日本のダイヤルコード「+81」から命名された「リーボックの新コレクション」がローンチ

「リーボック」のスペシャルコレクション「Reebok eightyone(リーボック エイティーワン)」が2月28日(金)に発売される。

デザイナーに迎えたのは、ファッションブランド「VAINL ARCHIVE(ヴァイナル アーカイブ)」の大北幸平氏。スポーツとファッションを見事に融合させたコレクションとなっており、新たなスポーツミックススタイルを提案している。

今作のデザインは、「過去と現在を含め、数あるリーボックのプロダクトのなかにおいて”違和感”を出すことが一番の目的だった」と氏が語るように、これまでのリーボックには存在しなかったカラーコンビネーションや素材使い、シルエットを備えたアパレルアイテムが中心。「ZIG KINETICA」や「INSTAPUMP FURY」などのスニーカーも登場する。

ちなみに、「Reebok eightyone」という名称は、東京(日本)のダイヤルコードである“+81”から命名されたもの。

2020年、世界でもっともスポットライトを浴びる都市になるであろう東京という街において、「世界から俯瞰して見た東京を、世界に向けて発信する」という想いが込められている。

© リーボック アディダスグループ
© リーボック アディダスグループ
© リーボック アディダスグループ
© リーボック アディダスグループ
© リーボック アディダスグループ
Top image: © リーボック アディダスグループ
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事