砂が動き続ける「テーブル」に1億6,000万円以上の支援が!

砂の上を、鉄の球が転がっていく。その軌跡が描く模様は、まるで枯山水の庭のよう…。

鉄球の軌跡をモーターで制御
美しい模様を描く

テーブルの中に収まったこの印象的なキネティックアートは、Bruce Shapiro氏が開発したもの。それぞれ動径と角度を担当するふたつのモーターと磁力を使って、鉄球の軌跡を制御。一定のパターンで動かしていくことによって、美しい模様を描きます。

鉄球はまるで同じフレーズを繰り返す音楽のように、砂の上を何度も一定の規則で行き来することによって、模様を描いていきます。

Wi-Fiを通じてスマホから操作できるため、曲に相当する模様を指定するファイルを好きな順番で組み合わせて、自分の好きな「プレイリスト」をつくることもできるそう。

現れては消えていく模様を見ていると、なんだか自然と瞑想状態に入っていけそう。

枯山水を思わせる姿と
「シーシュポス」という名前

たとえば、最も有名な枯山水のひとつである龍安寺では、砂に模様をつける作業は修行の一環として学僧が行うそう。一方、こちらのテーブルの題名は「シーシュポス」。ギリシア神話で、神を謀ったが故に山から転がり落ちる岩を、山頂へと押し上げる宿命を背負った人の名前です。延々と模様を描く鉄球が、シーシュポスの神話を思い起こさせることに由来。

開発者であるShapiro氏は、動画の最後にアルベール・カミュの「シーシュポスの神話」から、こんなフレーズを引用しています。

「高みに岩を押し上げる困難は、人の心を満たすに充分だ。シーシュポスは幸福に違いない」

ひたすら坐禅に打ち込み、移ろいゆく心を見つめることから悟りに至ろうとする禅の思想を形にした枯山水とは、単に外見が似ているだけでなく、洋の東西を超えて深いところで通じ合っているのかもしれません。

5日で7,000万円を集める
人気プロジェクトに

このテーブル、クラウドファンディング「Kickstarter」で公開された直後から大人気に。なんと5日で70万ドル(約7,000万円)を集めました。現在はその額を160万ドル(約1億6,000万円)まで伸ばしています。

サイズは直径60cm、90cm、120cmの3種類。価格は使っているモーターの種類などによっても異なりますが、2016年10月14日時点で残っている最安値のプロジェクトは795ドルから。

+190ドルで日本への発送にも対応しているので、興味がある人はチェックしてみては?

Licensed material used with permission by Bruce Shapiro
日本の「枯山水」に着想を得て作られたキネティックアートテーブル「Sisyphus(シシュフォス)」。アメリカのクラファンサイトで2億円の支援を調達した話題...
花を美しく飾る、その目的のためだけにつくられた切り花のためのテーブルです
まあ、ぶっちゃけちゃえば、伸縮するテーブルって珍しくない。でも、伸ばすと不格好になるっていうのがお決まりのパターン。でも、『Friction Table』...
今年5月に、台湾で開催されたサンドアート世界大会の優勝作品『宮本武蔵』の生みの親である保坂俊彦さん。日本ではまだ認知度の低い砂像(さぞう)の魅力を、保坂さ...
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
“裸の慈善家”ことKaylen Wardさんは、オーストラリア森林火災に対して10ドル以上の寄付をした人に、自身のヌードを送るキャンペーンを始めたことで、...
使いたいときだけ登場する「サンカク」これを組み合わせると、ローテーブルに!
クラウドファンディングサイト「Indiegogo」で約3000万円の支援金を集めたコーヒーテーブル、それが「Coosno」。冷蔵庫としても使えるのが最大の...
ベルリンの、とあるアートギャラリーの入り口に大きな砂文字のアートが飾られました。まるでギャラリーへの侵入を妨げるように置かれています。なぜ、こんな邪魔にな...
テーブルの中に植物の花や種子を閉じ込めて。
「資生堂」は、高い技術と経験をもつ同社所属のヘアメイクアップアーティストの美的感性と、長年培ってきた研究知見をもとに「男性版顔立ちマップ」を開発。マップを...
28回目を迎える「テーブルウェア・フェスティバル 2020」。東京ドームで開催決定(2/2〜9)。
ブランコ・テーブルなら、仕事の打ち合わせも、ゲストを読んでのディナーも楽しくなるに違いない。ディスカッションにも花が咲き、会話も弾むだろう。何よりも童心に...
リビングで本物の火のゆらぎを楽しめる〈LOGOS(ロゴス)〉の「テーブル暖炉」。ランタンでもキャンドルでもなく、暖炉! 使い方は、専用の燃料を入れてライタ...
「DOOGOO ロールトップテーブル TO3」は、ファニチャーデザインを得意とするスライムデザイン社によるもの。佇まいがカッコイイだけでなく、収納時にはフ...
クラウドファンディングサイト「INDIEGOGO」で資金調達をしていた「GoPorTable」。これ、スピーカーとしてもワイヤレス充電器としても使えるテー...
先日、「ノッティンガム大学」の研究チームは、米天文学誌『アストロフィジカル・ジャーナル』において最新の研究結果を発表。その論文によれば、計算上、銀河系には...
1954年以来、半世紀以上にわたって名古屋のシンボルとして愛され続けてきたテレビ塔が、「THE TOWER HOTEL NAGOYA」として生まれ変わる。
地球温暖化によって海面が上昇している。その影響によって、海岸侵食が進み世界中のビーチから砂が失われつつある。ビーチの砂は、とても大切なもの。例えば、海沿い...
パリのデザインスタジオ、「Studio Dessuant Bone」が手がけるこちらの食器、一見「何かの冗談では?」と思ってしまいますよね。
スーパーで買ったアサリ、塩水に漬けて砂を抜くことは料理の基本で言われていますが、砂抜きの先にある、さらにうま味成分を引き出すテクニックについては、あまり言...
『アリババ』は、11月11日の独身の日に、約2135億元相当の購入があったと公式サイトで発表しています。日本円にすると約3兆4700億円です。
ひとりで気ままに楽しむ「ソロキャン」をグレードアップしてくれるアウトドア用のコンパクトなテーブルをご紹介。「キャプテンスタッグ」「ペレグリン・ファニチャー...