「DEAN&DELUCA」が地球とコーヒーにやさしい「紙製リッド」をテスト導入

今月15日(月)より「DEAN&DELUCA」がテスト導入した、ホットドリンクをテイクアウトで提供する際の紙製リッド(カップのフタ)が、斬新なデザインだと話題を集めている。

というのも、従来のようにカップを覆うのではなく、内側に収まるようなフォルムで、なおかつ飲み口が付いていないのだ。

これは「スタッキングペーパーリッド」といい、プロダクトデザイナー・柴田文江が手がけた地球だけでなくコーヒーにも優しいリッドなのだとか。淹れたての色と風味を最大限に楽しむことができ、また持ち歩いてもこぼれにくい&スムーズに取り外せる仕様となっている。

今回の取り組みは、7月1日(水)から始まるレジ袋の有料配布義務化にともなう脱プラスチック連携施策の一環。

今のところは都内の一部のカフェ店舗にて数量・期間限定での実施だが、すべての店舗でお目にかかれる日が待ち遠しい!

©ウェルカム

『STACKING PAPER LID〜地球のことを考えた紙製のフタで「おいしい」を〜』

【実施店舗】DEAN & DELUCA カフェ店舗(丸の内/青山/BMW GROUP TERRACE/大手町メトロピア)

Top image: © ウェルカム
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事