文房具コレクターの「定番品」が気になる。

ずっと気になっているInstagramがある。「白いテーブルに文房具を置いて写真を撮ります そして時々バランスをとります」というメッセージと共に、ひたすら文房具(ほとんどがアンティーク)をアップし続けているアカウント。

この文房具、見たことある?

今の電卓が生まれる前のアナログ計算機。そろばんは今でも見る機会があるけど、電卓の前身は初めて見た。どうやって使うんだろう...?

これは、タイプライターの文字を消す為の消しゴムだそう。

石筆と石板。書き心地は、黒板みたいな感じなのかなぁ。

コレクションの中で、最小サイズのペンシル(伸縮式で、伸ばすと約82mm、縮めると約45mm)。

入れ子になったグラシン紙の封筒。

大きな古いコンパス。丁寧に作られているところに惹かれたそう。

文具コレクターの定番品とお気に入り。

10年以上前から文房具を集めはじめたというアカウント名nrpqさん。

数あるコレクションの中で、実際によく使うのは、チェコの文房具メーカー「コヒノール」の1500番の鉛筆(上の写真)や、ドイツの「ファーバーカステル」の9000番の鉛筆なんだとか。

この箱には、特にお気に入りのアイテムだけが収納してある。

数あるコレクションの中でも、こうして特に気に入ったり定番品になるのは、どんなアイテムなんだろう?

難しい質問ですが、"かつては当たり前だったけど、もう新たに作られることはないであろうモノ "に惹かれているんだと思います。そして過度にデザインや装飾が施されておらず、その時代の日常に転がっていたようなモノ。今のモノにはない質感や素材、技術が普通に存在していたことに、新鮮さとうらやましさを感じます。

鉛筆ひとつ取っても、軸部分のニスの塗り、刻印の入れ方やフォント、紙のラベルのデザインや印刷の質感など、古くて良い鉛筆には見どころがたくさんあります。今これとそっくり同じモノを作ろうとすると、きっと1ダース何万円と言う値段になってしまうのではないでしょうか。

技術や需要、社会構造の違いもあるので、単純に昔のモノは良かったと言うつもりはありませんが、鉛筆のように商品として完成されてから長い年月が経っているモノに関しては、古いモノの方が圧倒的に魅力を感じます。

ひと手間加えて「自分の物」にする。

nrpqさんが使っている木製の筆箱。最近、布やレザー素材のペンケースが多いから、「筆箱と呼ぶにふさわしい筆箱」を見るのってずいぶんと久しぶりだ。

細長い方の筆箱には、自分で古いイギリスの書類を切って底に敷いているらしい。「古いものに少し手を加えるだけで、ちゃんと自分のものになった気がする」んだとか。

使用済みの荷札からも、茶色の厚紙(玉止)を捨てずにとっておいているそうで。濡らして解体し、洗って色をくすませたり、コーヒーで染めたりと、細かいこだわりが...。手を加えたら、気に入った紙でタグを作り直したり、パンチ穴を補強する時に使う。これは本当に文具好きではないと、生まれない視点。

ところでnrpqさん、ebey、etsy、ヤフオク、輸入雑貨店、蚤の市、フリマなんかでこれらの文房具を地道に集めているんだって。つまり「アンティークの文房具を集めてみたい!」と思えば、私にだってできるってことか。

気になる彼の職業を伺ってみたところ、「普通の会社員をしています」とのこと。いつかお目にかかりたい…。

Licensed material used with permission by nrpq

関連する記事

食べられるインクや、懐かしのペンまで自由に使える表参道で人気を集める「文房具カフェ」 文房具カフェ〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4丁目8-1htt...
紙やプラスチックの代替素材として注目の「ライメックス(LIMEX)」を軸材に使った世界初のボールペン「uni LIMEX」。
ライフスタルショップ「THINK OF THINGS(シンクオブシングス)」から、用途のない文房具がデビュー。
「マステンダー」は、おしゃれなファッションアイテムとして気軽に取り入れたくなるような、かわいいサスペンダーを作りたいーという想いから企画された「マスキング...
米国発のブランド「KEEN」が、今月から月間で、地球環境について考える活動「Detox the Planet」を展開して、2025年までのPFC-FREE...
やっぱり文具は定番品がいい。長年愛されて存在し続ける理由がそこにはあるのだ。僕が使っているメモのセットは、メモパッドの定番中の定番、〈ロディア〉の「NO....
ここで紹介するのは、文房具マニアの少年・山本健太郎くん(当時小学6年生)が作った『文房具図鑑』。れっきとした「本」です。元々、夏の自由研究としてまとめたも...
自信を持って推せる台湾雑貨のお土産を選びたい。行ってみたいのが『物外設計』という文具ブランドのお店。なかでも「Y STUDIO」シリーズは、女性の手にも映...
写真は黄色ばかりですが、それ以外も。ビビッドカラーのカラバリがある文房具をピックアップしました!
昨年35,000 人が来場した日本最大級の文具の祭典「文具女子博」の今年のテーマは「文具浪漫」。ここでしか買えないアイテムを含む約50,000点を揃えるほ...
英・豪華客船「タイタニック号」の沈没事故から109年目を迎える今年、ボストンを拠点とする「RR Auction」が、同船で上級無線通信士を務めたJack ...
2018年から毎年6月に開催されてきた人気イベント「文具と紙と暮らし市@神戸」が、場所をネット上に移し、6月5日〜6月30日にオンラインショップとしておこ...
6月19日、ラスベガス市が駐車違反の反則金を支払う代わりに、学校への文房具の寄付をしてもいいと認めました。
アメカジアイテムの定番のデザインパターンである「ヒッコリーストライプ」の歴史とデザインについてご紹介。
「Makuake」にて、PCや文房具などすべてをポケットに入れて持ち運べる便利なアウター「着るリュック」が先行販売を実施中。
忠孝新生駅(台北市内)近くの『Plain Stationery Homeware & Cafe』。生粋の文具マニアであるタイガー・シェンの有名文具店ではク...
先週10月22日(木)から規格外品を集めた展示販売イベント「NO PROBLEM store」が「パスザバトン表参道店」内の「パスザバトンギャラリー」で開催中。
フランスの大手化粧品メーカー「ロレアル」が紙製の化粧品チューブを開発。ロレアルは10年前からライフサイクルアセスメントを実施しており、紙製のほうが環境影響...
たしかに使用用途には納得するけれど、そんなシチュエーションがまずない!そんな不必要な発明品ばかりを作り、紹介&販売しているサイト。
コレクターが多い資生堂パーラーの洋菓子シリーズは、プレゼントを選びに銀座へ足を運ぶことも含めて、楽しい贈りものです。

おすすめ記事

3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
「リクルート住まいカンパニー」が昨年12月から今年1月にかけて実施した「SUUMO住みたい街ランキング2021 関東版」の結果をご紹介。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...
エネルギー資源の浪費を抑えた、環境にやさしい持続可能な暮らし方。今や現代人の共通言語として定着した感がある。モノを所有せず、シンプルに暮らす「ミニマリスト...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
壁に向かって、ということなら話しは別だけど、それにしたって視界にはいろんな情報が入ってくる。たとえそれが自分の家だったとして。じゃない?
「Goldwin」の2021年春夏シーズンのコレクションがローンチ。
「THE NORTH FACE」から、3Dカーボンプレートを搭載したトレランシューズが発売。エネルギー効率を徹底的に意識し、より速さを追求するランナーにぴ...