スマホを使って付箋メモが作れる「Cubinote」

タスク整理や情報共有、書類の整理などに便利な付箋。難点を挙げるとすれば、必ずペンが必要であることと、文字数が多いと書くのが面倒くさくなるといったところでしょうか。でも、この付箋のいい点と悪い点のどちらもカバーするツールがあるんです。

それが、「Cubinote」。

使い方は至ってシンプル。専用アプリをダウンロードして、スマホやパソコンで文字を打ち込みプリンターへ送信。文字のフォントやサイズも調整でき、写真をプリントすることもできるから、従来の付箋を使うよりも凝ったメモが作れそう。

ちなみにこのツール、昔流行ったシールメーカーと同じ?なんて思えますよね。でも明確な違いがあります。「Cubinote」は熱を感知して色が変わる感熱紙を使用するため、インクは不要。だから、必要なときにインク切れ!なんてことにはなりません。さらに言うと、Wi-FiとBluetoothの両方に対応しているので、ネット環境不要で使えます。さまざまな場所で活躍してくれそうです。

家族間や同僚同士のコミュニケーションが楽しく変化するかも!
© 2018 Knectek Labs/YouTube
Top image: © 2018 Knectek Labs
他の記事を見る
「wemo Ⅱ」は、携帯ケース型のメモ。必要なことを裏にすぐ書き留めておくことができます。ボールペンで書いても消しゴムで消して何度でも使えるから大丈夫!
手帳によるスケジュール管理や手書きのメモにこだわるアナログ派のビジネスマンに捧げる、質実剛健な「サンダース」の「クリップボード」のご紹介です。
「wemo」は、手首に巻きつけて使える、シリコン素材の「身につけられるメモ」。油性ボールペンで書き込めて、指や消しゴムで消して繰り返し使用できます。「私は...
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
考えてみれば、仕事と同じくプライベートでもメモは必要で、なんとなくそれ専用のツールって持ってなかった。
「Fairphone」は、壊れた部品も簡単に取り替えられるスマホ。環境にも気を使っていて、地球に優しい製品とのこと。
ファーウェイの折りたたみスマホが話題になっていますが、個人的にはコッチの方を早く製品化してほしい!イギリスを拠点に置くデザイナーが考案しているブレスレット...
2018年12月に、日本でも有名な飲料ブランド「glacéau vitaminwater」の公式Twitterアカウントが、1年間スマホを使わなかった人に...
壁にかけておいて、ロールを引き出して使えるメモ帳。
世界中の朝ごはんが楽しめる食で各国の文化を発信する外苑前のカフェWorld Breakfast Allday〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3丁目1...
「今のスマホって大きくなりすぎて、ごちゃごちゃしてない?」。そんなふうに考えたのは、フランスのデザイナーPierrick Romeufさん。
一生涯の保証付きでモバイルバッテリー内蔵、ハンガーごとシャツも収納できて遠隔でスマホを使い鍵の開け閉めができる。使いたくなる機能たっぷりのスマートキャリー...
Energizer社の「P18K Pop」は、電話を90時間できて、音楽を100時間聴けて、動画を2日間見れます。
とにかく完全に食器を洗う「スポンジ」が再現されています。
やっぱり文具は定番品がいい。長年愛されて存在し続ける理由がそこにはあるのだ。僕が使っているメモのセットは、メモパッドの定番中の定番、〈ロディア〉の「NO....
オランダのスニーカーブランド『Maecer Amsterdam』と『NASA』のコラボスニーカー。このアイテムの再販が決まったようです。
2015年に、ドバイにオープンしたコンテナモールがオープンした「BOX PARK」。ショッピングやダイニングが楽しめて、シネマも併設されています。
『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』(ライツ社)では、著者の本山尚義さんが、直接現地の人に教えてもらったからこそわかる料理を、家庭でもかんたんに作...
トゥルク大学の研究によって開発されたアプリでは、脳梗塞の一因となる心房細動を読み取れるようになっている。その精度は96%を誇る。スマホを胸に当てるだけ、と...
カナダのマウント・セント・ヴィンセント大学が、人間の記憶力にまつわる興味深い研究を発表した。カードの場所を覚える「神経衰弱」をふたつのグループで行い、その...