ナースの手がきっかけで生まれた「腕に巻けるメモ」。

「wemo」は、手首に巻きつけて使える、シリコン素材の「身につけられるメモ」。市販の油性ボールペンで書き込めて、指や消しゴムで消して繰り返し使用できます。

「斬新なアイディアではあるけど、私は使わなさそう...」と思った人も多いのでは?でも、意外にあなたの周りにはwemoを必要としている人がいるかもしれません

ウェアラブルなメモだから
「wemo」

wemoが生まれたきっかけは、看護師が手に直接メモしているのを見かけたことからだったそう。慌ただしい医療や災害の現場で、ドクターの指示や検査結果をすぐに記録できます。バンドに目盛りが振られているので、メジャーの携帯も不要に。

水に濡れてしまっても大丈夫。

水に触れることが多い農業や水産現場。wemoは、濡れても文字が消えたり剥がれたりしないそうメモリを使って果樹や葉っぱの大きさを測ったり、栽培の記録や気付きをその場でメモできます。

オフィスワークやジムでも。

wemoがあると便利になるシチュエーションは、意外と私たちの身近にもあるかも。ジムでトレーニングの記録をメモしておきたいと思ったことはありませんか?あるいは、仕事でプレゼンをする時にwemoにカンペを書いておけば、いつでも確認できる安心感で発表に集中できるはず。

覚えておきたくても
覚えていられない...

認知症などで、記憶しておきたくてもできない人がいます。「忘れてしまっている」ことすら忘れてしまう。そんな人でも、このwemoを腕に巻いておけば、ふとした時に腕に目をやることで思い出すことができるかもしれません。

amazonや東急ハンズの主要店舗から購入可能。必要としている人の手に、この商品が届きますように。

Licensed material used with permission by wemo
他の記事を見る
「wemo Ⅱ」は、携帯ケース型のメモ。必要なことを裏にすぐ書き留めておくことができます。ボールペンで書いても消しゴムで消して何度でも使えるから大丈夫!
手帳によるスケジュール管理や手書きのメモにこだわるアナログ派のビジネスマンに捧げる、質実剛健な「サンダース」の「クリップボード」のご紹介です。
やっぱり文具は定番品がいい。長年愛されて存在し続ける理由がそこにはあるのだ。僕が使っているメモのセットは、メモパッドの定番中の定番、〈ロディア〉の「NO....
「バターメモ ブロック」は、メモをそのままバターに見立ててパッケージされています。パラフィン紙のパリパリした感じとか、このままスーパーの食品コーナーに置か...
カナダのマウント・セント・ヴィンセント大学が、人間の記憶力にまつわる興味深い研究を発表した。カードの場所を覚える「神経衰弱」をふたつのグループで行い、その...
ひたすら文房具(ほとんどがアンティーク)をアップし続ける気になるアカウント。
気になったことを忘れないように書き留めておく。そんな本来の役割を全うするだけなら、何もこんなサイズである必要がない。だからこれは、インテリアとして飾るため...
考えてみれば、仕事と同じくプライベートでもメモは必要で、なんとなくそれ専用のツールって持ってなかった。
壁にかけておいて、ロールを引き出して使えるメモ帳。
最近何をやってもうまくいかない、マイナス思考がクセになっている、などの悩みがある人はいませんか?永谷研一さんの著書『できたことノート』では、毎日あるメモを...
食べられるインクや、懐かしのペンまで自由に使える表参道で人気を集める「文房具カフェ」 文房具カフェ〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4丁目8-1htt...
「Cubinote」は、専用アプリをダウンロードして、スマホやパソコンで文字を打ち込みプリンターへ送信するだけで簡単に付箋のメモが作れます。インクも不要!
職業別、合コン。やったことあります?「Thought Catalog」のライターErin Cossettaさんがオススメするのは、ぶっちぎりでナースだそう...
本職はナースで、夜のシフト前の時間をうまく活用し、注射器で絵を描いているKimberly Joy Magbanuaさん。患者さんを含む多くの人の心を魅了し...
「もしも時間が紙になったら」。そんなアイディアを製品化したのが、紙の専門商社・竹尾とフェリシモのコラボで生まれたこちらのアイテム。500種類の紙によって、...
ポーランド出身のアーティストであるMariusz Kedzierskiは、25年前に手を持たずに生まれてきました。手のない彼が、人々の顔を描いて「諦めずに...
小麦色の肌が良い!けれどシミや皺ができてしまうのは嫌。そんなワガママを叶えてくれるアイテムがオーストラリアから登場。アイデアが生まれたキッカケは、現地のビ...
いろんなミントキャンディを試した結果、ここに落ち着きました。
写真は黄色ばかりですが、それ以外も。ビビッドカラーのカラバリがある文房具をピックアップしました!
ここで紹介するのは、文房具マニアの少年・山本健太郎くん(当時小学6年生)が作った『文房具図鑑』。れっきとした「本」です。元々、夏の自由研究としてまとめたも...