オリーブオイルは、お味噌汁をもっと楽しむための工夫でした

お椀のなかを見たとき、まずこれがお味噌汁なのだ、と理解するまでに少しばかりの時間が必要かもしれません。でも、そんな大胆なひらめきこそ料理家・平山由香さんの真骨頂。毎日つくるお味噌汁が楽しいのは、いつも新鮮な驚きをくれるから。

生麩とトマトと
アボカドのお味噌汁

おいしい生麩を使って、大胆にプチトマトとアボカドを添えた白味噌のひと椀ができました。昆布出汁ベースのあっさりお味噌汁にたらす数滴のオリーブオイルで、おいしさの輪郭が際立ちますよ。

<具材>
アボカド、ミニトマト、生麩
<吸口>
オリーブオイル
<出汁と味噌>
昆布水出汁、日本酒、白味噌

<つくり方>
鍋に日本酒を入れて火にかけます。煮立ったら出汁と生麩を加え、ふたたび煮立ってきたところでトマトと味噌を加えて火を止めます。お椀にアボカドを盛り味噌汁をよそって、最後にオリーブオイルをひとたらしすれば完成。

その他のお味噌汁の記事はコチラ

ピーマンをお味噌汁に?独特の香りがチョット気になる人でも、焦げめがつくくらい素焼きするか、油でソテーすれば香りが和らぎ、とってもいいお味噌汁の具材になるん...
その日の気分で自由な組み合わせを楽しむ料理家・平山由香さんのお味噌汁。今回の主役はアスパラガス。フレンチにもイタリアンにもスパニッシュにもベルギー料理にも...
きのこや野菜など、旬の味覚をお味噌汁を取り入れることで、季節の移ろいを感じることができます。具材の変化はもちろんですが、『毎日のお味噌汁』の著者・平山 由...
すっかり定着した発酵食ブーム。意識せずとも毎日の食卓に取り入れることこそ、上手な発酵食とのつき合いかたでしょう。そこで「味噌」です。料理家・平山由香さんの...
廃墟のもつ“美しさ”に注目し、見ているだけで廃墟のイメージが180度“変わる”写真展「変わる廃墟展 2020」が、3月6日より東京・浅草橋のギャラリー「T...