まるごと桃とルイボスティーのゼリー

甘党でない人にこそオススメしたいゼリーです。桃のみずみずしさと合わせるのは、赤土の大地を連想させるルイボスティーの味わいです。

材料

・ルイボスティー:1パック
・熱湯:200ml
・ゼラチン:5g
・砂糖:大さじ1
・ミント:4枚 
・レモン汁:小さじ1
・桃:1個

<つくり方>
ルイボスティーを表示通り煮出したら、ゼラチンを溶かします。レモン汁を加えた後、バットなどにあけて冷蔵庫で冷やし固めます。冷え固まったらフォークなどでクラッシュ。グラスなどに入れたら、食べやすい大きさに切った桃を添えて完成!

完熟した旬の桃の甘さと、ルイボスティーのすっきりした後味。そこにレモンとミントの風味を加えた、涼を感じる今の時期にぴったりなデザートです。

ノンカフェインで、シミ予防などにも効果が期待されているルイボスティーは、夏の厳しい日差しで疲れたお肌のコンディションをやさしく整えてくれるでしょう。

かたまりの状態より、表面積が増えるのでミルクと溶け合い、コーヒーの味をより濃厚に感じられるんです。クラッシュしたコーヒーゼリーを使った、アレンジレシピをご...
夏場に旬を迎える「桃」と「あんず」が主役です。
高級チョコレート店「レオニダス」の隠れ人気商品。むっちり食感のフルーツゼリー。
今まさに最旬を迎えている桃。甘い芳香ピーチアルデヒトは、精神を落ち着かせるリラックス効果があります。また、ジューシーな果肉には、皮膚に潤いを与えてくれるカ...
無農薬、無化学肥料のお米で作られた「宮内舎(miyauchiya)」のグルテンフリー玄米麺。
桃好きのみんな、このリキュール、絶対飲んだ方がいいよ。なぜかってまずは果肉。果肉がすごい。「飲んでる時に、邪魔だなって思うくらい果肉入ってますよ」って栃木...
2016年の横浜オクトーバーフェストで販売された、幻のエールを知っていますか? それは、17日間限定で登場した「サンクトガーレン甘熟桃のエール」。これを飲...
近頃流行りの「紙パックゼリー」って知っていますか?なんと、読んで字の如く、“紙パックごと固めてしまう”ゼリーなのです。下の写真は、urittedさんが「ジ...
渋谷パルコの「Condomania(コンドマニア)」で、桃のいい香りがするかわいいコンドームを見つけました。
いつ、どんなときだって、日々の活力を生むのは、おいしいごはんです。テイクアウトやUber Eatsもいいけれど、せっかくなら自宅でこんな特別な食事はいかが...
「ハワイ州観光局」が自宅でハワイを体験できる「おうちでハワイ」プログラムの提供を開始。「バーチャルハワイ」「癒しのハワイ」「学ぶハワイ」「音楽でハワイ」「...
こんなときだからこそ、いえ、こんなときだって、日々の活力を生むのはおいしいごはんです。レストランシェフ、料理家、日頃から「食」にたずさわるみなさまから、“...
通年で手に入る食材のニラですが、旬を迎えるのはこの春。肉厚の葉は、柔らかく、甘みが引き立つのが春ニラの特徴です。そんな、今だけのおいしさを存分に味わう「ニ...
アメリカンポップスにもその名が登場するほど、認知度の高い「Jello Shots(ジェロショット)」、聞いたことくらいはあるはずです。アメリカで人気の粉末...
iHerb(アイハーブ)でおすすめの「チア・エナジー・スクイーズ」という商品です。「集中力」と「満腹感」を得られます。
沖縄県・南城市にある「くんなとぅ」は、自家製「もずくそば」の専門店。文字通り、もずくを練りこんだヘルシーな麺が人気で、すべてのメニューに生もずく・もずく酢...
セックスのよくある悩み「恐怖」「痛み」「セックスレス」に悩んでいる全ての女性に伝えたい対処法をまとめました。
6月1日にスタートしたECサイト「Outfitter」では、自分で選んだスポンサー企業のロゴを印字したオリジナルのスポンサードカスタムユニフォームを簡単に...
東南アジアにおいて、香港もまたスイーツ天国のひとつ。お腹いっぱいディナーをした後でも、街を歩けばネオンに惹かれてつい立ち寄ってしまうのがスイーツ専門店です...
春は、人間にも虫にも動物にとっても気持ちがいい季節。それは、これらの野菜も同じ!みずみずしくて甘みを抱いたこの野菜たちを、早速今晩いただきましょう!
ごぼう=初冬、のイメージが強いかと思いますが、夏に旬を迎えるのが新ごぼう。そんな旬の新ごぼうをあえて「洋風のマリネ」にしてみました。こうすることで、ビック...
暑くなればなるほどおいしくなる夏野菜のなかから、ちょっと変わったオクラの食べた方を紹介します。
野菜をおいしく食べるうえで欠かせないものといえばドレッシング。だけど毎度市販品では芸がありません。というわけで、誰でもかんたんに作れてしまう、自家製ドレッ...
初夏に向けて旬を迎えるのがゴーヤ。チャンプルーも、サラダも、おひたしもいいけれど、意外とメニューがワンパターンになりがち。そこで、「ゴーヤの肉詰め」のご紹...