ボールペンも脱プラ。注目の新素材「LIMEX」で文房具が変わる

脱プラスチックの機運は食品業界のみにあらず。いち早く環境配慮型の商品を開発、シフトしてきた文房具メーカーが、近年、紙やプラスチックの代替品として注目している新素材がある。石灰石を主原料とした「ライメックス(LIMEX)」だ。

紙の代替材料として使用されるライメックスシート製造の過程で出る端材を再利用し、軸材にした“脱プラ”ボールペンが9月27日発売となる「uni LIMEX」。uniといえば、ご存知三菱鉛筆株式会社のシグニチャーブランドだ。

石灰石50%以上含むライメックスに加えることで、水や木材の使用を大幅に減らし、石油由来原料の使用も抑えられるという。持続可能性のあり方を根本から変えるポテンシャルを秘めた新素材も、本体価格200円(税抜き)なら十分にデイリーユースが適う。

「水と森を守り、石油資源の使用削減にも貢献」なんてウンチクだけに満足しそうだけど、ちゃんとリフィルを替えて使用できるのもGOOD。これからの文具は素材に注目だ!

©三菱鉛筆株式会社
Top image: © 三菱鉛筆株式会社
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
食べられるインクや、懐かしのペンまで自由に使える表参道で人気を集める「文房具カフェ」 文房具カフェ〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4丁目8-1htt...
日本のベンチャー企業『株式会社TBM』が開発した、石灰石を使用した『LIMEX(ライメックス)』。これ、紙やプラスチックの代替となる新素材なんです。
ひたすら文房具(ほとんどがアンティーク)をアップし続ける気になるアカウント。
再生可能な自然素材を用いて作られた「機内食用トレイ」。サステイナブルの波が空の旅を変えようとしている。
ここで紹介するのは、文房具マニアの少年・山本健太郎くん(当時小学6年生)が作った『文房具図鑑』。れっきとした「本」です。元々、夏の自由研究としてまとめたも...
写真は黄色ばかりですが、それ以外も。ビビッドカラーのカラバリがある文房具をピックアップしました!
10月16日、「コクヨ」が「Life Accessories」をコンセプトとする新ブランド「KOKUYO ME」をローンチ。
プラスチックの代替素材として、日本でも馴染みのある「寒天」が注目されています。なかでも日本人のデザイナーグループ「AMAM(アマム)」は、国際コンペティシ...
ネスレ日本は、キットカットのパッケージを来月から紙製に変更。その紙製パッケージで折り鶴をつくり、メッセージを書いて、想いを伝えたい人に届けようと推奨するキ...
6月19日、ラスベガス市が駐車違反の反則金を支払う代わりに、学校への文房具の寄付をしてもいいと認めました。
「カランダッシュ」は、エスプレッソマシンメーカー「ネスプレッソ」の「セカンドライフプロジェクト」のパートナーとして、「849 カランダッシュ+ネスプレッソ...
サンフランシスコ市は、市内にある全ての飲食店で「プラスチック製ストロー」の提供を禁じる。プラごみの海洋流出をはじめとした環境問題対策として、すでに7月1日...
自信を持って推せる台湾雑貨のお土産を選びたい。行ってみたいのが『物外設計』という文具ブランドのお店。なかでも「Y STUDIO」シリーズは、女性の手にも映...
9月25日、スターバックスは公式オンラインストアにて、かざすだけで決済できる「Starbucks Touchシリーズ」の新商品「The Pen」の発売をス...
紙製のストローや容器を採用するなど、脱プラスチックに向けた動きを展開しているイギリスのマクドナルド。それに対して、「ハッピーセット」のおもちゃも廃止すべき...
サーフ天国・バリ島はビーチが「海洋プラスチックごみ」で地獄の状態。この問題に、地元とサーフィン界の神様や「空」のイメージがある時計メーカーが一緒に真摯な取...
水質汚染、温暖化によるサンゴの白化、海洋ごみと、海をとりまく環境問題は、どれもとっても深刻な状況です。そのひとつ、毎年800万トン近くが海へと流れ出ている...
クラウドファンディングサイトで話題となったペン型マルチツールの「mininch」。ペンに加えてプラス、マイナス、スクエアといったドライバービットを収納。男...
生活用品大手の「P&Gジャパン」は、日本で初めて海洋プラスチックを使用した製品ボトルを採用。台所用洗剤「JOY」シリーズより、そのボトルを使った「JOY ...
8月1日から販売されている、LEGOの「21318 Tree House」。2018年に同社が発表したサトウキビ由来のポリエチレン製ブロックを使っている新...