このビーサンに、50万円もの出資が集まるワケ。

僕たちが生活をする上で悩んでいたことを解決してくれるテクノロジー。ありそうでなかったものを体現したアイテム。クラウドファンディングサイトで資金調達をするのは、このようなクリエイティブな製品がメインストリームになっています。

だけど、ニュージーランド出身のAndrew Lambieが出資を募るのは「ビーサン」。すでに世に広まっているモノにも関わらず、約50万円を調達しているのには、もちろん理由があります。

海洋汚染に歯止めをかけるため

太平洋に面する街で生まれ育ったAndrewにとって、海はとても身近な存在。そんな彼が海洋汚染に危機感を抱くのは不思議なことではありません。

ある時は、放置されたであろう網に絡まった鳥の死骸を目の当たりに。別の日には、散乱したプラスチックとともに、ビーチに打ち上げられた魚を見たことも。

海洋汚染によって亡くなっていく、ウミガメやクジラなどの生き物。調べれば調べるほど明らかになる受け入れがたい現実に歯止めをかけるべくアクションを起こすことを決意。

「海洋汚染を解決をすることは難しくとも、軽減することは僕たちにだってできる」

クラウドファンディングで資金調達をする前から、来る日も来る日もビーチを歩き、ゴミを拾い集めていたAndrewとその仲間たち。量はすでに3,000kgを超えており、これらをリサイクルして作ったのがこの「Subs」なのです。

海洋汚染に歯止めをかけるために、ボランティアをして彼らの活動を助けるもよし。自分自身でゴミを拾って環境を考えるのもよし。また、この「Subs」を購入することだってありです。

スペック自体は、はっきり言って普通のビーサン。それでも、そのバックグラウンドを知れば、出資が集まるのも納得です。

Licensed material used with permission by Subs
浜辺へと漂着したプラスチックゴミだけを使って、ひたすらオブジェをつくるプロジェクト
海を漂流するプラスチックゴミをはじめ、世界中で深刻な問題となっているのが投棄される産業廃棄物。この問題に対して、まったく新しい切り口からアプローチする取り...
アムステルダム近郊で集められたプラスチックゴミを利用して作られてた「フラワーベース」。マーブル模様はひとつとして同じものがありません。
先日ニュージーランド政府は、使い捨てのレジ袋の使用を禁止する方針を発表しました。ドミニカ国も似たような方針を発表しました。プラスチック禁止の波は、今世界で...
2016年から、イギリス国内の一部の道路を、“環境に優しいアスファルト”に変えてきた「MacRebur」。そのアスファルトとは、プラスチックごみを再利用し...
大統領選の選挙活動の一環として、リサイクル可能なプラスチック製ストローを販売開始したトランプ陣営。数日でなんと14万本以上も購入されたという。22日、キャ...
オランダで開発された「Goedzakken」は、捨てられているモノを欲しいと思った人に気軽に拾ってもらうために、中身をあえて見せるようにデザインされたゴミ...
フランス・マルセイユでは、ゴミ拾いとカヤックを融合させたアクティビティが誕生し、5月30日にはコンテストが開催される予定です。
「Plastic Whale」が開催するプラスチックフィッシングは、5段階評価で4.5を誇る。さらに、人を集めるのが難しいゴミ拾いイベントにも関わらず、多...
環境汚染の要因の1つで、世界的に大きな問題となっているペットボトル。カメルーンでも、ゴミとなり道路脇に溢れかえるなどの深刻な問題となっている。その状況を解...
毎年800万トンものプラスチックが海に捨てられている。この問題を解決するために考案されたプロジェクト「The Ocean Cleanup」は、自然エネルギ...
水質汚染、温暖化によるサンゴの白化、海洋ごみと、海をとりまく環境問題は、どれもとっても深刻な状況です。そのひとつ、毎年800万トン近くが海へと流れ出ている...
10月2日、インドのモディ首相は国民向けの演説で、2022年までに国内における使い捨てプラスチックの使用を全面的に禁止するよう訴えた。
ガーナの企業が、プラスチックバックを道路として再利用する取り組みをはじめました。自然の影響を受けにくく、従来のアスファルトに比べて3倍は長持ちする新アイデ...
ビール会社CORONAがNPO団体Parley for the Oceansと連携。メキシコ、チリ、イタリア、モルディヴ、オーストラリアの島で、プラスチッ...
「パタゴニア」が1000万本のペットボトルをリサイクルした素材を採用した「リサイクル・ブラックホール・バッグ」を発表。
海には、世界全体で毎年800万トンものゴミが捨てられている。このプロジェクトなら大量の海洋ゴミを最小限のエネルギーで回収し、再利用できるかもしれない。20...
イギリスとアイルランドのマクドナルド全1361店で使用されている紙製ストロー、リサイクルされずに廃棄処理されていた。
NASAのScientific Visualization Studioが、海に浮かぶゴミの量やその流れを追い、科学的に可視化した動画を紹介しています。こ...
ニュージーランドの都市オークランドへ行く機会があれば絶対に足を運んで欲しいアイスクリーム屋「GIAPO」。ここ、創作アイスクリームで有名なんです。店のIn...