モンゴル遊牧民の住まい「ゲル」がグランピングテントになって上陸!

モンゴルの大平原に暮らす遊牧民の住まいとして知られる「ゲル」が、自家用のグランピングテントになって日本上陸。クラウドファンディングサイト「GREEN FUNDING」にて販売中だ。

組み立て時間はわずか15分最大12人を収容できる特大サイズでありながら、折り畳めばなんとゴルフバッグ程度のコンパクトサイズに。

また、シーズンを選ばず利用できる点も魅力のひとつで、夏はメッシュ付きの窓を開けて空気を通し、冬は風をシャットアウトして暖かさをしっかり保ってくれる。さらには排煙機能も有しているため、室内で薪ストーブの使用も可能だ。

耐風性耐震性に優れており、災害時や緊急時の避難場所としても活躍。防カビや結露対策もバッチリなので、安心して利用することができる。

過酷な環境下で生まれたゲルをアーバンライクにアップデートしたこのゲルテントなら、アウトドア初心者からコアなキャンパーまで、かつてない快適な時間を過ごせること間違いなしだ。

モンゴルゲル テント アウトドア グランピング
©ゲルジャパン
モンゴルゲル テント アウトドア グランピング
©ゲルジャパン
モンゴルゲル テント アウトドア グランピング
©ゲルジャパン

『ゲルテント』
【商品ページ】https://greenfunding.jp/piucrowdfunding/projects/3882

Top image: © ゲルジャパン
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

北モンゴルのタイガの森で暮らすトナカイの遊牧民「ツァータン」の家に宿泊できるAirbnbプラン。ローカルフードも食べられてカルチャー体験もできる濃いプラン。
距離はそこまで離れてはいないけれど、なかなか足を運ぶキッカケがない。モンゴルには、どこか“近くて遠い”印象がありませんか?ここで紹介するのは、そんな同国の...
ハッチバック車に接続できる画期的なポップアップテント「CARSULE」が、いよいよ日本に上陸。キュービック型のそのビジュアルはまさにリビングルーム。アウト...
イスラエル発、元軍人が開発したソロテント「RhinoWolf2.0」。
外出困難者が“分身ロボット”で働く「分身ロボットカフェDAWN ver.β」が2021年6月、日本橋エリアでオープンする。
京都・河原町の人気ホテル「GOOD NATURE HOTEL」が、アウトドア体験にどっぷり浸れる宿泊プランの予約販売をスタート。
牧畜文化と小麦文化の交流の中で生まれたモンゴル家庭料理「ホーショール」について。

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
近年注目を集めた雪駄×スニーカー「unda-雲駄-」からアップデートモデル「unda 2.0」が登場。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
ワンタッチで変形、拡張するバッグの日本上陸に向けたプロジェクトが、クラウドファンディングサービス「Kibidango」に登場。