エコに対するアプローチが上手いのは、やっぱりオランダ。

世界的にエコ志向が強まっています。だけど、自分がどれくらいのゴミを出しているのかって、なかなか分からないもの。

オランダのデザインスタジオ「The New Raw」はユニークな方法を使って、ゴミを減らしつつ、多くの人に大量消費に対する注意を向けさせています。

自分が消費しているゴミと
同じ重さで作られたイス

彼らの「Print Your City!」というプロジェクトでは、3Dプリンターによって「パブリックチェア」が制作されました。

この材料になっているのは、アムステルダムから回収されるゴミの25%を占めるプラスチック。さらに、イスの重さは約50kgあって、同都市に暮らす2人分の年間消費量に相当するのだとか。要するに、自分がどれくらいのゴミを出しているのかが、目に見えるようにしているということ。

実際に腰かけてみると、バランスが取りにくいみたい。でも、多くの人が苦戦しながら、リラックスできる座り心地を求めて楽しんでるそうですよ。

Licensed material used with permission by The New Raw, Print Your City!
廃棄食品を再利用して、新たな食べ物にする。3Dプリンターを使って、食べ物を作る。どちらもすでに注目されている取り組みですが、この2つを組み合わせた企業がオ...
KLMオランダ航空の本拠地、アムステルダム・スキポール空港。何よりまず向かうべきは『Heineken bar(ハイネケン バー)』です!
「Plastic Whale」が開催するプラスチックフィッシングは、5段階評価で4.5を誇る。さらに、人を集めるのが難しいゴミ拾いイベントにも関わらず、多...
オランダで開発された「Goedzakken」は、捨てられているモノを欲しいと思った人に気軽に拾ってもらうために、中身をあえて見せるようにデザインされたゴミ...
欧州航空機メーカー大手の「Airbus(エアバス)」が水素燃料を主要な動力源として飛行する旅客機を2035年までに実用化する計画を発表した。
サーバーの排熱で家を暖めるサービスを提供するオランダ企業Nerdalize。これだけだとちょっと分かりにくいかもしれませんが、とってもメリットの大きいプロ...
橋にはセンサーが埋め込まれていて、歪み具合や負荷のかかり方を測定してくれる。他にも、「何人が橋を利用したのか」や「どれくらい時間をかけて渡るのか」も記録できる。
コンパクトさと3秒でサッと開く&たためるスマートさが特徴のオランダ発カード型スマートエコバッグ「EVERLESS」に注目が集まっている。
アムステルダムで考案された、「自転車」と「環境」をかけ合わせたプロジェクト。自転車のペダルを漕ぐと、再生可能エネルギーを生産できるというもの。
一人ひとりがサステイナブルライフのあり方を模索するオランダ。今回取り上げるのは、すでに同国で3つのレストランをオープンしている企業「Instock」です。
今週末10月2日(金)、米国発の「キンプトン ホテルズ&レストランツ」ブランドの日本初上陸となる「キンプトン新宿東京」が東京・西新宿にオープン。
2012年に設立された、子どものためのエコバンク「Banco del Estudiante Bartselana」。考案したのはペルーに暮らすJose A...
7月より始まったレジ袋の有料化によって、増えたエコバッグの利用。そんな中、海外でふつふつと話題になっているのがプロデュースバッグ。この記事では、まだ日本で...
現代社会が抱える深刻な環境問題を、あえてユーモラスに伝え、お祭り気分の参加型エコチャレンジとすることで、国境を越えて人々が自発的に取り組んでいる活動を紹介...
オランダ東部にあるトゥウェンテ大学。この大学の敷地内には、9階建ての建物の側面に30mものクライミングウォールがあります。グリップの数は2500個。オラン...
台湾のデザイナーMikey WuさんとFang Shihさんが、タピオカ専用エコカップ「Float」を製作しました。
“おっぱい”がテーマの移動式現代アート展覧会「おっぱい展」を主催する「and GALLERY」が、来る10月、「ピンクリボン月間」にちなんだキャンペーンを実施!
大事なことを後回しにしてしまったり、集中力が途切れて関係ないことを始めてしまうことを防止するスマート眼鏡「Auctify Specs」が誕生!
6月16日から駅ビル・エキナカの一部店舗で、店舗ごとに設定された一定金額以上の購入者を対象にエコバッグを配布すると「JR東日本」が発表。その数50万個。「...
アムステルダム近郊で集められたプラスチックゴミを利用して作られてた「フラワーベース」。マーブル模様はひとつとして同じものがありません。
「Cosme Kitchen (コスメキッチン)」や「ecostore(エコストア)」を運営する「マッシュビューティーラボ」が、使い終わったコスメ容器を回...
米スタートアップ企業「ICON」が開発したコンクリートを出力する3Dプリンターを24時間の稼働させ、2つのベッドルームとキッチン、バスルームを有した約45...
浜辺へと漂着したプラスチックゴミだけを使って、ひたすらオブジェをつくるプロジェクト
ファッション業界の課題解決を目的に活動する団体「Fashion for Good」が、オランダ・アムステルダムにインタラクティブな体験ができる博物館をつく...