「KFC」でレシートやメニューが「ナプキン」に!?

ケンタッキーといえば、手や口のまわりを油でベタベタにしながら頬張るのがひとつの醍醐味。でも、食中&食後には大量のペーパーナプキンが必要に......。

そんなナプキンにちなんだ、UAEとレバノンの「KFC」のキャンペーンが話題を呼んでいる。そのキャンペーンとは、店内のあらゆる装飾を「Napkinized(ナプキン化)」してしまうというもの。

チラシレシートはもちろん、フードバッグからメニューポスターに至るまで、生分解性のインクを使ったUVプリンターで印刷された”紙っぽいもの”は、すべて「ナプキン」として使用可能。これで注文の際に「ナプキンが多めにほしい」なんていう必要もなし。

サステイナビリティの重要性をアピールするための取り組みの一環だが、奇想天外なアイデアとユニークネスで見事に話題に。大量の包装廃棄物が問題視されるファストフードチェーンのなかでも環境保護に力を入れる「KFC」の今後のアクションにも注目だ。

 

© kfcarabia/Instagram
Top image: © 2020 NEW STANDARD
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事