赤味噌としょうがでつくるお味噌汁は「タコ」が主役

朝一番の漁を終え、仕掛けた網の片付けがひと段落したころ、あったかいお椀をすする。

どこか港町の情景が見えてきそうなこのお味噌汁。ですが、実際は料理家・平山由香さんのインスピレーションから生まれたものなんですって。『毎日のお味噌汁』から、あったかレシピをどうぞ。

甘長唐辛子と
ゆでダコのお味噌汁

明石のおいしいタコを使ったひと椀を紹介します。新鮮なタコの風味と赤味噌が合う!シャキシャキのしょうがはキレイで清々しく、とってもおいしいですよ。

<具材>
甘長唐辛子、ゆでダコ
<吸口>
しょうが
<出汁と味噌>
昆布水出汁、日本酒、米味噌(赤)

<つくり方>
まず鍋にごま油を熱し甘長唐辛子を焼きます。焼き目がついたら日本酒を加え、煮立ったら出汁とタコを加えてひと煮。火を止め、味噌を加えましょう。お椀によそい、しょうがの千切りを添えて完成です。

その他のお味噌汁の記事はコチラ