デパ地下のお惣菜「リユース可能な容器」で販売

デパ地下にもサステイナブルの波。

日本橋三越本店」本館地下1階食品フロアの一部ショップにおいて、今月末の28日(日)まで、リユース容器を使った惣菜の販売を実施している。

これは、東京都が推進するプラスチック削減の取り組みに株式会社三越伊勢丹(以下、三越伊勢丹)が小売業としてトライアルをスタートさせたもの。

小分けされたサラダ、揚げ物、煮物。100g単位の「ちょっとだけ」だったとしても、デパ地下の惣菜といえば、プラスチック容器。持ち帰ればお皿に盛り替えるわけで、あとはゴミとして捨ててしまう。それが当たり前に思えてしまっていたけど、考えてみればもったいないハナシ。

ワンウェイ(使い捨て)文化からどう抜け出すか?

そこで、三越伊勢丹は、テラサイクルの容器再利用事業「Loop」が進める「Takeout Bento Project」に参画。リユース容器を活用したビジネスモデルのトライアルに乗り出したというわけだ。

©株式会社 三越伊勢丹ホールディングス

惣菜コーナーにて、リユース可能な容器での惣菜購入を希望した場合、専用リユース容器に商品を詰めて持ち帰る。後日、容器を店舗に持参。「Loop」が店舗より容器を回収・洗浄したのち、店舗で再利用されるという仕組み。なお、リユース容器にはデポジット代330円が必要となる。

たしかに手間は増える。それでも、未来に向けて持続可能な社会をつなぐには、企業だけの努力では成り立たない。消費者にだって当然、努力が求められる。

そう考えると、やがてはマイバッグのようにマイ容器持参なんていう日が来てもおかしくない。アノ超人気ラーメン店の一部で鍋を持参してテイクアウトしてもらうように?

Top image: © 株式会社 三越伊勢丹ホールディングス
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

「バーガーキング」がTerraCycle社の「Loop」とパートナーシップ契約を結び、2021年から再利用可能な容器を採用することになったのだ。
新発売された簡易食品容器「BPM」は、従来のパルプモールド容器問題を解消し、最後は水分と温度が適度な環境下に置くことで生分解される。原料に使用される「孟宗...
「Cosme Kitchen (コスメキッチン)」や「ecostore(エコストア)」を運営する「マッシュビューティーラボ」が、使い終わったコスメ容器を回...
今月から「日本環境協会」運営する認定制度「エコマーク」にて、海洋プラスチックごみを再生利用した製品を対象とする認定がスタートした。
2021年3月27日(土)の20時30分から、世界最大級の消灯アクション「EARTH HOUR」が実施。
「イオン」は持続可能な社会の実現に向け、2020年の秋より、再利用可能な容器を使用したショッピングプラットフォーム「LOOP(ループ)」に参画する。
「YKK」が海洋プラスチックごみを主原料としたファスナー「NATULON Ocean Sourced(ナチュロン オーシャン ソースト)」を開発。スリラン...

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
たとえ、誰からも理解されなくても、認められなくたって、コツコツとひたむきにひとつゴトに取り組んできた人々。人生の多くの時間を費やしてきた「愛すべきバカヤロ...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...