道具からこだわりたい人のための「味噌仕込みキット」

列島を寒波が襲った1月下旬。こういうさむ〜い時期を狙ってつくる「寒仕込み」という工法がお味噌づくりにはあります。なんでも、ゆっくり時間をかけて発酵させたほうが味に深みが増すのだとか。

いつかはトライしてみたいと思っていた味噌づくり。今年は、心強い味方がサポートしてくれそうです。

プロがサポートする
味噌仕込みキット

まず「OTEMAE」というネーミングが好きです。

あこがれはあっても味噌を仕込むって、知識もなければできないと思っていたんですが、どうやら作り方自体は案外シンプル。基本的には、大豆と塩と麹を合わせるだけですから。

でこのOTEMAEです。キットには初心者向けの初級コースと、より本格的に楽しみたい人向けの中級者向けの2タイプが用意されています。
「味噌の素」が入った初級コースは、容器に仕込んで半年から1年ほど熟成させるだけ。一方、中級コースは大豆や麹を使ってイチから味噌をつくるタイプ(こちらも半年から1年熟成)。

でも、OTEMAEがスゴいのはこれです。

保存瓶もいいけれど、
せっかくならば「らしく」

こちらは「手前味噌」経験者向け(つまりは上級者向け)のようですが、“らしく”いきたいならばぜひ。

職人による手づくりの木桶と重石で仕込む「職人セット」です。もちろん保存瓶やホーロー容器もいいけれど、これ気分アガるだろうなあ。

そうそう、ちょっと不安な人でも安心の「みそ屋ダイレクトLINE」使用権が付いてくるそうだから、迷ったときはいつでも気軽に相談OK。それもプロのお味噌屋さんに。これは心強い!

「OTEMAE」はMakuakeでクラウドファウンディング中です。

Licensed material used with permission by Makuake
47都道府県のおいしいものを探していると各地で見つかる、「おかず味噌系」の食べ物。その代表格が、和歌山の「金山寺味噌」ではないでしょうか? なんせ金山寺味...
きのこや野菜など、旬の味覚をお味噌汁を取り入れることで、季節の移ろいを感じることができます。具材の変化はもちろんですが、『毎日のお味噌汁』の著者・平山 由...
ピーマンをお味噌汁に?独特の香りがチョット気になる人でも、焦げめがつくくらい素焼きするか、油でソテーすれば香りが和らぎ、とってもいいお味噌汁の具材になるん...
すっかり定着した発酵食ブーム。意識せずとも毎日の食卓に取り入れることこそ、上手な発酵食とのつき合いかたでしょう。そこで「味噌」です。料理家・平山由香さんの...
「Airbnb」はバレンタインデーに向けて、イタリアのヴェローナにあるジュリエットの家「カーサジュリエット」に宿泊できる特別なプランを発表した。滞在中は専...