日本初!「名前とQRコード」が一度に捺せるスタンプ

6月1日、「シヤチハタ株式会社」がQRコード付きのネームスタンプを発売した。

「myQR」は、SNSやブログ、ホームページなどのURLをQRコードに変換し、名前と一緒に捺すことができるというもの。

捺された印影のQRコードをスマートフォンで読み取ると、登録されたサイトにつながり、動画写真でプロフィールなどを伝えることが可能。特定の人だけにメッセージを伝えることができるため、お店からのオリジナルサービスの案内、趣味や自分の作品実績の紹介履歴書年賀状など、ビジネスから日常生活まで多様な用途で活用できそうだ。

書体のバリエーションは、楷書、行書、隷書、古印、勘亭流、クラフト墨、丸ゴシック、てん書の8種類と非常に豊富。最大6文字、横書きと縦書きどちらでも作成することができる。

名前と合わせて、QRコードで自分らしさを伝える。そんな新たな“自己紹介”が相手の記憶に残ることは間違いない。

©シヤチハタ株式会社
©シヤチハタ株式会社
Top image: © シヤチハタ株式会社
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
米大手ハンバーガーチェーン「バーガーキング」のテレビCMが、ネット上で話題に。画面を動き回るQRコードを読み取れたら「ワッパー」の無料クーポンをゲットでき...
昨年35,000 人が来場した日本最大級の文具の祭典「文具女子博」の今年のテーマは「文具浪漫」。ここでしか買えないアイテムを含む約50,000点を揃えるほ...
ひたすら文房具(ほとんどがアンティーク)をアップし続ける気になるアカウント。
誰が大麦を栽培したのか?ちゃんと食品検査は行われているのか?どこで醸造されたのか?お店に売られるまでの情報をぜ〜んぶ追跡できるのが、カナダ生まれの「Boc...
非常食は買って備えるだけでなく、日常から消費し、常に一定量を自宅に備えていくという方法を意味する「ローリングストック」。この記事では企業のローリングストッ...
フランスで創設された「LinkedOut(リンクトアウト)」は、ホームレスの人々のためのビジネス特化型SNS。家がないってだけで仕事におけるスキルまで判断...
オフィス文具、事務用品のトップメーカーPLUS(プラス株式会社)が、ハサミにまつわるあれこれをテーマにしたポータルサイト「はさコレ」をローンチ
当方中年の男性です。だから、少々のことでは“カワイイ”とか言わない。無邪気に使うには抵抗がある言葉です。
自信を持って推せる台湾雑貨のお土産を選びたい。行ってみたいのが『物外設計』という文具ブランドのお店。なかでも「Y STUDIO」シリーズは、女性の手にも映...
「SNS」の愛称で知られるストックホルム発のスニーカーショップ「Sneakersnstuff(スニーカーズエンスタッフ) 」が12月14日に日本初上陸。世...
新型コロナウイルスの流行を受けて音楽の物理媒体の売り上げが低迷するなかでも、家庭でレコードをかけるという人は増えているようだ。ついに米国では、今年上半期に...
食べられるインクや、懐かしのペンまで自由に使える表参道で人気を集める「文房具カフェ」 文房具カフェ〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4丁目8-1htt...
忠孝新生駅(台北市内)近くの『Plain Stationery Homeware & Cafe』。生粋の文具マニアであるタイガー・シェンの有名文具店ではク...
ここで紹介するのは、文房具マニアの少年・山本健太郎くん(当時小学6年生)が作った『文房具図鑑』。れっきとした「本」です。元々、夏の自由研究としてまとめたも...
あっては困る旅行中の盗難や紛失。とくに旅行カバンがなくなっては、旅そのものを楽しむどころではありません。そんな、旅行中のトラブルを解決する次世代アイテムが...
これまでもさまざまなタトゥーが話題となってきましたが、今注目されているのは、「刺繍みたい」と言われているソレ。柄を描く一本一本のラインがまるで糸で編まれて...
世界中でいまだ収束の兆しがみえない、COVID-19の感染拡大。そんな未知のウイルスの感染拡大には「言語」が関係しているという仮説に基づいた研究が進められ...
「GoogleITサポートプロフェッショナル認定」は、プロダクトマネジャーやデータアナリストなどの職に必要な知識や技能が学べるGoogle発の資格制度。コ...
紙やプラスチックの代替素材として注目の「ライメックス(LIMEX)」を軸材に使った世界初のボールペン「uni LIMEX」。
韓国発の「CRISPY CHICKEN n’ TOMATO」が日本に初上陸。12月より、愛知・名古屋にあるタピオカ専門店「DING TEA 大須観音店」に...
米Amazonは、小売りチェーン「KOHL'S」と貨物運送「UPS」の店舗で、返品の受付を始める。その際の、梱包から返送まですべて無料でやってくれるというのだ。
「焼肉じょんじょん」は用意から片付けまでほとんどの作業を利用客自らがおこなうセルフの焼肉店。リーズナブルな価格を実現し、店舗にも複数のメリットを生んでいる。
2015年に、ドバイにオープンしたコンテナモールがオープンした「BOX PARK」。ショッピングやダイニングが楽しめて、シネマも併設されています。
様々なカルチャーを紹介している「Mamahuhu」による動画では、中国のキャッシュレス社会がありのままに映されている。そこにはカードを使っている様子などな...