粗めにおろした長芋が、寒い朝にぴったりなひと椀

すり鉢でおろしたり、短冊に切ったりした長芋ならば、なんとなく食感の想像がつくはず。料理家・平山由香さんのオススメはひと味違いました。日々のお味噌汁に、冬の訪れが感じられます。

長芋と焼き海苔の
お味噌汁

粗めのおろし金で長芋をざくざくとおろします。海苔とお味噌との取り合わせもベストマッチ。

<具材>
長芋
<吸口>
焼き海苔、青柚子
<出汁と味噌>
昆布水出汁、米味噌(淡)

<つくり方>
鍋に出汁を入れて火にかけます。煮立ったら粗くおろした長芋を加えてひと煮し、味噌を加えて火を止めます。お椀に海苔をちぎり入れ、お味噌汁をよそって青柚子の皮のすりおろしを散らしましょう。

その他のお味噌汁の記事はコチラ

すっかり定着した発酵食ブーム。意識せずとも毎日の食卓に取り入れることこそ、上手な発酵食とのつき合いかたでしょう。そこで「味噌」です。料理家・平山由香さんの...
朝一番の漁を終え、仕掛けた網の片付けがひと段落したころ、あったかいお椀をすする。どこか港町の情景が見えてきそうなこのお味噌汁。明石のおいしいタコを使ったひ...
とろみをつけたり油を加えたりと、冷めないひと手間を心がけるのが冬のひと椀をつくるときの工夫です。おすすめは、すりおろした野菜。火通りの悪いレンコンや大根、...
ピーマンをお味噌汁に?独特の香りがチョット気になる人でも、焦げめがつくくらい素焼きするか、油でソテーすれば香りが和らぎ、とってもいいお味噌汁の具材になるん...
「リーボック」のスペシャルコレクション「Reebok eightyone(リーボック エイティーワン)」が2月28日(金)に発売。