「DEAN&DELUCA」が地球とコーヒーにやさしい「紙製リッド」をテスト導入

今月15日(月)より「DEAN&DELUCA」がテスト導入した、ホットドリンクをテイクアウトで提供する際の紙製リッド(カップのフタ)が、斬新なデザインだと話題を集めている。

というのも、従来のようにカップを覆うのではなく、内側に収まるようなフォルムで、なおかつ飲み口が付いていないのだ。

これは「スタッキングペーパーリッド」といい、プロダクトデザイナー・柴田文江が手がけた地球だけでなくコーヒーにも優しいリッドなのだとか。淹れたての色と風味を最大限に楽しむことができ、また持ち歩いてもこぼれにくい&スムーズに取り外せる仕様となっている。

今回の取り組みは、7月1日(水)から始まるレジ袋の有料配布義務化にともなう脱プラスチック連携施策の一環。

今のところは都内の一部のカフェ店舗にて数量・期間限定での実施だが、すべての店舗でお目にかかれる日が待ち遠しい!

©ウェルカム

『STACKING PAPER LID〜地球のことを考えた紙製のフタで「おいしい」を〜』

【実施店舗】DEAN & DELUCA カフェ店舗(丸の内/青山/BMW GROUP TERRACE/大手町メトロピア)

Top image: © ウェルカム
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
11月25日、食のセレクトショップ「DEAN & DELUCA」は、新たに「DEAN & DELUCA MAGAZINE」を創刊する。
フランスの大手化粧品メーカー「ロレアル」が紙製の化粧品チューブを開発。ロレアルは10年前からライフサイクルアセスメントを実施しており、紙製のほうが環境影響...
ファーストリテイリングは、環境問題対策の一環として「脱プラ」を宣言。2020年内に店頭での使い捨てプラスチック包装を、グループ全体で85%削減する方針だ。
よく一日に何杯もコーヒーは飲むものじゃない、なんてことを耳にしますが、あれってなんでかわかります?
花火を心待ちにしている人に向け、新しい楽しみ方を提供するプロジェクト「キズナハナビ」が始動。
サンフランシスコ市は、市内にある全ての飲食店で「プラスチック製ストロー」の提供を禁じる。プラごみの海洋流出をはじめとした環境問題対策として、すでに7月1日...
スターバックスの発祥地シアトルに拠点を置くスタートアップ「Atomo」は、コーヒー豆を使わないで同じような味を再現することに成功しました。
近年問題となってるプラスチックによる環境汚染。そんな中、プラスチックカップの代替品としての可能性を秘めたプロダクトが開発されました。
かたまりの状態より、表面積が増えるのでミルクと溶け合い、コーヒーの味をより濃厚に感じられるんです。クラッシュしたコーヒーゼリーを使った、アレンジレシピをご...
クラウドファンディングサイトKickstarterで、現在、資金調達中のサングラス「Ochis」。これ、ちょっと変わっていて、コーヒーの香りがするそうです。
象徴的な「ティファニー」のショッパーが、レザーバッグになって登場した。クラフトマンシップの精神が詰まった、モダンなコレクション。日本限定アイテムも!
コーヒー好きは知っている、この夏「お家で最高のコーヒー」を楽しむ方法。エスプレッソキューブ、マイタンブラー、コーヒー風味のクラフトコーラ、水出しコーヒーデ...
あの、あま〜いベトナムコーヒーが焼酎になった!
シンプルなこの3つの工程に少し気をつかうだけで、家で飲むコーヒーに大きな違いが生まれます。少しでもおいしく淹れられるようになれば、今よりもっとコーヒーライ...
紙やプラスチックの代替素材として注目の「ライメックス(LIMEX)」を軸材に使った世界初のボールペン「uni LIMEX」。
コーヒーを飲んだほうが仕事がはかどるけど、飲み過ぎはちょっと……と罪悪感を持っているみなさん!この「コーヒー狂」の偉人たちを知れば、むしろもっと飲んでもい...
おうち時間が増え、塗り絵ブームが加速するなか、北斎、歌麿、写楽などの名作浮世絵塗り絵に、「トンボ鉛筆」の大ヒット水性グラフィックマーカー「ABT(厳選7色...
「Gap(ギャップ)」「Banana Republic(バナナ・リパブリック)」からフェイスマスクが登場。環境に配慮し、肌に優しいコットン100%でできた...
コーヒー好きな身として王道の楽しみ方ももちろん外せないけど……
「アウトドアでも淹れたてのおいしいコーヒーを楽しみたい!」というコーヒーファン&アウトドア好きにオススメのコーヒープレス、ドリッパースタンド、グラインダー...
スポーツ用品大手の「アシックス」は、世界中の直営店で使用されている「プラスチック製ショッピングバッグ」を廃止すると発表。2020年から順次、紙製バッグへと...
カフェでバリスタが専用器具を使って一杯ずつ淹れてくれる本格ドリップコーヒーの「インスタント」版なんですよね。だからわたしは"ドリップ式"が好き。
シーンに合わせて選べるほど種類豊富なコーヒー。わたしの妄想フル回転で、時間と気分で飲みたいコーヒーをチョイスしてみました。
一概に「この国のコーヒーはこの味だ」と決まっているわけではないけれど、生産国ごとの味の傾向を分かっていれば、よりコーヒーが楽しめますよね。国の名前と味の特...