世界で最もタフで応用性が高い素材!?「Braeön」とは。

紙のように薄く、鉄のように硬く、プラスチックのように加工できる。

それだけ聞くと夢のような素材ですが、アメリカで開発され、クラウドファンディング「Kickstarter」に登場しました。その名も「Braeön」。

キャンプやDIY、山登りや海遊び、様々なシーンで使えそうですが、もう少し詳しく見ていきましょう。

Abeff015dcadba7b29f1d6b80c5c4f101059c3d3Cf80bfd56123d75e9f94b514695c07b727b592bf

お湯につければ柔らかく
冷えれば即固まる

45af10050dc22e10ddbe4a1ea331a6a1072c0e90

「Braeön」は高強度かつ軽量なプラスチックリボンで、その使い方はとても簡単。まずは60℃以上のお湯につけて温めます(熱風でも可)。その後、加熱しながら形を作り、固定すればOK。冷えると自然に固まります。

調整したい場合は再び加熱すれば、加工できるようになるとか。

金属に匹敵する
圧倒的な強度

なんだか細い養生テープのような頼りなげな見た目とは裏腹に、その強度はスチール並みで圧倒的。引っ張り強度はおよそ1トン。

C1b3fe0fb8369b3addaff0aae8e30bd17158ecce

見るからに屈強な、アメリカの力自慢たちが本気を出しても、一向に切れません。

A4ed8622089f1cfbc730e703912065cf9257e341Abdeeb40413b3d763b6a9aeaab8f5a6c549bc562

一旦硬化すると、チェーンソーで切るのもひと苦労するレベルに。

重量物の牽引からギプスまで
使い方はアイデア次第

温めれば簡単に形状を変えられるため、かなり使い勝手が良く、とくにアウトドア派の人なら使いたいシーンが次から次へと思い浮かぶはず。

ワイヤー代わりに使えば、ボートの牽引だってなんのその。

140a9d16c3af5e63ef77ea9bd730168f68d189e4

自分の手にぴったり合った、ナイフの持ち手なども作れます。

ケガをしたときには、ギプスの代わりにまで。

しかも、30mで500gほどときわめて軽量なので、バックのなかに忍ばせておくのも苦じゃありません。

F14973611cf74d80aea648a9af226c3ddd32ab55

この「Braeön」、すでにKickstarterで75,000ドル(約800万円)の支援を集め、現在はプロジェクト受付終了の模様。

市販されるかどうかはまだ未定ですが、その信憑性の確認やテストも含めて一度使ってみたいという人は多いはず。

Licensed material used with permission by Braeön
マサチューセッツ工科大学(MIT)が開発した新しい素材は、日本の折り紙からヒントを得た「aeroMorph」。布や紙、プラスチックなどのベースに菱形模様を...
可愛いからってついつい買ってしまうマスキングテープ。でもその使い道に困ってしまうこともあるのでは?そこで、台湾のイラストレーターが意外な使い方を教えてくれ...
BBQやキャンプ料理といった“アウトドアごはん”についてまわる、面倒な「食器洗い問題」。そんな憂鬱な気持ちを吹き飛ばしてくれる、アウトドア視点の素敵なアイ...
旅先の宿の選択肢として、今や欠かせない存在になったAirbnb。個人宅に泊まる体験も魅力ですが、すでにアメリカのミレニアル世代の間では、これのアウトドア版...
斬新なアイデアを採用したイヤホンの紹介です。
静岡県熱海市の建具屋、西島木工所で作られている「face two face」は、片面はウッドプレート、もう片面はまな板として使える便利アイテムです。素材は...
「UCO Gear」が開発した防水マッチは、見たことがないくらいタフで、風や雨の影響をものともしません。
プラスチックの代替素材として、日本でも馴染みのある「寒天」が注目されています。なかでも日本人のデザイナーグループ「AMAM(アマム)」は、国際コンペティシ...
調理から薪割りまで、アウトドアシーンで一本あると何かと便利で頼りになる「ナイフ」。手に取りやすい価格でありながら、高い実用性と抜群のかっこよさを誇るモデル...
アウトドアブランド「ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)」が開発を進める、新製品のアウタージャケットに、いま世界のアパレル業界が注視してい...
どちらもスペックは良くないけど、そもそもかわいさと安さしか求めてなかったのでオールオッケー!『フライング タイガー コペンハーゲン』さまさまです。
イギリスのリンカン大聖堂にディスプレイされた馬の彫刻。実物大の迫力もさることながら、驚かされたのはその素材なのだ。答は、なんとA4サイズの紙なのだ!?これ...
文字や数字をテープに打ち込める〈DYMO(ダイモ)〉のテープライター。書類のファイルや備品などを整理するのに使われる事務用品というイメージが強く、あんまり...
高強度ありながら“肌に最も近い素材”と言われる、ハイドロゲル製のコンドームの開発競争が、近年激化しています。この次世代型コンドームの登場により、エイズウイ...
「グラフェン」という素材を知っていますか? これは、炭素原子を六角形に並べてできた、原子ひとつ分という極めて薄いシート状の構造のこと。非常に強度が高いこと...
もうプールの季節は終わってしまったけど、「マーメイド・エクササイズ」は来年あたりに日本でも流行りそうだな〜。
機能的にはごく普通のコーヒーミルで、ローテクではあるのですが、アウトドア好きかつデザインにこだわりたい人にはぴったりかも。単純に見た目がオシャレなので、自...
ファッションやアウトドアのシーンで人気の「サコッシュ」を超える勢いで話題となっている「チェストバッグ」。高い機能性と利便性、そしてなによりカッコいいスタイ...
強くて、軽くて、自然にも肌にもやさしいフットウェア。アディダスが、100%生分解性の素材を使ってランニングシューズをつくった。プロトタイプ「adidas ...
「WOLVERINE PACK」と名づけられたこのナイロンバッグ。何といっても注目すべきポイントは、素材だろう。Regenerative FuseFabr...
「マステ」は、株式会社マークスのマスキングテープブランド。現在、これを使ったアート展が東京・表参道ヒルズで開催中。色鮮やかでカワイイ作品に対して...
「Ga-Mant(ガーマント)」は、透湿、防水、撥水と三拍子そろった素材に加え、ダブルZIPにサイドスリットと、動きやすさもバッチリ。ファッションとしての...
アウトドアがまたひとつ難解になった。週末のたびに野山にこもったり、シーズンごとに登場するギアをウォッチするほどのギークではないけれど、クライマーやハイカー...
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.56