スマホを強制的&物理的に無力化させる「砂の器」

白砂を敷きつめた丸いお皿のなかに沈むスマホ。

これはロンドンのデザインスタジオCohda desingが設計した「Komoru」。スマホの電波を物理的・強制的にシャットダウンさせるためのツールだ。

器の中身は実際には砂ではなく、独自加工を施したマイクロスフィアの球体。この小さなつぶつぶのなかにスマホを埋め込むと、スマホが発する電磁波(4G、5G、Wi-Fi)が遮断される仕組み。Komoru自体がいわば電磁シールドなわけだ。

粒子はスマホのボディに使用される素材よりも柔らかい非磁性ニッケルでコーティングされているため、デバイスが傷つく心配はなく、さらに接続端子やヘッドホンジャックに粒が侵入しないように設計されているのだそう。

「スマホを手放せない」という事実を、自ら砂に埋めて断つ。機内モードにしたり、ただ電源をオフるよりもインパクトは絶大。2019年11月には販売開始が決定している。

Top image: © 2019 COHDA Design
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
ファーウェイの折りたたみスマホが話題になっていますが、個人的にはコッチの方を早く製品化してほしい!イギリスを拠点に置くデザイナーが考案しているブレスレット...
必要最低限の機能しかないスマホがクラウドファンディング中です。電話、メッセージ、ナビゲーション、アラーム。これ以上ないくらいシンプルな佇まいで週末に使える...
スマホを強制的に手放すよう設計されたのが、このベッドサイドランプです。デザイン性云々よりも、アイデアの勝利です。
カレがなかなかスマホを触らせてくれないとなると、注意を払いたいところ。「Elite Daily」のElana Rubinさん曰く、触らせてくれない以外にも...
絶対に充電器を忘れたくない!という人にはよい投資かも?
「今のスマホって大きくなりすぎて、ごちゃごちゃしてない?」。そんなふうに考えたのは、フランスのデザイナーPierrick Romeufさん。
スマホ用製品の技術向上によって、物理的に見えなかった、壁の向こう側も見えるようになったようです。なんのために使うの?と思えても、アメリカでは数々のメディア...
砂の上を、鉄の球が転がっていく。その軌跡が描く模様は、まるで枯山水の庭のよう…。テーブルの中に収まったこの印象的なキネティックアートは、Bruce Sha...
今や北京では、スーパーやショッピングモール、レストラン、カフェはもちろん、生花市場の中ですら、スマホ決済ができます。なかでも中華SNSアプリ『WeChat...
「Moto Zen」のスペックは「電話」と「電話」だけ。必要最低限のコミュニケーションを取りたい人向けのスマホだ。
自撮りならカメラよりスマホが簡単。でもスマホだと、性能にはどうしても限界がありますよね。そんな欲張りなひとたちに、朗報です。この悩みを見事に解決した新アイ...
「Shell」はワンタッチでスマートウォッチからスマホに変形する特徴があります。2本のウィングが飛び出したら、通話の準備完了だそうです。
ニオイを見える化できる超小型の「ニオイセンサー」が近い将来スマホやIoT機器に実用されるかもしれない。もしこのニオイセンサーがスマホに搭載されたとしたら、...
「EyeQue VisionCheck」は、測定用のデバイスをスマホに取り付けて、専用アプリを使って自宅で視力検査ができます。所要時間は3〜5分ほど。20...
デザイナーKlemens Schillingerさんが制作したのは、スマホ中毒リハビリ用アイテム。これを使えば、スマホをいじっているときの動作ができるそうです。
Energizer社の「P18K Pop」は、電話を90時間できて、音楽を100時間聴けて、動画を2日間見れます。
スマホのサイズが大きくなってからはバンガーリングや、チェーン付きケースのように、+αで工夫するアイテムも増えているけれど、YANKO DESIGNの「スマ...
この記事を読もうとするときに、頭を下に向けて読んでいたら、あなたはスマホ首になっているかもしれません。MuscleWatching高稲トレーナーが紹介する...
11月15日、「コロラド州歳入局」が運転免許証デジタル化の試験導入についてリリースを発表しました。一部似たようなテストが行われていたアイオワ州や、アイダホ...
この望遠鏡を使って実際に月を撮影した映像がコチラ。「スマホ天体望遠鏡PANDA」というカワイイ名前からは想像が付かない性能の高さが話題のようです。組み立て...