【Twitterで話題】紙パックジュースを冷やして作る「ぷるぷるゼリー」

近頃流行りの「紙パックゼリー」って知っていますか?なんと、読んで字の如く、“紙パックごと固めてしまう”ゼリーなのです。
下の写真は、urittedさんが「ジュレみたいでおいしい♩」とInstagramに投稿しているもの。一体、どうやって作るのでしょう?

 ゼラチンを入れて
混ぜて冷やすだけ!

スクリーンショット 2015-11-30 20.08.34

その作り方はめちゃくちゃシンプル。お湯かレンジでふやかしたゼラチンを紙パックジュースの中に溶かすだけなのだとか。

この方法なら、これまでちまちま食べていたゼリーを一度に大量に作れるため、思う存分味わうことができるはず!無駄な洗い物も出ず、なにより安上がりで済みます。砂糖を加える必要もないため、ヘルシーなのも嬉しいですよね!

スクリーンショット 2015-11-30 20.08.50

さらに、ジュースだけでなく、@konpeitoirohaさんのようにヨーグルトでも作れてしまう模様。ただし、ヨーグルトが常温でないと、ゼラチンを入れたときに固まって“ダマ”になってしまうそうなので要注意です。手軽で美味しい、自家製「ぷるぷる紙パックゼリー」を、ぜひお試しあれ!

 Licensed material used with permission by uritted , @konpeitoiroha

関連する記事

8月、「ハバリーズ」より、持ち運び可能な紙パックミネラルウォーターが発売。容器には100%再生可能な素材を採用。
かたまりの状態より、表面積が増えるのでミルクと溶け合い、コーヒーの味をより濃厚に感じられるんです。クラッシュしたコーヒーゼリーを使った、アレンジレシピをご...
管理栄養士の立場で、普段口にしている食べ物を使ってつくる「自家製パック」の紹介です。
桃の旬は7月〜8月。そのまま食べても旬の桃は甘みが強くみずみずしいのですが、そんな旬の桃をヘルシーに、ルイボスティーを使ったゼリーにしてみてはいかがでしょ...
「Billboard JAPAN」をパートナーに、「ジョニーウォーカーブルーラベル」をイメージしたオリジナル選曲のペアリングプレイリストが誕生した。
愛媛県も八幡浜市は日本でも有数のみかんの街ですが、加工品の「みかんジュース」もまた、たくさんの種類があります。糖度13度のもの、愛媛県の「まどんな」を使っ...
高級チョコレート店「レオニダス」の隠れ人気商品。むっちり食感のフルーツゼリー。
社会を生き抜くうえで、私たちには想像力が必要。では問います、この紙は何を目的につくられた紙だと思いますか。(ちなみに巻いて使います)
サンフランシスコ生まれの「The Chiller's Pack」は、クーラーが付いているバックパックです。缶ビールをキンキンに冷やせるようになっています。
バッグ一筋10年の「WOHLBEGE」ブランドから、紙素材の超軽量バッグが登場。耐久性に優れており、紙素材でありながら防水性能まで完備。
「スノーピーク」が2024年春、栃木県鹿沼市に関東初となる直営キャンプフィールドを開業することが発表された。
応援購入サービス「Makuake」で販売中のバックパック「UPIXEL」は、専用のチップをバッグ背面にはめることで、自作のドット絵を簡単にデザインできるユ...
月の満ち欠けに合わせて飲むジュースクレンズセット「New Moon Detox」が登場。揺らぎがちな女性の体をサポートしてくれるジュースを飲んで、心も体も...
「霧島酒造」と「丸山珈琲」が手を組んで……新感覚の焼酎コーヒーゼリーを来月1日(火)より発売。
春もおいしい赤カブ(ラディッシュ)のサラダレシピ。ドレッシングは、沸かしたオレンジジュースにカレーパウダーを混ぜるという斬新さ!
「ほぼ日」から、初となるオリジナルの野菜ジュースが登場。フレッシュさ、無添加、手軽さ、おいしさと、ほぼ日のこだわりが詰まった一杯。
「SHERLOCK」では、少しの血液を採取し紙につけるだけで、がんだけでなく感染症も発見できる。
素材はまさかのペットボトル12本のみで、豊富なポケットと必要なものをしっかり収納できる優れたサイズ感を実現した、地球に優しいハイクオリティなバックパックが登場。
アメリカ・カリフォルニア州アーバインに拠点を置く、スマートバックパックの販売を手がける「SwissDigital Design」から新作「Cosmo 3....
自然界の存続に実は多大な影響を与えているハチがいま、絶滅の危機にさらされています。捨てれば捨てるほどハチを救える「紙」が、世界ではじめて開発されました。
NASAじゃなく、吉本行きーや。とつっこんでしまうおもろ映像。41秒からは、そのアホさ加減に思わず爆!まあ、見ておもろかったら「ささった!」、おもろくなか...
紙加工会社による紙製トートバッグ「SHIDUKU-紙作-」は、クラフト感がお洒落な紙と布のハイブリッドバッグ。見た目にはわからないけど、環境問題に関心を持...
材料は紙だけ。破ったり、ちぎったりすることができるランプです。自由にかたちをつくれるから、光量もお好みに合わせて。すこし歪で脆い光が、やさしくあなたを包ん...
「もしも時間が紙になったら」。そんなアイディアを製品化したのが、紙の専門商社・竹尾とフェリシモのコラボで生まれたこちらのアイテム。500種類の紙によって、...
伊勢神宮近くにあるジュース専門店「まるごと果汁店」のストローが、7月11日からすべて土に還る「生分解性ストロー」に変更された。もともと器も果物のため「10...
スマホとコネクトするアクセサリ「Jacquard by Google」を搭載したバックパックが「サムソナイト」から登場。ショルダー部分にジェスチャーするだ...
正直、野菜ジュースが手軽に作れるパウダーってそんなにめずらしくない。野菜・果物・スーパーフードをパウダー状にしてブレンドした「NICE n EASY」を見...
「ジャンスポーツ」をはじめ、「グレゴリー」の「スピア」シリーズ、「ミステリーランチ」のデザイナーが手がける「クレッターワークス」など、タウンユースにマッチ...
そもそも、普段使いのバックパックに「どれだけ防水性を求めているか」という話はあります。が、それはさておきです。
「ロンドンブリッジトレーディング」のセカンドラインとして誕生した「LBX Tactical」、ドイツの「ジャックウルフスキン」、元軍人や専門家によって設立...