冷蔵庫のジュースや調味料を泡立てて、フレンチの「泡ソース」をつくってみよう

かつて、フランス料理において泡=タブーな時代がありました。漉しが足りなかったり、温度が高すぎたり…料理人はスープやソースから泡をなくすべく格闘していたのです。

それが今ではレストランに行けば、トマトやホワイトアスパラガス、生ハムなど、料理に合わせた「泡ソース」が添えられて出てくることがあります。フレンチはアラモード、つねに流行は変わっていくのでしょう。

と、前置きが長くなりましたが、ある材料を使うことで、自家製泡ソースが自宅でも簡単にできてしまうんです。

泡のポイントは
「大豆レシチン」にあり

大豆レシチンとは、大豆に含まれている脂質の構成要素で、水分と油分を調和させる乳化作用があります。これを入れた液体を泡立て器などで攪拌することでできるのが泡ソース。野菜ジュースに大豆レシチンを溶かして泡立てれば、野菜の泡ソースができるます。

サプリメントとして固形で販売されているものではなく、料理用のパウダーレシチンを使用します。

E8c454157d6a29669150ece1548661e279b4835c

ソースにしたいジュース状の液体と、大豆レシチンを用意するだけ。液体の重さに対して2%がレシチンの目安です。つまり液体が100gならば、2gといった具合に。それらを合わせて、泡立て器で写真のようにふんわりとした泡が立つように、力を入れずに混ぜます

覚えておきたいポイントは、粘度の高い液体は泡に不向きだということ。泡立ちにくいなと感じたら、水で薄めてみましょう。ふんわりした泡になるはず。

ちなみに、泡ソースは泡だった上澄みだけを使用します

F5521b6f314e181662ac10519c3702655b914515

大豆レシチンで冷蔵庫にあるいろいろな調味料を泡立ててみました。味、香り、相性のいい料理を検証してみます。参考までにどうぞ。

【めんつゆ】

焼き魚やサラダに添えると、カツオの風味が好相性

8dcc6c15ab208ea4b83b74376f490bcf849c9b53

カツオの風味が効いて本当においしい! めんつゆ自体に粘度がないので、ふんわりとした軽い泡ができます。焼魚に添えたり、野菜サラダの仕上げにかけたりしてもオモシロそうですよ。

【ケチャップ】

クリームチーズや冷奴と合わせて、いつもと違ったおつまみを!

C1e42f78a5d47f2f7b792a7039c008fe84194e05

トマトの香りとうま味がそよ風のようにほのかに感じられて、爽やかな酸味があります。野菜の炊き合わせとしてマッチしそう。クリームチーズにも合いますし、冷奴の仕上げに添えても、いつもと違った味で楽しめるはずです。

【はちみつ】

ビールの上にのせてフルーティなカクテル感覚で

00d9f0fdf3774d07a8e44425930368a724f09fb1

バニラアイスクリームやシャーベットなど、スイーツ全般はもちろん、ビアカクテル感覚でビールに直接のせるという手も。フルーティな香りでHAPPYなキモチに。特に女性に喜ばれそう。

【濃縮還元オレンジジュース】

お肉やサラダと相性◎、香りと一緒に華やかさも演出

Bc50556c3cec2eb50fa69e7097fa77b837f2a906

オレンジの香りがほのかに広がります。甘みはさほどなく、風味だけという感じ。スイーツと合わせるのはもちろん、お肉やサラダにかけてもよさそう。オレンジの香りは、料理に使うと食卓も華やぎますしね。

【おたふくソース】

想像以上にあっさり!お肉はもちろん、スープにも

8aebe133a605c95eab4ba3383b24a11960f62bc2

カツオの風味とソース独特の香りが際立つおたふくソース。これ、想像以上においしいですよ。お肉にも、ポタージュスープにのせても味のアクセントになるでしょう。特有の甘味や濃厚さも、泡になればあまり感じません。

「本国でも売って!」アラブ諸国限定販売だった「MAYOCHUP(マヨチャップ)」なるものを求めて、アメリカが大騒ぎだとかで。
あっという間に市販の味を再現できる、こんなレシピはいかがでしょう。
ミートソースのおいしさを引き出すカギは「ひき肉」。ほんの一手間で格段においしくなります。
タイ料理店の食卓に必ずある4つの調味料。気にしていなかったけど、とても重要なんです。
これは、とあるインドの学校に建てられた図書室。建物の屋根全体がレンガづくりのなだらかな斜面になっていて、地面と屋根を自由に登り降りできます。
テキサス州の犬を連れ込めるバーを中心に、フロリダ州やノースカロライナ州でも提供されている「Good Boy Dog Beer」の紹介です。
「アメリケーヌ・ソース」とは、フレンチで使われる魚介の風味たっぷりのソースのこと。
ナンプラーといえばタイ料理に使われる調味料。発酵を経ることで、魚介のアミノ酸のうまみを感じることができるナンプラーは様々な料理に活用できる万能調味料なんです。
しその葉を使ってつくる大葉味噌。そのままでも、調味料としても、万能です。
普段は脇役として活躍する調味料。使い方次第では、立派な主役になるそう。冷蔵庫の食材が少なくても作れる「調味料が主役になるレシピ」を2品紹介します。
ブラックやホワイト、ヘザーグレーなどカラバリ豊富で迷っちゃいそうだけど、ランジェリーという視点で選ぶならベビーピンク一択。
ここでは良質な畜産物、海産物、農産物が採れる鹿児島県の調味料をご紹介。鹿児島県の黒豚をはじめ、人気の食材が使われた逸品ばかりです。お気に入りのもの、ぜひ使...
バニラアイスには何がイチバン合うのか、ちょっと”攻めた”組み合わせで試してみました!
用途は麺類に使うだけじゃなくて、ほかにもたくさん。大活躍の万能調味料です。
市販のトマトソースだって少しアレンジを加えただけで、もっと魅力的に、フレッシュにいただけるのです。
タクシー配車サービスを運営するUberが大胆な発表をしました。優秀なドライバーの大学授業料を肩代わりするとのこと。
家飲みのシーンで飲み残しのワインって結構ありますよね。もちろん栓をして保存しておくこともできますが、こういうときにちょっと思考を変えて作ってみてほしいソー...
レシピ内に「塩ひとつまみ」と書かれていれば、やっぱりそこは"ひとつまみ"すべきでしょ?
ヤンニョムチキンの変化系がコレ。アメリカンな味のランチソースを投入すれば、こりゃもう、東洋と西洋のジャンクフードコラボです!
どの家庭にも必ずある「あの調味料」で、簡単に鍋底の焦げ汚れが落とせるのです!それは一体なんだと思いますか。酢?砂糖?塩?醤油?味噌?こしょう?
人も食べ物も、見た目だけの情報で思い込んで決めつけてしまいがちな私たち。けれど、ファーストインプレッションだけでは得られない一面やストーリーが、そこにはあ...
冷蔵後を開いたら、買いすぎてちょっとだけ余らせた「野菜」しかない。そんなとき「お肉があればな〜」と悩む必要は、もうありません。ちょっとしたひと手間と、調味...
この真っ赤な色は、唐辛子か?それともトマト?そのどちらでもないんです。これは赤いパプリカを塩漬けした「マッサ」。ポルトガルではポピュラーな調味料で、味噌や...
食の知恵として古くからある保存法に「塩漬け」があります。肉も魚も野菜も、食材の水分を抜いて、保存性を高めるのに塩。塩分濃度が上がればその分、痛みにくくもな...