デパ地下のお惣菜「リユース可能な容器」で販売

デパ地下にもサステイナブルの波。

日本橋三越本店」本館地下1階食品フロアの一部ショップにおいて、今月末の28日(日)まで、リユース容器を使った惣菜の販売を実施している。

これは、東京都が推進するプラスチック削減の取り組みに株式会社三越伊勢丹(以下、三越伊勢丹)が小売業としてトライアルをスタートさせたもの。

小分けされたサラダ、揚げ物、煮物。100g単位の「ちょっとだけ」だったとしても、デパ地下の惣菜といえば、プラスチック容器。持ち帰ればお皿に盛り替えるわけで、あとはゴミとして捨ててしまう。それが当たり前に思えてしまっていたけど、考えてみればもったいないハナシ。

ワンウェイ(使い捨て)文化からどう抜け出すか?

そこで、三越伊勢丹は、テラサイクルの容器再利用事業「Loop」が進める「Takeout Bento Project」に参画。リユース容器を活用したビジネスモデルのトライアルに乗り出したというわけだ。

©株式会社 三越伊勢丹ホールディングス

惣菜コーナーにて、リユース可能な容器での惣菜購入を希望した場合、専用リユース容器に商品を詰めて持ち帰る。後日、容器を店舗に持参。「Loop」が店舗より容器を回収・洗浄したのち、店舗で再利用されるという仕組み。なお、リユース容器にはデポジット代330円が必要となる。

たしかに手間は増える。それでも、未来に向けて持続可能な社会をつなぐには、企業だけの努力では成り立たない。消費者にだって当然、努力が求められる。

そう考えると、やがてはマイバッグのようにマイ容器持参なんていう日が来てもおかしくない。アノ超人気ラーメン店の一部で鍋を持参してテイクアウトしてもらうように?

Top image: © 株式会社 三越伊勢丹ホールディングス
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

「バーガーキング」がTerraCycle社の「Loop」とパートナーシップ契約を結び、2021年から再利用可能な容器を採用することになったのだ。
新発売された簡易食品容器「BPM」は、従来のパルプモールド容器問題を解消し、最後は水分と温度が適度な環境下に置くことで生分解される。原料に使用される「孟宗...
容器の繰り返しの使用における衛生面での課題、プラスチック容器の廃棄で生じる環境面での課題。その両方を解決する革新的な「ディスペンサー」を「nendo」がデ...
「Cosme Kitchen (コスメキッチン)」や「ecostore(エコストア)」を運営する「マッシュビューティーラボ」が、使い終わったコスメ容器を回...
BBQやキャンプで盛り上がるスイーツの定番と言えば、焼いたマシュマロをサンドした「スモア」が真っ先に思いつくけど、今年は「バウムクーヘン」で盛り上がろう!
今月から「日本環境協会」運営する認定制度「エコマーク」にて、海洋プラスチックごみを再生利用した製品を対象とする認定がスタートした。
「イオン」は持続可能な社会の実現に向け、2020年の秋より、再利用可能な容器を使用したショッピングプラットフォーム「LOOP(ループ)」に参画する。
「YKK」が海洋プラスチックごみを主原料としたファスナー「NATULON Ocean Sourced(ナチュロン オーシャン ソースト)」を開発。スリラン...
生活用品大手の「P&Gジャパン」は、日本で初めて海洋プラスチックを使用した製品ボトルを採用。台所用洗剤「JOY」シリーズより、そのボトルを使った「JOY ...
「University of California, Los Angeles(通称:UCLA)」が管理する研究所「Lawrence Berkeley Na...
「アディダス ジャパン株式会社」と「オールバーズ合同会社」が、コラボレーションによるランニングフットウェア「FUTURECRAFT.FOOTPRINT」を発表。
石油でできたプラスチックを撤廃し、完全植物性の材料でできたプラスチックを開発する「Paper Bottle Project」。このボトルは1年以内に自然腐...
水質汚染、温暖化によるサンゴの白化、海洋ごみと、海をとりまく環境問題は、どれもとっても深刻な状況です。そのひとつ、毎年800万トン近くが海へと流れ出ている...
株式会社コーセーは、イオンスタイル上尾とテラサイクルジャパン合同会社との3社で、「海洋プラスチックごみ」からリサイクルした再生樹脂を使用した「買い物かご」...
フランスの大手化粧品メーカー「ロレアル」が紙製の化粧品チューブを開発。ロレアルは10年前からライフサイクルアセスメントを実施しており、紙製のほうが環境影響...
最近、環境情報誌「Environment International」に掲載された研究で、バイオプラスチックには有害物質が含まれている可能性があると明らか...
個人でもワンコインから屋上緑化に協力できるサービス「Beeslow Club」がリリース。
近年問題となってるプラスチックによる環境汚染。そんな中、プラスチックカップの代替品としての可能性を秘めたプロダクトが開発されました。
54ヵ国中30ヵ国がなんらかのプラスチック袋の規制を設けている、エコ大陸「アフリカ」。6月1日より、タンザニア政府は国内へのプラスチック袋の持ち込みを禁止...
「パッケージはエコな生分解性の素材から作るべきだ!」と謳うサステイナブルなブランドが、キノコの菌糸体を使ってプラスチックのように機能するパッケージ材料を開発。
興味はあるけど、何からやればいいのかわからない。有識者の話は参考にしにくい。それならまずは身近な人の体験談を聞いて、次のアクションの参考にしてみようという...
サーフ天国・バリ島はビーチが「海洋プラスチックごみ」で地獄の状態。この問題に、地元とサーフィン界の神様や「空」のイメージがある時計メーカーが一緒に真摯な取...
ホットドッグにかけるケチャップとマスタードでお馴染みのあのプラスチック容器。そんな「パキッテ」を“五感”で楽しめむことができる『みんなのパキッテ展』が秋葉...
「ローカルフードサイクリング株式会社」は、畑や庭などを所有していない都市部に住んでいる人でも家庭からの生ごみを減らすことができる「LFCコンポスト」の販売...
サンフランシスコ市は、市内にある全ての飲食店で「プラスチック製ストロー」の提供を禁じる。プラごみの海洋流出をはじめとした環境問題対策として、すでに7月1日...
環境負荷を低減するパッケージに注目が集まるなか、「凸版印刷」が新機能パッケージ「チューブな紙パウチ」を開発。
中国の国家発展改革委員会が発表した報告書によると、2020年末までに主要都市でのビニール袋の使用を禁止。25年末までには中国全土で使用が禁止されるという。
千葉市と「ミニストップ」は、通常のレジ袋の代わりに市指定の可燃ごみ袋をレジ袋として販売する実験を開始。
プラスチックの消費期限を印刷したシール。途方に暮れてしまう期間を見て、問題の深刻さが心に突き刺さる……。
大切な思い出が詰まったものだが、リユースには向かないアクセサリーや宝石などのカケラを「万華鏡」に生まれ変わらせるサービスを、ジュエリーの製造・販売を手掛け...