電動歯ブラシから「あるモノ」を除いたら、1,000万円の出資を集める製品に。

電動歯ブラシのメリットといえば、短い時間でカンタンかつ効率的に歯を磨けることだと思います。他の良さは……。だから、「普通のでもよくない?」という意見を聞くこともしばしば。

ちなみに、僕も同じように考える、普通の歯ブラシ派。だけど、「Be.」の製造背景と機能を知ったら、これを機に乗り換えてもイイかもしれない、と考えてしまった。正確に言えば、“電動歯ブラシ”ではないんですけどね。

環境に配慮した設計。しかも、
他の電動歯ブラシに劣らない

まずは、製造背景から。

先の製品を開発した「The Goodwell Company」によれば、年間約150億個のバッテリー(つまり電池)が、世界中で消費されているようです。そして、87%が埋立地の一部となり、12%が焼却されるとのこと。驚くことにリサイクルされるのは、たったの1%なんだとか。

この状況を変えなければいけない、という使命感から、彼らは手巻き充電式の歯ブラシを製作することに。しかも、全体の90%がゴミの再利用で作られ、もし要らなくなったら、リサイクルゴミとして出せるそうです。

使い方は、歯ブラシの下部をひねるだけ。あとは、通常の電動歯ブラシと同じように使用可能。しかも、たった2回の手巻きから、80,000回以上のストロークを生み出すことができるというのだから。

つまり、電池が要らないから、歯を磨きたいときにバッテリー切れで使えない、なんて状況もなくなるということ。旅のお供としてバックパックに1つ入れておくのもアリでしょ?

とは言いつつ、現在の電動歯ブラシのバッテリーは改良されていて、フル充電から1時間以上稼働するモノも。だけど、環境に配慮した製品だからこそ、今の時代のトレンドに合っていて、選ぶ意味があるんじゃないかと思うわけで。

「Kickstarter」のクラウドファンディングでは、すでに1,000万円以上を集めているそうですしね。

Licensed material used with permission by The Goodwell Company
Christina Ramirezさんが立ち上げた「PLUS ULTRA」は、竹から作られた歯ブラシを販売しています。
パリを拠点にするデザイナーAlexandre Touguetが考案する歯ブラシは、ブラシだけでも交換できるようになっている。
「ブラウン」が発売した電動歯ブラシ「ジーニアスX」が、今までの歯磨きの仕方に変化を起こしそうだ。これは同ブランドの代名詞ともいえる「オーラルB」の最上位モ...
子どもに歯磨きを慣れさせるのって、意外と大変なんですよね。歯の健康維持のためには、きちんと自分で磨けるようになってほしい。でも、それを面倒くさがったりして...
今年9月に開業予定の「東京ポートシティ竹芝」内に、ヒューマノイドロボットが商品陳列を担う「ローソン Model T 東京ポートシティ竹芝店」が開店すると発...
クラウドファンディングでニュージランド出身のAndrew Lambieが出資を募るのはビーサン。すでに世に広まっているモノにも関わらず、約50万円を調達し...
10秒で歯磨きができる、しかも完璧に。忙しい朝や、ランチの後にさっと、就寝前にも「口にくわえて、ボタンを押すだけ」でOK。ありそうでなかったマウスピース型...
歯ブラシって、なぜか高機能そうでシャープなデザインばっかりでつまらない。アートな暮らしに憧れているなら、こんなところまで気を使いたい!
ズボラな人でも手軽に歯ブラシを99.9%除菌できる「壁掛け歯ブラシ除菌ホルダー」 が、今月末までクラウドファンディングサービス「Makuake」で応援購入...
「Plastic Whale」が開催するプラスチックフィッシングは、5段階評価で4.5を誇る。さらに、人を集めるのが難しいゴミ拾いイベントにも関わらず、多...
世界屈指のIT先進国・エストニアは、7月1日から外国人向けの「デジタルノマドビザ」を導入。国外の雇用主との雇用関係や事業活動をおこなっていて、それがテレワ...
「歯磨きが好きな子になってほしいから、赤ちゃんが好きになれる歯ブラシを作りたい」歯科医師や歯科衛生士のそんな思いがたくさん詰まった「HAMICO」は、赤ち...
創業は1837年。世界約50ヵ国で愛されているノルウェー発の北欧シェアNo.1ブランド「Jordan」の人気商品 「GREEN CLEAN」が日本に初上陸。
計200万本売れている大ヒット商品「MISOKA」と〈THE〉がコラボレーションして生まれたのが、「THE TOOTHBRUSH by MISOKA」。持...
オランダで開発された「Goedzakken」は、捨てられているモノを欲しいと思った人に気軽に拾ってもらうために、中身をあえて見せるようにデザインされたゴミ...
大量に廃棄されている衣料品をリサイクルする目的もあり、デニムでつくったサングラスが開発されました。環境問題に関心のあるデザイナー2名が、クラウドファンディ...
6月18日、「フォード」がマスタングシリーズの新型EV「マスタング・マッハE」に、手を離した運転を可能にする技術を搭載すると発表した。アメリカ50州とカナ...
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
ハミガキ粉や電気のチカラを一切使わずとも、光と水だけで歯垢を落としてくれる、画期的な歯ブラシが登場しました。“電子”を使って歯垢を落とすSOLADEY N...
旅行や職場で使う「携帯用歯ブラシ」は、すでに存在している。とはいえ、普通の歯ブラシにキャップを付けて、小さな歯磨き粉と一緒に細長いケースに入れただけなんだ...
現代社会が抱える深刻な環境問題を、あえてユーモラスに伝え、お祭り気分の参加型エコチャレンジとすることで、国境を越えて人々が自発的に取り組んでいる活動を紹介...
2012年に設立された、子どものためのエコバンク「Banco del Estudiante Bartselana」。考案したのはペルーに暮らすJose A...
「Smacircle S1」は、5つのステップで折りたためる電動自転車。それなりの大きさのバックパックなら、中に入れて持ち運ぶこともできる。車輪が中に折り...
アメリカ・カリフォルニアを拠点にする2人のサーファーが作ったモノは、タバコを材料にしたサーフボードでした。背景には、自然に対する想いが影響しているようです。