コロラド州が運転免許証をデジタル化。「スマホで身分証提示」できるようになる。

11月15日、「コロラド州歳入局」が運転免許証デジタル化の試験導入についてリリースを発表しました。一部似たようなテストが行われていたアイオワ州や、アイダホ州、メリーランド州、ワシントンD.C.でも同様に始まるとか。

スマホで買い物!はだんだん一般的になってきましたが、IDをデータで管理するようになったら、なおさら財布の使い方を見直す機会が増えそうです。電池が切れたらどうするの?なんて心配もよぎりますが、米国各紙ではこんなメリットが紹介されています。

身分証をスマホで提示。

運転時だけに関わらず、身分証明が必要な場合でもカードが必要ありません。ホルダーから取り出す手間が省けて手軽になりそうです。

免許の更新が手元で完結。

CNN」によれば、PINナンバーと指紋認証によって情報を更新できるようになり、セキュリティ面でもより安心になると言われています。偽造が難しくなるとの意見も。

スマホを紛失時にIDを即時無効化。

デバイスを紛失時しても、すぐに免許を停止したり、無効化できるとも紹介されています。

未だ具体的な開始日は公開されておらず、詳細は実際に始まってから明らかに。コロラド州歳入局コミュニケーションディレクターのLynn Granger氏は、「9NEWS」にこうコメント。

「空港や法的な手続きなど、誰もがいつも運転免許証や身分証明証を携帯していなければなりません。この導入によって、紛失・置き忘れを心配せずともよくなり、より手軽で便利になると考えています」。

同紙も伝えているように、使う側にとって気になるのは快適になるかどうか。運転免許証のデジタル化はその他の国でも導入が予定されています。どんな意見が出てくるのでしょうね。いずれにせよ、車内用の充電器は常備しておく必要がありそうです。

ニューヨーク州では、不法移民でも運転免許証の取得ができるようになります。安全性を確保する、というのがひとつの目的なんです。
11月28日、警察庁は運転免許証の氏名欄に「旧姓」を併記できるようにすると発表。12月1日から日本全国の運転免許センターや手続き可能な警察署にて申請を受け...
ドライバーに代わって人工知能(AI)がハンドルやブレーキを操作して、目的地までたどり着く「自動運転」。近い将来、急速に市場が拡大することはもはや自明の理だ...
アメリカ・ミシガン州立の高校、North Farmington High Schoolでは、自分の好きなコスプレをして、学生証の写真撮影をするのが流行って...
たばこと塩の博物館にて「たば塩コレクションに見る ポスター黄金時代」展開催中。2020年2月16日まで。
8月13日、AppleはiPhoneとApple Watchを使用した「Wallet学生証」をアメリカの大学12校が新たに導入すると発表した。
「ながら運転」をさせないアプリ「eGURAD」が配信開始。歩行中や運転中の状態を検知してスマホ操作を抑止する。
必要最低限の機能しかないスマホがクラウドファンディング中です。電話、メッセージ、ナビゲーション、アラーム。これ以上ないくらいシンプルな佇まいで週末に使える...
6月30日にカナダのBC州政府が、世界で初めて「性別不明(U)」の保険証を発行した。これは世界で初めてのこと。Kori Dotyさんは自身がトランスジェン...
運転中、センサーやカメラで周囲の状況を認識し、事故発生の危険を知らせる「運転支援システム」。予防安全性能を搭載した新型車は、まさに今のトレンド。とは言え買...
来年2月20日〜24日、「アートやデザインを通じて、学校では教えてくれない未来のことを考える新しい場」をコンセプトに掲げるアート×テクノロジーのイベント「...
相鉄・JR直通線の開業を記念して「1日乗車証」が無料配布される。相鉄線内を自由に乗り降りできるもので、2019年12月7日(土)〜新年1月31日(金)のう...
「Air Throne」は、持ち運び便利なエアーソファ。最大のポイントは、空気を入れる手軽さ。内蔵されているマイクロポンプに、スマホを接続するだけ。たった...
2015年12月2日に投稿されたツイートに注目が集まっています。運転免許証を持っていれば知っているはず!なのですが、過去に警視庁が行ったアンケート調査では...
彼らが打ち出したのは「Face It Down」というアプリ。これを起動させたスマホを下に向けてドライブを始めれば、走行距離に応じて、ポイントが加算され、...
「Google」の社内ベンチャーとしてスタートし、現在は独立して自動運転車の開発を続ける「Waymo」。米国フェニックスの一部地域で一般向けに自動運転タク...
アートホテルベンチャー「BnA」が日本橋にカルチャー発信のハブ拠点「BnA_WALL」を2020年夏にオープンする。同社にとって、高円寺、秋葉原、京都河原...
毎日ミュージックビデオを紹介する連載企画。今日は、The Pogues(ザ・ポーグス)の『Fairytale Of New York』です。
IKEAのイノベーションラボ「SPACE10」より発表された自動運転車向けの家具デザインプロジェクト<Space on Wheels>。
中国でキャッシュレス化がどんどん進んでいるっていうのはよく耳にする話。で、他の国はどうなんだろう?と思って、いろいろ調べているうちに、意外な国が目に留まり...
カレがなかなかスマホを触らせてくれないとなると、注意を払いたいところ。「Elite Daily」のElana Rubinさん曰く、触らせてくれない以外にも...
「Shell」はワンタッチでスマートウォッチからスマホに変形する特徴があります。2本のウィングが飛び出したら、通話の準備完了だそうです。
自動運転の実用化がそう遠くない未来に訪れようとしています。ここで紹介する次世代マシンも、スマホを使って操作する完全オートマチックな自走式。ただし、こちらは...
今や北京では、スーパーやショッピングモール、レストラン、カフェはもちろん、生花市場の中ですら、スマホ決済ができます。なかでも中華SNSアプリ『WeChat...