2-19 ...
ドリップコーヒーから出るコーヒー豆のかす。これをただ捨てては「もったいない」と、いろいろな再利用法がネットでも紹介されています。消臭剤や除草駆除、これはよ...
お鍋の季節に活躍する魚の代名詞といえば、タラ。淡白な味でどんな料理とも合わせやすいはずなのに、いつも鍋モノばかりになってしまう人。こんな料理はいかがでしょ...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
クミンの出番はカレーだけとは限りません。じゃがいもと一緒に、こんなインド料理を紹介します。
オリーブオイルにタラコを浮かせたら、あまりの美味しさにハマってしまいました。
私はこれまで10代から90代まで、幅広い女性達の美容相談を受けてきましたが、美のお悩みは十人十色。もともと私もアトピーで肌に大きな悩みを抱えていて、美容の...
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
「毎日歯磨きやケアをしているから、虫歯にはならない!」確かにそうかもしれません。でも、それが間違った方法だったら…?歯学博士である滝澤聡明さんの著書『顎が...