内モンゴル「ゲル型のKFC店舗」が誕生

中国・内モンゴル自治区にある響沙湾という地区は、同国初となる砂漠のリゾート地

広大な砂漠にさまざまなアクティビティが用意され、毎年多くの観光客が訪れる人気スポットだ。

そんな同地に誕生したファストフードチェーン「KFC」の店舗が、中国版Twitter「Weibo」にて大きな話題となっている。

先日オープンしたこの店舗、なんとモンゴルの伝統的移動式住居「ゲル」の中に入居しているのだ。

© WhatsOnWeibo/Twitter

なかなかに異彩を放つゲル型KFC

「Weibo」上では、「まさしく“入乡随俗”(郷に入っては郷に従えという意味のことわざ)」、「デリバリーはラクダが担当するのか?」などのコメントが寄せられているようだ。

じつは「KFC」、中国で「マクドナルド」の2倍近い5000店以上を展開している。他にも中国国内には、さまざまな歴史的建造物に入居したKFCがあるとのこと。

中国観光の際には、その土地に馴染んだ“グローバル・チェーン店”を探してみるのも面白いだろう。

Top image: © iStock.com/Goddard_Photography
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事