「沖縄発」のエアラインが脱プラ対策で「木のストロー」を導入

「廃プラスチック問題」に配慮した、航空業界では世界初の取り組みが始まった。

日本トランスオーシャン航空(JTA)は、10月1日から「那覇発福岡行き」の便でプラスチック製ストローの代替品として「木のストロー」の提供を始めた。

製作本数が限られていることから、1日6便、クラスJシートのお客限定の機内サービスとしてスタート。ストローの材料には、主に日本国産間伐材が用いられており、現在はトドマツや杉を使用している。

同社は、1967年に島と島を繋ぐ定期航空路線として運航を開始。今回の環境に配慮したサービスは、国連が定める「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成に向けた試みだ。

2020年以降は「沖縄県産の木」を用いることを目指しており、地域の森林保全と林業の活発化への貢献も目標として掲げている。

大手ファストフード店など、脱プラ対策では「紙製」の使用が多く見られるが、ここでは「木製」。機内だけでなく、持ち帰って何度でも使えるという点も“持続可能な”取り組みということなのだろう。

Top image: © 2019 日本トランスオーシャン航空
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
環境への負担を減らし、衛生面を向上させた、リユーザブルな「ジッパーストロー」。
サンフランシスコ市は、市内にある全ての飲食店で「プラスチック製ストロー」の提供を禁じる。プラごみの海洋流出をはじめとした環境問題対策として、すでに7月1日...
カリフォルニア州で、9月20日にストローの提供を禁じる法案が可決されました。
カナダの「Rice Straw Technologies」という企業が製造するのは、米からできたストローだ。
紙製のストローや容器を採用するなど、脱プラスチックに向けた動きを展開しているイギリスのマクドナルド。それに対して、「ハッピーセット」のおもちゃも廃止すべき...
イギリスとアイルランドのマクドナルド全1361店で使用されている紙製ストロー、リサイクルされずに廃棄処理されていた。
紙やプラスチックの代替素材として注目の「ライメックス(LIMEX)」を軸材に使った世界初のボールペン「uni LIMEX」。
7月9日にスターバックスが、プラスチック製ストローの使用を2020年までに全て廃止すると宣言しました。
再生可能な自然素材を用いて作られた「機内食用トレイ」。サステイナブルの波が空の旅を変えようとしている。
マクドナルドは、イギリス国内にある全店舗で「廃プラスチック」に対する新しい取り組みを発表。9月から、マックフルーリーのふたの提供停止とサラダの容器を「紙製...
飲み終わったら、カップはゴミ箱へ。でもストローは……食べる!
ファーストリテイリングは、環境問題対策の一環として「脱プラ」を宣言。2020年内に店頭での使い捨てプラスチック包装を、グループ全体で85%削減する方針だ。
ルクセンブルク発ドイツ生産の“ハイファッション”なエナジードリンク「28 BLACK アサイー」が、2019年8月12日より沖縄県内のファミリーマート限定...
イギリスのヒースロー空港が乗客の手荷物検査の効率化を検討中。2022年までに、手荷物の中身を3D分析できる新装置を導入する方針を発表しました。
2019年1月1日より、アメリカ・ワシントンD.C.で使い捨てプラスチックストローの提供を禁止する条例が施行されました。
「クワンソウ」という伝統野菜から作るお茶には、寝つきが良くないときに飲むと、不思議と安眠が得られるとして沖縄では古く琉球王朝時代から飲まれていた。現在も今...
沖縄旅行をすると決めたとき、きっと頭の中に思い浮かぶのは、エメラルドグリーンの海と、青い空…。でも実は、沖縄って雨が多いんですよね。梅雨の時期や台風もある...
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
沖縄でおにぎりの具といえば、あぶら味噌「みそのこ」が定番。「みそのこ」とは、豚肉の脂と味噌を炒めたなめ味噌のことで、冷蔵庫で保存すれば半月は保つ保存食です...
果報バンタ、フクギ並木、古宇利大橋、大石林山、あがいてぃだばし、ター滝、ワルミ大橋など、沖縄本島の車で行ける絶景スポットを集めました。ゴールデンウィークや...