KFCのバケツが「バケットハット」に

KFCのバケツが「バケットハット」に

フライドチキンを入れる容器として提供されるケンタッキーフライドチキン(KFC)のバーレル。バケツと呼んでいる人もいるかもしれない。「何ピース頼めば、バケツに入れてくれるの?」なんて疑問はよく耳にする。だが、そこは本題ではない。

ロシアのKFCとファッションブランド「Мам, купи!」のコラボキャンペーンとして、バケツをバケットハットにして販売し始めたのだ。企画はオランダのクリエイティブエージェンシー「Wieden+Kennedy Amsterdam」によるもの。

ちなみに、ロシア限定だが購入可能。値段は約3000円だ。

最近リブランディングに力を入れているKFC。ストリートファッションに手を出すのは意外だったが、写真にはかなりこだわりを感じる。

好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
9月5日、マレーシアの「ケンタッキーフライドチキン(KFC)」がアパレルを販売する。同国に拠点を置くアパレルブランド「Pestle & Mortar Cl...
先週末開催された、マイアミの「Ultra Music Festival」にDJとして参加したカーネルおじさん。イベント前から、KFCがインスタグラムアカウ...
南アフリカ共和国のケンタッキーフライドチキン(KFC)の公式ツイッターアカウント。ここが、自社に関係するある話に「フェイクです」と一蹴した出来事がありまし...
マクドナルドやバーガーキングに続いて、ケンタッキーフライドチキン(KFC)もヴィーガンに対応すると発表しました。イギリスのいくつかの店舗にて、期間限定でフ...
2018年12月13日、アメリカのケンタッキーフライドチキン(KFC)が、フライドチキンの香りがする薪を販売しました。
オーストラリアのAlice Springsにあるケンタッキーフライドチキン(KFC)のオーナーが、「ミシュランさん、星をください!」と猛アピール中。
今春、フライドチキン味のマニキュアで話題をさらったKFCが、クリスマスを前にまたもユニークなアイテムを開発。今度はなんとキャンドルです。本来、癒しやリラッ...
「指を舐めたくなるほど美味しい('It's finger lickin'good')」は、同社のスローガン。まるで、エイプリルフールネタのようですが、ウソ...
思い返してみると、「ケンタッキーフライドチキン」が手掛ける食以外のプロダクトは、面白いものでたくさん。フレイバーまでこだわったマニキュアがあれば、食欲をそ...
ロシア・モスクワ郊外Rublyovo-Arkhangelskoyeというエリアで、壮大なスマートシティプロジェクトが進められるようです。このコンペに勝利し...
「The Moscow Times」が報じた、とんでもないニュース。ロシアのサランスクで発生したチョコレート盗難事件は、スーパーで万引きなんてのとは規模が...
ファーストフード業界で繰り広げられているお茶目なテクノロジー合戦。ドローンや無人バイクなど未来ネタで攻めるドミノ・ピザや、店内のトレーにキーボード機能をつ...
8月31日、ロシアのドミノピザが「私たちのロゴのタトゥーを入れてくれたら、100年の間“年100枚”のピザをプレゼントします」と発表しました。
ロシアの配車サービス「Yandex.Taxi」が導入しているテクノロジーの紹介。
ロシア・ウラジオストクのランドマークである長さ約1300mにもわたる「ゾロトイ橋」。11月某日、どう見ても様子が異なる集団が、車両専用のこの橋を渡ろうとし...
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
ピザハットが、10月30日、ピザを焼きながら配達もこなせるトラック「Tundra PIE Pro」を製造した旨を発表しました。
18世紀に貴族の間で広まった田舎のセカンドハウスは、ロシアの建築と文化において特徴的な存在であり、今もその人気は衰えていない。ロシアのセカンドハウス事情は...
驚異的なパフォーマンスにはビックリで、アクロバティックな演奏がスゴい!
ケンタッキーフライドチキンが「従業員限定」として公開した動画は、ケンタッキーのフライドチキン作りをマスターするまで、外に出られないという驚きの脱出ゲームV...