コロコロ転がすだけで切れる「ローリング包丁」

今からおよそ5000年前、人類は車輪を手に入れ、物資の運搬や人の移動手段は大きな変化を遂げました。そして現代。車輪の技術は、いよいよキッチンツールにも応用されることに!?

転がして切る、という新発想

リング状の包丁? はい、そのまさかです。

でも、よくよく考えてみれば、転がしてピザを等分に切り分けるカッターも丸型。あの要領でなんでもカットできるとしたら……ちょっと(いや、かなり)気になりませんか。

パッと見つり革のような形状の<bolo>こそ、転がしながらカットする包丁。モントリオールのメーカーが、人類史における重要な2つの発明品「ナイフ」と「車輪」を組み合わせてデザインした、世界初のローリング式ナイフです。

丸い円盤状の刃が回転する仕組みで、まな板に沿わせるように食材の上を転がすだけ。これだけでスパッと切れ味よく食材がカットされていく様子は以下の動画で。

独特の形状からもわかる通り、柄に当たる部分は“グリップ”に取って代わっています。握って前後にコロコロ、これでカットしていくため、硬い食材を切る際の手首への負担が軽減されるという点がウリだそう。
たしかに、ハード系のチーズにもすうっと刃先が入っていきます。また、刃と接する面積が少ないという利点から、パイ生地やクリームたっぷりケーキでも、くっつきにくいみたいです。

ところで、一般的に肉や魚は自分の体の方向に向かい、手前に引いて切るのが基本とされていますが、繊維の太い野菜などはその逆。片刃か両刃の包丁かによっても、切り方はさまざまです。

けれどこのboloに限っては、刃先を行ったりきたりさせることで、みじん切りも千切りもバッチリ。料理初心者や小さい子どもでも簡単にカットできる。それもboloのメリット。

リング替え刃でマルチにカット

また、車輪を変えるだけでミートハンマー代わりにお肉の繊維を裁断したり、パイカッターへと変身するなど、マルチに活用できる汎用性も◎。もっと言えば、利き腕も関係なく使えるグリップ設計も、グッドアイデアですよね。

基本のリングとパン切り包丁がセットになった「bolo Basic」で16ドル。お肉を柔らかくするテンダライザーまで付いた「bolo Complete」だと20ドルと、どちらもお値打ち。注文は公式サイトからどうぞ。

Reference: Zinovta
Top image: © Zinovta
切って、叩いて、つぶす。中華包丁なんだけど、軽い!
料理好きのあいだで密かに話題となっている道具があります。こういう気が利いたキッチンツールって、持ってるだけで料理上手になったような気にさせるんですよね。
やっぱり子どもに包丁を持たせるのは怖いし、大人でも料理初心者の包丁使いにはハラハラ。でも、何事も挑戦しなきゃ上達なんてできないから。
包丁研ぎやシャープナー、ましてや砥石がなくたって、切れなくなった包丁をスパっと鋭い切れ味に戻す方法がありました。使うのはアレ。動画で紹介するこの方法、覚え...
正直、そんな状態で働いていたことに驚きですが、一番ビックリしたのは当事者自身かもしれませんね。予想外の方法で空を飛んでしまったのだから……。
薪木でグリルしたステーキ、スモア、フォンデュが楽しめる。 日本初!キャンプファイヤー料理店Campfired Grill & Cafe THE BANFF...
料理の手順でおっくうなのが、野菜の皮むきだっていう人、意外に多いんですよね。では、このむき方ならどうでしょう。そもそも包丁を使わないって、驚きでしょ?
アメリカのライフハック紹介サイト「WonderHowTo」で発見した、簡単に包丁を研ぐ方法をご紹介。使用するのは古新聞、これだけ。覚えておいて損はしません...
もう好きな人にだけ刺さればいい。キッチンツールとして、こういうものが今の時代にもニーズがあると信じたい。
ノロに代表されるウイルス性胃腸炎は、ここ数年でインフルエンザに匹敵する流行をみせていますが、感染症胃腸炎のなかでもとくに夏の暑い時期に気をつけなければいけ...
紹介するのは『Silk’n Stop』。コレ、生理痛解消のために開発されたアイテムなんです。なんでも、お腹の部分に当てるだけでいいんだとか。ホントなのでし...
みなさん、どうやって野菜を切っていますか?まな板に乗せて、流れ作業のように包丁をザクッザクッ。その切り方、ちょっと待って!
スプーンやフォークは言うに及ばず、ニンニクマッシャー、チーズグレーター、オレンジやレモンの皮を削るゼスターなど、普段のキッチンツールのなかでも「ひと手間」...
今回は、これぞ匠の技!という動画をご紹介。酷く錆びた出刃包丁が、職人の手によって、みるみるうちにキレイになっていきます。日本が世界に誇る、包丁研ぎの技術。...
料理という、さっきまでここに無かったものを自分の手で創りあげる行為そのものが、魔法のようであり、素晴らしくクリエイティブなのだと少しでも感じられれば、これ...
アメリカのスポーツメディア『ESPN』の記事によれば、ウォリアーズはファンクラブに向けて、スタジアムに入るためのパスを月100ドル(約11000円)で販売...
せっかく焼きたてのパンが用意できても、カチカチバターでは意味がありません。ということで生まれたのがこのトースター。
「Rollova」は、直線でも曲線でもコロコロ転がすだけで簡単に長さが測れる電子メジャー。
ヨーロッパ最大の「出前サービス」を提供するDeliveroo社の調査によると、イギリスの各家庭には、まったく使われていないキッチンツールが平均34個も眠っ...
料理をするのは楽しいものです。でも、包丁とまな板をしっかり使いこなすには慣れが必要。とくにまな板は、食材がポロポロこぼれ落ちたり、切り落としたはずの食べな...
調理から薪割りまで、アウトドアシーンで一本あると何かと便利で頼りになる「ナイフ」。手に取りやすい価格でありながら、高い実用性と抜群のかっこよさを誇るモデル...
「トントントン、トントントン」料理上手であろうとなかろうと、包丁がまな板にあたるあの心地いいリズムが嫌いな人はいないでしょう。あなたのまな板はどんな音がし...
料理を生業とするプロの視点で、このキッチンツールはオススメだそうです。
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なことーー。