心のフタを解放する「できたことメモ」ってなに?

最近何をやってもうまくいかない、マイナス思考がクセになっている、などの悩みがある人はいませんか?永谷研一さんの著書『できたことノート』では、毎日あるメモをすることで、ポジティブな思考が身につき、物事がうまく進むようになる、と記されています。

これを読めば、きっと今目の前にある壁を乗り越えることができるでしょう。

本当の気持ちを隠す
「フタ」の存在

人間は大人になるにつれて、社会へ適応するため本音を隠して生きるようになります。勇気を出して行動したが、逆に痛い目にあった…という経験は誰しもがあるでしょう。こうした経験を経て、私たちは本音と建前をうまく使いこなすようになり、本当の感情を心にしまいこんでいくのです。言うなれば、自分の心に「フタ」をしていくような状態です。

こうした、「思い込みによる心のフタ」はすべての人が持っているもの。人は、家庭生活や社会生活で様々な役割を持っていて、つねに表面的に何かを演じています。これを心理学では「ペルソナ(役割性格、表面的な人格)」と呼び、ペルソナは自分の思考にも影響を及ぼします。

本音を隠してキャラクターを演じることで、深く考えず、本音に触れず、とりつくろってしまうクセがつき、つねに思考停止の状態に陥ってしまうのです。

このフタを開ける術はあるのでしょうか?

「できたこと」に
着目しよう

心のフタを開ける方法は、あります。それは「自己肯定感が高い状態をつくる」こと。「自分は大切な存在であり、価値のある人間だ」と、自分自身を認めるのです。自己肯定感を高めると、欠点を含めたありのままの自分を受け入れることができるので、心のフタも自然に開けるようになります。

自己肯定感が高い人というのは、物事を前向きに考えられる人(行動ができる人)のことです。行動が変化すれば、周りの状況もきっと変化していくでしょう。

また、自己肯定感が高い状態を作るためには、毎日「できたこと」に着目することが重要です。「プロジェクトを成功させた」「テストに受かった」といった大きなことではなく、むしろ日々の小さなことに着目してください。

例えば
・机の上を片付けてスッキリした
・お菓子を配ったらお礼を言われた

こんな小さな事実に気づくことが、何よりも大切なのです。

メモを取ることで
毎日がポジティブに

このように、小さな変化を見つける方法として、メモを取ることをオススメします。1日のうちの最後の数分だけでもいいので、その日を振り返って、できたことを3つメモしましょう。スマホのメモ機能を使ってもOKですし、3つ浮かばなければ1つでもかまいません。

書き終えたら、寝る前にそのメモを読み上げるのです。続けて「今日はよくできた。明日も良くなる」と口に出してから、眠りについてください。

子どもだましのように聞こえるかもしれませんが、これは脳科学の側面から見ても正しい方法なのです。

ポジティブな思考になると、チロトロピンという甲状腺ホルモンが分泌され、このホルモンが増加するとチャレンジ意欲が活発になるのです。つまり、自分で「できたこと」を認めるのは、自分の未来を切り開いてくれるホルモンを増やすことと言ってもいいでしょう。

今日1日がタフな日であったとしても、寝るときには上記のように言葉を唱えて、自分にプラスの暗示をかけることを習慣にしましょう。続けることでポジティブな思考を持つようになり、物事もうまくいくようになるはずです。

自分にできないことや欠けている部分に目がいくのは人間の性です。だけど、そんなことをしても落ち込むだけ。だったら1日の終わりに「プラスの出来事」を振り返る習...
人の行動を変える専門家として活動している永谷研一さんの著書『できたことノート』では、物事がプラスに転じる方法を紹介しています。気がつくとマイナス思考になっ...
「wemo」は、手首に巻きつけて使える、シリコン素材の「身につけられるメモ」。油性ボールペンで書き込めて、指や消しゴムで消して繰り返し使用できます。「私は...
考えてみれば、仕事と同じくプライベートでもメモは必要で、なんとなくそれ専用のツールって持ってなかった。
ひとつで複数の機能をもつ「マルチツール」は、乱雑になりがちなデスク周りをシンプル&クリーンに保ってくれるオフィスワーカーの強い味方。今回は「レザーマン」か...
“パティスリー界のピカソ”と称賛されるピエール・エルメさんがやってくれました。二重橋スクエアにオープンした<Made in ピエール・エルメ>の缶詰。酒の...
知識や教養を身につけるためにも、会話の引き出しを増やすためにも、読書ってとても大事ですよね。でも、習慣がないとなかなかできないのが読書というもの。そこで、...
朝の「23分」を有効活用することで、1日がうまくいくメソッドがあると言います。いつもは出発の5分前にベッドから飛び出すあなたも、このために早起きしてみまし...
カウントダウンが2桁になるという現実に、私のように焦りを感じている人へ。まだ大丈夫。3ヶ月続ければ、大体のことが習慣化されるという話もあります。参考になる...
「wemo Ⅱ」は、携帯ケース型のメモ。必要なことを裏にすぐ書き留めておくことができます。ボールペンで書いても消しゴムで消して何度でも使えるから大丈夫!
11月22日、『ラルフローレン(Ralph Lauren)』が表参道のフラッグシップに、カフェ『ラルフズ コーヒー(Ralph’s Coffee)』をオー...
1日の過ごし方や仕事の進め方で無駄を感じること、ありませんか?体をリフレッシュさせたり、モノや情報の整理することで、案外思考までもクリアになり、無駄が改善...
「私はポジティブな習慣の力を強く信じています」。そう語るのは、「Inc.com」の人気ライター、Nicolas Coleさん。大切なのは、夢の実現に向かっ...
将来の明暗を分けるのは、正しい習慣を身につけるか、間違った習慣を身につけるかにかかっています。概して日本人は控えめに自己表現をしてしまいますが、言葉とはお...
カナダのマウント・セント・ヴィンセント大学が、人間の記憶力にまつわる興味深い研究を発表した。カードの場所を覚える「神経衰弱」をふたつのグループで行い、その...
この4種類をデスクに常備しています。
「Higher Perspective」にポジティブに生きるための5つの習慣が掲載されています。自分をネガティブだと捉えている人たちの中には、前向きになり...
毎日のように暗いニュースに触れる日々。ポジティブでいようとしても、「またこんなニュースか」「将来どうなるんだろう」とマイナス思考になってしまうのも無理はあ...
「仕事をサクサク終わらせるのは難しい」。そう思うかもしれませんが、じつは悪い習慣を断ち、良い習慣を身につけることで、意外と簡単に身につけられるケースも多い...
最高に楽しく、充実した毎日を積み重ねていきたい。そうは思っていても、実際にどうすればいいのかは、なかなかピンとこないものですよね。そんなあなたに向けて「Y...
仕事やプライベート。人生における悩みは尽きないものです。ここで参考にさせていただくのは、高田晋一さんがまとめた『自己啓発の名著から学ぶ 世界一カンタンな人...
気持ちのいい一日は「朝をどう過ごすか」にかかっています。「Inc.」に寄稿する女性起業家のElle Kaplanさんが提案する、ちょっとした朝の習慣を生活...
週に2~3日走ろうと決意をしても、「やっぱり面倒だな」「続けられる自信がない」と、マイナスなイメージが頭をよぎる人もいるでしょう。理学療法士・重森健太さん...
自分を変えるためにもいい習慣を身につけたいと思うのに、なかなか身につかない。そう思っているあなた。それはもしかすると悪い習慣が邪魔をしているのかもしれませ...