電動歯ブラシから「あるモノ」を除いたら、1,000万円の出資を集める製品に。

電動歯ブラシのメリットといえば、短い時間でカンタンかつ効率的に歯を磨けることだと思います。他の良さは……。だから、「普通のでもよくない?」という意見を聞くこともしばしば。

ちなみに、僕も同じように考える、普通の歯ブラシ派。だけど、「Be.」の製造背景と機能を知ったら、これを機に乗り換えてもイイかもしれない、と考えてしまった。正確に言えば、“電動歯ブラシ”ではないんですけどね。

環境に配慮した設計。しかも、
他の電動歯ブラシに劣らない

まずは、製造背景から。

先の製品を開発した「The Goodwell Company」によれば、年間約150億個のバッテリー(つまり電池)が、世界中で消費されているようです。そして、87%が埋立地の一部となり、12%が焼却されるとのこと。驚くことにリサイクルされるのは、たったの1%なんだとか。

この状況を変えなければいけない、という使命感から、彼らは手巻き充電式の歯ブラシを製作することに。しかも、全体の90%がゴミの再利用で作られ、もし要らなくなったら、リサイクルゴミとして出せるそうです。

使い方は、歯ブラシの下部をひねるだけ。あとは、通常の電動歯ブラシと同じように使用可能。しかも、たった2回の手巻きから、80,000回以上のストロークを生み出すことができるというのだから。

つまり、電池が要らないから、歯を磨きたいときにバッテリー切れで使えない、なんて状況もなくなるということ。旅のお供としてバックパックに1つ入れておくのもアリでしょ?

とは言いつつ、現在の電動歯ブラシのバッテリーは改良されていて、フル充電から1時間以上稼働するモノも。だけど、環境に配慮した製品だからこそ、今の時代のトレンドに合っていて、選ぶ意味があるんじゃないかと思うわけで。

「Kickstarter」のクラウドファンディングでは、すでに1,000万円以上を集めているそうですしね。

Licensed material used with permission by The Goodwell Company
歯ブラシの機能向上は日進月歩。ただの電動歯ブラシでは、もう満足できないアナタにおくる「かしこい歯ブラシ」をまとめてみました。
Christina Ramirezさんが立ち上げた「PLUS ULTRA」は、竹から作られた歯ブラシを販売しています。
パリを拠点にするデザイナーAlexandre Touguetが考案する歯ブラシは、ブラシだけでも交換できるようになっている。
「ブラウン」が発売した電動歯ブラシ「ジーニアスX」が、今までの歯磨きの仕方に変化を起こしそうだ。これは同ブランドの代名詞ともいえる「オーラルB」の最上位モ...
今年で48回を迎えるはずだった「ホノルルマラソン」の開催中止が決定した。withコロナでの「開催叶わず」に多くのランナーをはじめ、ハワイを愛する人たちの悲...
子どもに歯磨きを慣れさせるのって、意外と大変なんですよね。歯の健康維持のためには、きちんと自分で磨けるようになってほしい。でも、それを面倒くさがったりして...
市販の歯ブラシを電動歯ブラシに変えるミニマルガジェット「YDou(ユンドゥ)」が登場。マイルドとクリーンの2段階から口内環境に合わせてモード調整が可能。フ...
クラウドファンディングでニュージランド出身のAndrew Lambieが出資を募るのはビーサン。すでに世に広まっているモノにも関わらず、約50万円を調達し...
歯ブラシって、なぜか高機能そうでシャープなデザインばっかりでつまらない。アートな暮らしに憧れているなら、こんなところまで気を使いたい!
10秒で歯磨きができる、しかも完璧に。忙しい朝や、ランチの後にさっと、就寝前にも「口にくわえて、ボタンを押すだけ」でOK。ありそうでなかったマウスピース型...
離婚する夢の意味とは?夢占いの専門家が、離婚の夢について、人やシーン、心理、原因別に解説。
「CAMPFIRE」にて発売中の携帯用歯ブラシ乾燥機「mini」は、歯ブラシの先端をケースに入れるだけで強力殺菌。オフィスや旅行シーンで大活躍間違いなし!
国際的なデザインコンペ「A'Design Award」で優勝した電動歯ブラシ「PomaBrush」。見た目がかっこいいのは言うまでもないが、注目なのはミニ...
ズボラな人でも手軽に歯ブラシを99.9%除菌できる「壁掛け歯ブラシ除菌ホルダー」 が、今月末までクラウドファンディングサービス「Makuake」で応援購入...
「Plastic Whale」が開催するプラスチックフィッシングは、5段階評価で4.5を誇る。さらに、人を集めるのが難しいゴミ拾いイベントにも関わらず、多...
「歯磨きが好きな子になってほしいから、赤ちゃんが好きになれる歯ブラシを作りたい」歯科医師や歯科衛生士のそんな思いがたくさん詰まった「HAMICO」は、赤ち...
「Pocky」は、2019年の世界売上金額により「チョコレーティングされたビスケットブランド世界売上No.1」のギネス認定を受けた。
銀座のバーツール専門店「BAR TIMES STORE」から、ジンやウォッカ、ウイスキーなどのスピリッツを注ぐだけで手軽に「漬け込み酒」ができる専用キット...
創業は1837年。世界約50ヵ国で愛されているノルウェー発の北欧シェアNo.1ブランド「Jordan」の人気商品 「GREEN CLEAN」が日本に初上陸。
計200万本売れている大ヒット商品「MISOKA」と〈THE〉がコラボレーションして生まれたのが、「THE TOOTHBRUSH by MISOKA」。持...
オランダで開発された「Goedzakken」は、捨てられているモノを欲しいと思った人に気軽に拾ってもらうために、中身をあえて見せるようにデザインされたゴミ...
大量に廃棄されている衣料品をリサイクルする目的もあり、デニムでつくったサングラスが開発されました。環境問題に関心のあるデザイナー2名が、クラウドファンディ...
ハミガキ粉や電気のチカラを一切使わずとも、光と水だけで歯垢を落としてくれる、画期的な歯ブラシが登場しました。“電子”を使って歯垢を落とすSOLADEY N...
この記事では、アップサイクルの意味と事例を紹介していきます。リサイクルと非常に似た言葉なのですが、その違いを知ればアップサイクルの魅力にきづけるはずです。