プラスチックに代わる「天然素材」に世界が注目!

プラスチックの代替素材として、日本でも馴染みのある「寒天」が注目されています。なかでも日本人のデザイナーグループ「AMAM(アマム)」は、国際コンペティション「LEXUS DESIGN AWARD」で2016年度のグランプリを受賞し話題に。一体どんなものが開発されたのでしょう?

寒天を固めてつくる
プラスチックの代替素材って?

Photo by Kosuke Araki
Photo by Kosuke Araki

上の画像を見ただけでも、フィルム状の薄いものから、厚みのあるクッション、強度のある器にと幅広い用途が見て取れます。素材は、寒天のみを用いたものと、寒天の粉末に紅藻類の繊維やこんにゃく製造などに使われる貝灰を混ぜたもの。お湯と混ぜて型に流し込み、冷凍、解凍、空気乾燥すればできあがり。

冷凍する際に素材が膨張し、スポンジのような構造をした素材へと変貌します。保水剤としても使えて、ゆくゆくは配送用バッグやケーブル用の結束バンド、歯ブラシ、カトラリー、ボールペンなど、幅広い用途に活用できるよう開発が進められています。

寒天の消費量は年々減少傾向にあるそうで、生産量増加は製造業者にとってもウェルカム。大量に廃棄されている紅藻類や貝灰を応用できることもメリットの一つです。

環境負荷の軽減を。

左から、村岡明、荒木宏介、前谷典輝。
Photo by Kosuke Araki
Photo by Kosuke Araki

彼らの調べによると、2012年のプラスチック生産量はおよそ2億8,800万トン。また、同年包装用として使われたものの原材料は、その36%以上がプラスチックでした。もちろんこれらは微生物によって分解されません。その大部分を天然素材由来に置き換えられると考えると、大きなインパクトがありそうです。

また、「Dezeen」は、同じく寒天素材の開発に携わるアリ・ジョンソン氏を紹介しています。彼はアイスランド芸術大学の学生。デザインフェスティバル「DESIGN MARCH 2016」に、寒天素材で作ったボトル状の作品を展示し話題になりました。「True Activist」にはこんなコメントが。

「毎日、大量に生産しては、廃棄しているプラスチックの非現実的な量をどうにかする必要性を感じた。なぜ分解に数百年かかるようなものを、たった一度使っただけで捨ててしまうのだろう?」

プラスチックはとても身近なもの。両者の開発ニュースに、改めて環境問題について考えさせられたという声は少なくありません。「AMAM」は、さらなる研究と技術協力が必要であるとし、パートナー募集への協力を呼びかけています。

Licensed material used with permission by AMAM, Lexus International
人類が発明した便利な素材「プラスチック」。低コストながら加工性も高いので、生活のあらゆる場所で使われていますが、基本的に自然のなかでは分解されず、環境汚染...
マサチューセッツ工科大学(MIT)が開発した新しい素材は、日本の折り紙からヒントを得た「aeroMorph」。布や紙、プラスチックなどのベースに菱形模様を...
海を愛する人々の間で人気を集めている日焼け止めがあります。それは、ミャンマー産の天然素材などを使ってできたクリーム「MANDA」。細かく粉砕した「Than...
7月9日にスターバックスが、プラスチック製ストローの使用を2020年までに全て廃止すると宣言しました。
『Conserve the Sound』は、そんな失われつつある音を集めたWEBサイト。懐かしい!と思った製品をクリックすれば、その音を聴くことができます。
世界でここだけ!日本発のクラフトビール「KAGUA」が樽生で楽しめるビアバーFar Yeast Tokyo Craft Beer & Bao〒150-00...
ガーナの企業が、プラスチックバックを道路として再利用する取り組みをはじめました。自然の影響を受けにくく、従来のアスファルトに比べて3倍は長持ちする新アイデ...
Christina Ramirezさんが立ち上げた「PLUS ULTRA」は、竹から作られた歯ブラシを販売しています。
近年問題となってるプラスチックによる環境汚染。そんな中、プラスチックカップの代替品としての可能性を秘めたプロダクトが開発されました。
環境保全対策の一環で、7月1日にスーパーで配られている使い捨てレジ袋の配布を禁止した同国。矢継ぎ早に使い捨てプラスチック製食器やカトラリー、カップの販売を...
2017年の「fake news(フェイクニュース)」につづき、イギリスのコリンズ英語辞典が選んだ2018年のワード・オブ・ザ・イヤーは「single-u...
施行されたのは1回限りで捨てられてしまう可能性の高いレジ袋やフォーク、ナイフなどのプラスチック製品の使用を禁止する制度です。
現代社会が抱える深刻な環境問題を、あえてユーモラスに伝え、お祭り気分の参加型エコチャレンジとすることで、国境を越えて人々が自発的に取り組んでいる活動を紹介...
先日ニュージーランド政府は、使い捨てのレジ袋の使用を禁止する方針を発表しました。ドミニカ国も似たような方針を発表しました。プラスチック禁止の波は、今世界で...
紙のように薄く、鉄のように硬く、プラスチックのように加工できる。それだけ聞くと夢のような素材ですが、アメリカで開発され、クラウドファンディング「Kicks...
かつお節じゃないけれど、削って使うタイプのドレッシングが登場。サラダのほか温かい料理にも使えて、汎用性ありそうです。
動物のレザーや石油を使う合皮ではなく、天然資源を用いた繊維の開発は、今では国際的な課題と言ってもいいほど。そんななか、スペインの「ananas anam」...
Twitterではハッシュタグ「#PacketInWalkers」をつけて、多くの人がポテトチップスの空袋をポストに投函する様子を投稿しています。
和紙のような、プラスチックのような、布のような……。すべての合間をとったようなこの素材の正体は、なんと革。これは世界初の半透明な牛革でつくられたコレクショ...
アムステルダム近郊で集められたプラスチックゴミを利用して作られてた「フラワーベース」。マーブル模様はひとつとして同じものがありません。
世界初の液体プラスチック「BONDIC」は、「UV(紫外線)」を当てると固まる接着剤です。歯の治療法からヒントを得ているのだとか。まるで、工芸に使う「グル...
水質汚染、温暖化によるサンゴの白化、海洋ごみと、海をとりまく環境問題は、どれもとっても深刻な状況です。そのひとつ、毎年800万トン近くが海へと流れ出ている...
スタンフォード大学と北京大学の研究者により、「ミルワーム」にプラスチックを生分解する能力があることが確認されました。釣りのエサなどで使われることもあります...
浜辺へと漂着したプラスチックゴミだけを使って、ひたすらオブジェをつくるプロジェクト