エコに対するアプローチが上手いのは、やっぱりオランダ。

世界的にエコ志向が強まっています。だけど、自分がどれくらいのゴミを出しているのかって、なかなか分からないもの。

オランダのデザインスタジオ「The New Raw」はユニークな方法を使って、ゴミを減らしつつ、多くの人に大量消費に対する注意を向けさせています。

自分が消費しているゴミと
同じ重さで作られたイス

彼らの「Print Your City!」というプロジェクトでは、3Dプリンターによって「パブリックチェア」が制作されました。

この材料になっているのは、アムステルダムから回収されるゴミの25%を占めるプラスチック。さらに、イスの重さは約50kgあって、同都市に暮らす2人分の年間消費量に相当するのだとか。要するに、自分がどれくらいのゴミを出しているのかが、目に見えるようにしているということ。

実際に腰かけてみると、バランスが取りにくいみたい。でも、多くの人が苦戦しながら、リラックスできる座り心地を求めて楽しんでるそうですよ。

Licensed material used with permission by The New Raw, Print Your City!
廃棄食品を再利用して、新たな食べ物にする。3Dプリンターを使って、食べ物を作る。どちらもすでに注目されている取り組みですが、この2つを組み合わせた企業がオ...
KLMオランダ航空の本拠地、アムステルダム・スキポール空港。何よりまず向かうべきは『Heineken bar(ハイネケン バー)』です!
オランダで開発された「Goedzakken」は、捨てられているモノを欲しいと思った人に気軽に拾ってもらうために、中身をあえて見せるようにデザインされたゴミ...
「Plastic Whale」が開催するプラスチックフィッシングは、5段階評価で4.5を誇る。さらに、人を集めるのが難しいゴミ拾いイベントにも関わらず、多...
「Google」の開発する「Google Map」が2月6日で15週年を迎え、それを記念した大型アップデートを実施。今回のアップデートで、メイン画面にタブ...