KFCのバケツが「バケットハット」に

KFCのバケツが「バケットハット」に

フライドチキンを入れる容器として提供されるケンタッキーフライドチキン(KFC)のバーレル。バケツと呼んでいる人もいるかもしれない。「何ピース頼めば、バケツに入れてくれるの?」なんて疑問はよく耳にする。だが、そこは本題ではない。

ロシアのKFCとファッションブランド「Мам, купи!」のコラボキャンペーンとして、バケツをバケットハットにして販売し始めたのだ。企画はオランダのクリエイティブエージェンシー「Wieden+Kennedy Amsterdam」によるもの。

ちなみに、ロシア限定だが購入可能。値段は約3000円だ。

最近リブランディングに力を入れているKFC。ストリートファッションに手を出すのは意外だったが、写真にはかなりこだわりを感じる。

好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
9月5日、マレーシアの「ケンタッキーフライドチキン(KFC)」がアパレルを販売する。同国に拠点を置くアパレルブランド「Pestle & Mortar Cl...
カナダの「KFC」が竹繊維を利用した容器を導入。2025年までにプラスチック製の包装材を全店舗から撤廃するとのことだ。
先週末開催された、マイアミの「Ultra Music Festival」にDJとして参加したカーネルおじさん。イベント前から、KFCがインスタグラムアカウ...
南アフリカ共和国のケンタッキーフライドチキン(KFC)の公式ツイッターアカウント。ここが、自社に関係するある話に「フェイクです」と一蹴した出来事がありまし...
だし巻き玉子に衣をつけてフライにし、まぐろ節をふんだんに練り込んだ専用食パンでサンドする。新ブランド「だし巻揚げサンド専門店 まいてあげる」がオープン。
マクドナルドやバーガーキングに続いて、ケンタッキーフライドチキン(KFC)もヴィーガンに対応すると発表しました。イギリスのいくつかの店舗にて、期間限定でフ...
オランダの「National Week Without Meat」に合わせ、「KFC」が期間限定ながら世界唯一の完全ベジタリアン仕様の店舗にすると発表。
クリスマスには「七面鳥」という伝統をブラックなユーモアでディスる「KFC UK and Ireland」のアニメーションCM。
米「ケンタッキーフライドチキン」が運営するeスポーツ専用アカウント「KFC Gaming」で、新たなゲーム機かと思われる「KFConsole」のティーザー...
今月初め、「KFC」がイギリスで新たに販売する「ヴィーガンバーガー」をテーマにした1本の動画をTwitter上で公開。キャンペーンの一環として投稿されたこ...
今もっとも注目を集めているといっても過言ではないカリスマ的ラッパー、トラヴィス・スコットが発売した新商品が話題に。発売されたアイテムは、コットン100%の...
2018年12月13日、アメリカのケンタッキーフライドチキン(KFC)が、フライドチキンの香りがする薪を販売しました。
「クロックス」と「KFC」がコラボアイテムの販売を発表。見た目も匂いもケンタッキーフライドチキンなサンダルとは?
英KFCは、新型コロナウイルスの流行により、「Finger lickin'good」というフレーズを掲げたPRキャンペーンを一時休止する事態に至ったという。
オーストラリアのAlice Springsにあるケンタッキーフライドチキン(KFC)のオーナーが、「ミシュランさん、星をください!」と猛アピール中。
今春、フライドチキン味のマニキュアで話題をさらったKFCが、クリスマスを前にまたもユニークなアイテムを開発。今度はなんとキャンドルです。本来、癒しやリラッ...
キャッシュレス時代にぴったりな、スマートにカードを取り出せるスライド式ウォレットをご紹介。
滑らかにする、というより感度を高めて濡れやすくする。塗って少しすると、じんわり熱くなってくるんです。
UAEとレバノンの「KFC」が店内のあらゆる装飾をペーパーナプキン化してしまう「Napkinized」キャンペーンをスタート!
日本ケンタッキー・フライド・チキン」は、調理済みの商品を横浜市内の「こども食堂」などに無料で提供する取り組みを11月からスタートしている。
「指を舐めたくなるほど美味しい('It's finger lickin'good')」は、同社のスローガン。まるで、エイプリルフールネタのようですが、ウソ...
新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、中国の「ケンタッキー」は、人との接触なく商品を受け渡しをする「コンタクトレスデリバリーサービス」を開始。
思い返してみると、「ケンタッキーフライドチキン」が手掛ける食以外のプロダクトは、面白いものでたくさん。フレイバーまでこだわったマニキュアがあれば、食欲をそ...
ロシア・モスクワ郊外Rublyovo-Arkhangelskoyeというエリアで、壮大なスマートシティプロジェクトが進められるようです。このコンペに勝利し...