道具からこだわりたい人のための「味噌仕込みキット」

列島を寒波が襲った1月下旬。こういうさむ〜い時期を狙ってつくる「寒仕込み」という工法がお味噌づくりにはあります。なんでも、ゆっくり時間をかけて発酵させたほうが味に深みが増すのだとか。

いつかはトライしてみたいと思っていた味噌づくり。今年は、心強い味方がサポートしてくれそうです。

プロがサポートする
味噌仕込みキット

5336871936720896

まず「OTEMAE」というネーミングが好きです。

あこがれはあっても味噌を仕込むって、知識もなければできないと思っていたんですが、どうやら作り方自体は案外シンプル。基本的には、大豆と塩と麹を合わせるだけですから。

でこのOTEMAEです。キットには初心者向けの初級コースと、より本格的に楽しみたい人向けの中級者向けの2タイプが用意されています。
「味噌の素」が入った初級コースは、容器に仕込んで半年から1年ほど熟成させるだけ。一方、中級コースは大豆や麹を使ってイチから味噌をつくるタイプ(こちらも半年から1年熟成)。

でも、OTEMAEがスゴいのはこれです。

保存瓶もいいけれど、
せっかくならば「らしく」

5022014058266624

こちらは「手前味噌」経験者向け(つまりは上級者向け)のようですが、“らしく”いきたいならばぜひ。

職人による手づくりの木桶と重石で仕込む「職人セット」です。もちろん保存瓶やホーロー容器もいいけれど、これ気分アガるだろうなあ。

そうそう、ちょっと不安な人でも安心の「みそ屋ダイレクトLINE」使用権が付いてくるそうだから、迷ったときはいつでも気軽に相談OK。それもプロのお味噌屋さんに。これは心強い!

「OTEMAE」はMakuakeでクラウドファウンディング中です。

Licensed material used with permission by Makuake
47都道府県のおいしいものを探していると各地で頻繁に見つかる、いわゆる「おかず味噌系」の食べ物。その代表格と言えるのが金山寺味噌ではないでしょうか? なん...
きのこや野菜など、旬の味覚をお味噌汁を取り入れることで、季節の移ろいを感じることができます。具材の変化はもちろんですが、『毎日のお味噌汁』の著者・平山 由...
ピーマンをお味噌汁に?独特の香りがチョット気になる人でも、焦げめがつくくらい素焼きするか、油でソテーすれば香りが和らぎ、とってもいいお味噌汁の具材になるん...
すっかり定着した発酵食ブーム。意識せずとも毎日の食卓に取り入れることこそ、上手な発酵食とのつき合いかたでしょう。そこで「味噌」です。料理家・平山由香さんの...
茹でてクタクタになった素麺が激変!
千葉県成田市といえば真言宗智山派の大本山「成田山新勝寺」があり、全国からたくさんの参拝者が訪れます。その成田山のお土産品として大人気なのが「てっぽう漬け」...
ここに紹介するのはただの味噌玉ではありません、出汁入りみそに乾燥野菜や、ドライフルーツなど、ちょっと変わり種の具材を使ったものを作ってみました。
その日の気分で自由な組み合わせを楽しむ料理家・平山由香さんのお味噌汁。今回の主役はアスパラガス。フレンチにもイタリアンにもスパニッシュにもベルギー料理にも...
「じんだ味噌」を知っていますか?これは山口県周防大島の郷土料理で、素焼きしたメバルのほぐし身と麦味噌を合わせたもの。冷蔵庫のない時代、釣った魚を保存するた...
すり鉢でおろしたり、短冊に切ったりした長芋ならば、なんとなく食感の想像がつくはず。料理家・平山由香さんのオススメはひと味違いました。日々のお味噌汁に、冬の...
独断と偏見でピックアップしました。
朝一番の漁を終え、仕掛けた網の片付けがひと段落したころ、あったかいお椀をすする。どこか港町の情景が見えてきそうなこのお味噌汁。明石のおいしいタコを使ったひ...
書籍『毎日のお味噌汁』の中で紹介されている、料理家・平山由香さんのひと椀が、なぜこうも大胆で自由で、おおらかなのかを探っていくと、あるキーワードにたどり着...
お椀のなかを見たとき、まずこれがお味噌汁なのだ、と理解するまでに少しばかりの時間が必要かもしれません。おいしい生麩を使って、大胆にプチトマトとアボカドを添...
朝のお味噌汁づくりが楽しみのひとつになれば、お椀に向かって「おはよう」、こんなあいさつから一日がはじまるようになる。その日の気分で自由に組み合わせを楽しん...
「甘くて美味しそうなスイーツ詰め合わせ」に見えますよね?でもこれ、そのまま食べるものではなく、お湯に溶かして食べられる団子状の"お味噌"なんです!説明がな...
料理家・平山由香さんの著書『毎日のお味噌汁』より、普段のお味噌汁からは想像もつかないような変わった具材のひと椀を紹介します。意外な組み合わせはどれも斬新、...
ゆで卵ではなく「煮卵」でつくるタマゴサンド。
とろみをつけたり油を加えたりと、冷めないひと手間を心がけるのが冬のひと椀をつくるときの工夫です。おすすめは、すりおろした野菜。火通りの悪いレンコンや大根、...
前菜としてもバッチリですが、グリルしたお魚やチキンを乗せればメインディッシュに早変わり!ニンニクと生姜がきいた「味噌ドレッシング」です。
9月1日、東急世田谷線・松陰神社前駅から徒歩2分のところに『カネサオーガニック味噌工房 松陰神社前』がオープンした。店主は安部美佐さん。宮城県の実家で手作...
料理家・平山 由香さんが仕掛ける魔法のようなお味噌汁のレパートリーは、食材のジャンルを問いません。たとえばフルーツだって、立派なひと椀に。『毎日のお味噌汁...
トレイルランニングの栄養補給源は、バータイプのチョコレートやスポーツ用ゼリードリンクが一般的。でも、まさかここに味噌が加わることになろうとは!もちろん、携...
栄養とともに旨みが凝縮されているサバ缶。まるごと無駄なく使わなきゃモッタイナイ。味噌汁にアレンジして、海と山の幸たっぷりの一杯をつくりましょう。