日本発!紙やプラスチックが不要になる「究極のエコ素材」

夢のようなプロジェクト!

日本のベンチャー企業『株式会社TBM』が開発した『LIMEX(ライメックス)』。これ、紙やプラスチックの代替となる新素材。水や木々、石油が枯渇してしまうと言われている将来を見据えた開発なんです。

『LIMEX(ライメックス)』に使われているのは、なんと「石灰石」。世界各地の埋蔵量も多く、日本の場合は100%自給自足できる資源というのがポイント。石が素材だと聞くとかなり意外にも思えるけど、生分解が可能。要するに、究極のエコ素材。

2014年に国内特許を取得していて、基本特許は20ヵ国以上で登録されています。この日本初の技術が、世界の環境問題に一石投じるかも。

Top image: © 株式会社TBM, 2018 TABI LABO
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
紙やプラスチックの代替素材として注目の「ライメックス(LIMEX)」を軸材に使った世界初のボールペン「uni LIMEX」。
台湾のデザイナーMikey WuさんとFang Shihさんが、タピオカ専用エコカップ「Float」を製作しました。
「これ、欲しい〜!」となるような自転車ではないのだけれど、そのエコっぷりがとっても気になるタウンサイクルがクラウドファウンディング挑戦中だ。どれほど地球に...
究極のエコステイならNZにあるリトリートホテル「シャーウッド・クイーンズタウン」。世界60ヶ国を訪れた旅の達人・四角大輔さんにして「これは世界有数のエコレ...
世代を越え、漢方を広めている神奈川県鎌倉市大船にある「杉本薬局」の杉本格朗さん取材第二弾。漢方への入り口になればと開発した美味しいチャイや薬膳鍋の素の誕生...