油でソテーした「ピーマン」が主役のお味噌汁

数ある緑黄色野菜のなかでも、お味噌汁の具材のいちばん遠くにある。そんなイメージのピーマンですが…料理家・平山由香さんの手にかかれば立派に主役をつとめてしまいます。書籍『毎日のお味噌汁』より、ヘルシーなひと椀をどうぞ。

ピーマンのお味噌汁

ピーマンをお味噌汁に?独特の香りがチョット気になる人でも、焦げめがつくくらい素焼きするか、油でソテーすれば香りが和らぎ、とってもいいお味噌汁の具材になるんです。加熱するとかさが減るので、意外にたっぷりいただけるのも嬉しい。

今回はごま油で炒めるレシピですが、オリーブオイルもおすすめ!

<具材>
ピーマン、炒めネギ
<出汁と味噌>
昆布水出汁、豆味噌

<つくり方>
まずは、鍋にごま油を熱しピーマンを炒めます。しんなりしたら出汁と炒めネギを加え、軽く煮立ったらお味噌を加えて火を止めましょう。お椀によそい、炒めネギを上にあしらってできあがり。

その他のお味噌汁の記事はコチラ