「新聞紙」で、簡単に包丁が研げるって知ってた?

アメリカのライフハック紹介サイト「WonderHowTo」で発見した、簡単に包丁を研ぐ方法をご紹介。使用するのは古新聞、これだけ。覚えておいて損はしません!

包丁を研ぐにもいろんな方法があります。切れ味最高に仕上げるならば研ぎ石、その場しのぎで切れ味を良くするにはマグカップの底で包丁を擦らせる方法も。プロのシェフらは、一日の最後に専用スティックを使って包丁を研ぎます。

でも、驚くほどにシンプルな方法があるんです。それは「新聞紙」を利用するというもの。

62b3b70557f082ec1d9c9ccaf6a3e0318eb0a57a

【STEP1】
新聞紙を用意する

黒インクだけで印刷されたページを選んで、1枚新聞紙を用意してください。きっと日曜日の朝、お気に入りのページを読んだら、その後直ぐに包丁を研ぎたくなるはずだから。

なにも魔法を使おうっていう訳じゃありません。種あかしをしておくと、黒インクには研磨剤と似た炭素成分が入っていて、この細かな粒子が包丁の切れ味を良くするみたいです。

【STEP2】
新聞紙の上に
包丁を横向きにおく 

研ぎたい包丁が片側刃なら、その面だけ研げばいいし、両刃なら、反対にして同じことを繰り返すだけ。まずは研ぎたい面を新聞紙の上に寝かせましょう。

【STEP3】
新聞紙の上で
包丁を優しくなでる

水平を保ちながら、新聞紙の上で優しく刃先を行ったり来たりさせましょう。ゆっくりと、でもしっかりと、これを繰り返します。

【STEP4】
よ〜くすすいで、終了!

最後に刃先に付着したインクを水で洗い流します。使用した新聞紙はどのくらい切れ味が増したかどうかを調べるのにも再利用できますね。

このテクニックはたいていの包丁にも利用できます。日本人が使うような超薄型の包丁にも使われていることからも明らかでしょう。新聞紙とコーヒーマグという、朝食のふたつの要素が、包丁を研ぐためのツールになっていた事実。

Klopfer氏のアイデアに補足すると、本来は研ぎ石で包丁を研いだ後、仕上げをするのに新聞紙を使って、包丁の刃先を磨く行程があるそう。ですが、Klopfer氏の言う、新聞紙の黒インクに黒鉛炭素が使われているのも本当の話。さて、どこまで切れが良くなるか。まずは、試してみませんか?

Licensed material used with permission by WonderHowTo
小学生の男の子が、弟のために新聞紙で作ったドラクエの装備品。これがキッカケとなり、研究に研究を重ねた彼は、災害時でも役立つこと間違いなしの「簡易スリッパ」...
これは最先端技術が集まるイベント「CES 2016」に展示された、LG社製の新型ディスプレイです。プロトタイプですが、その薄さは驚異的。新聞紙のように丸め...
切って、叩いて、つぶす。中華包丁なんだけど、軽い!
やっぱり子どもに包丁を持たせるのは怖いし、大人でも料理初心者の包丁使いにはハラハラ。でも、何事も挑戦しなきゃ上達なんてできないから。
これらのオブジェは、すべて古新聞や古紙で作られている。そう言われても、にわかには信じがたいほど、立体的で重厚感のある動物たち。いま、日本人アーティストの作...
長崎の市街地や美しい離島の風景からスタートする、とある映像。「ああ、長崎県のPR動画かな?」なんて思っていたら、どうやらそういうわけでもなさそう…、という...
「もしも時間が紙になったら」。そんなアイディアを製品化したのが、紙の専門商社・竹尾とフェリシモのコラボで生まれたこちらのアイテム。500種類の紙によって、...
備えあれば憂いなし。サバイバルが必要なシチュエーションなんて、さずがに人生の中でも想像できないだろうけど、この方法、知っておくだけで、何かとアウトドアシー...
「サンタクロースは本当にいるの?」ここで紹介するのは、ニューヨークの新聞紙「ザ・サン」の編集部に送られてきた少女からの手紙と、それに対する編集者フランシス...
6月17〜24日に開催されたCannes Lions(カンヌライオン国際クリエイティビティフェスティバル)。時代の流れと共に、数年前から、デジタル色を帯び...
まさか、包丁がリング状になるなんて…。と思わず感心してしまいますが、よくよく考えてみれば、転がしてピザを切り分ける時のナイフも丸型。でも、あの感覚で何でも...
包丁研ぎやシャープナー、ましてや砥石がなくたって、切れなくなった包丁をスパっと鋭い切れ味に戻す方法がありました。使うのはアレ。動画で紹介するこの方法、覚え...
こんなふうに「見える」ようになると、ちょっとは変わりそうじゃない?
「紙」は、その存在を意識することがないほどに、私たちの暮らしのなかに浸透していますが、パソコンやスマートフォンが当たり前となった今、紙に触れることが少なく...
近頃流行りの「紙パックゼリー」って知っていますか?なんと、読んで字の如く、“紙パックごと固めてしまう”ゼリーなのです。下の写真は、urittedさんが「ジ...
突然ですが、この画像を見てください。キューブが紙から飛び出ているように見えませんか?実はこれ、平らな紙に描かれたイラストなんです!このように、視覚効果を利...
「SHERLOCK」では、少しの血液を採取し紙につけるだけで、がんだけでなく感染症も発見できる。
頬に触れる空気も乾燥して、張り詰めたような寒さの冬がやってきました。この時期、風邪の予防にもおすすめなのが「焼きネギ」です。焼くだけでとろっとろの食感が楽...
このたび、セイコーエプソン株式会社が開発したのは、使用済みの紙を原料として新しい紙を生産する小型製紙機。オフィスで完結できる、小さく、新しい資源サイクルを...
今回は、これぞ匠の技!という動画をご紹介。酷く錆びた出刃包丁が、職人の手によって、みるみるうちにキレイになっていきます。日本が世界に誇る、包丁研ぎの技術。...