12月1日から運転免許証に「旧姓併記」ができるようになった!

11月28日、警察庁は運転免許証の氏名欄に「旧姓」を併記できるようにすると発表した。

希望者は、免許証の取得や更新時だけでなく、旧姓の併記を理由とした再交付の申請も可能。申請は、日本全国の運転免許センターや手続き可能な警察署にて、旧姓が記載されたマイナンバーカード、または住民票の提出が必要となる。

記載方法は「現姓[旧姓]」と氏名の後ろにカッコ書きで記載されるカタチ。再交付には2250円の手数料が必要で、免許証の裏面に印字するだけなら無料だ。

先月初旬からは、マイナンバーカードでも併記が可能となっており「旧姓使用」への理解は広がりをみせている。12月1日から申請を受付中!

Top image: © 2019 NEW STANDARD
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

ニューヨーク州では、不法移民でも運転免許証の取得ができるようになります。安全性を確保する、というのがひとつの目的なんです。
11月15日、「コロラド州歳入局」が運転免許証デジタル化の試験導入についてリリースを発表しました。一部似たようなテストが行われていたアイオワ州や、アイダホ...
相鉄・JR直通線の開業を記念して「1日乗車証」が無料配布される。相鉄線内を自由に乗り降りできるもので、2019年12月7日(土)〜新年1月31日(金)のう...
8月13日、AppleはiPhoneとApple Watchを使用した「Wallet学生証」をアメリカの大学12校が新たに導入すると発表した。
「三井不動産」が展開する全国12都道府県38施設のホテルサブスクリプションサービス「サブ住む(すむ)」の提供がスタートした。
ドライバーに代わって人工知能(AI)がハンドルやブレーキを操作して、目的地までたどり着く「自動運転」。近い将来、急速に市場が拡大することはもはや自明の理だ...
「ながら運転」をさせないアプリ「eGURAD」が配信開始。歩行中や運転中の状態を検知してスマホ操作を抑止する。

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
ニューヨークの犬用洋服ブランド「between two naps(2回のお昼寝のあいだ)」の新作は「首元を保温してくれて、いつでもお昼寝できるように」との...
純米酒からピュアなアルコール分だけを抽出する、「低温浄留」という独自の特許製法によってつくられた「浄酎」に無農薬レモン「ミカドレモン」の皮で香り付けした新...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...