「家飲み」のラストを飾るのは、華やかなお味噌汁

料理家・平山由香さんの著書『毎日のお味噌汁』より、普段のお味噌汁からは想像もつかないような変わった具材のひと椀を紹介します。

意外な組み合わせはどれも斬新、ですがどのひと椀もきちんと味の計算がつくされたものばかり。どんな具材だってきちんとお椀の中で成立してしまう、そこがお味噌汁の懐の深さなのかもしれません。

家飲みのラストにふさわしい華やかなレパートリー。きっとあなたのクリエイティビティにも火がつくはず。

いちじくのお味噌汁

具材にフルーツを選んだ大胆な組み合わせ。熟したいちじくの香りと味噌の風味をつないでくれるのが、第二の主役カッテージチーズです。

レシピはこちらから。

アボカドと
カッテージチーズのお味噌汁

こちらは、そのカッテージチーズをメインの具材にして、アボカドと一緒にいただきます。どんな味なんだろう?想像するだけでもワクワクしてきませんか?

レシピはこちらから。

生麩とトマトと
アボカドのお味噌汁

トマトやアボカドといった洋野菜に合わせるのは白味噌。オリーブオイルを数滴たらす、これが洋と和をつなげる潤滑油になるんです。

レシピはこちらから。

お椀のなかを見たとき、まずこれがお味噌汁なのだ、と理解するまでに少しばかりの時間が必要かもしれません。おいしい生麩を使って、大胆にプチトマトとアボカドを添...
ピーマンをお味噌汁に?独特の香りがチョット気になる人でも、焦げめがつくくらい素焼きするか、油でソテーすれば香りが和らぎ、とってもいいお味噌汁の具材になるん...
その日の気分で自由な組み合わせを楽しむ料理家・平山由香さんのお味噌汁。今回の主役はアスパラガス。フレンチにもイタリアンにもスパニッシュにもベルギー料理にも...
きのこや野菜など、旬の味覚をお味噌汁を取り入れることで、季節の移ろいを感じることができます。具材の変化はもちろんですが、『毎日のお味噌汁』の著者・平山 由...
『ひつじのショーン』シリーズの制作スタジオが国際環境NGO「グリーンピース」とタッグを組んで作った"海洋汚染"に警笛を鳴らす短編作品がWebで公開中。