ゴミの排出を最低限に抑えられる歯ブラシ

プラスチックゴミ問題が話題に上がるようになって、たくさんの製品に使われる素材がアップデートされたり、製造過程が見直されたりしている。ストローは分かりやすい例だ。

パリを拠点にするデザイナーAlexandre Touguetが考案する歯ブラシもそのひとつ。ブラシの部分だけを交換できるようになっているので、ゴミの排出を最低限に抑えられる。

「これ見たことあるけど」と思った人は正解。すでに日本でも製造されてはいるが、このタイミングで発表するAlexandreさんには、「さすが!」のひと言。市場分析が見事だ。

Top image: © Alexandre Touguet
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
Christina Ramirezさんが立ち上げた「PLUS ULTRA」は、竹から作られた歯ブラシを販売しています。
電動歯ブラシのバッテリーを取り除き、代わりに手巻き充電器を搭載した「Be.」。使うときはたった2回、歯ブラシの下部をひねるだけ。クラウドファンディングでは...
アムステルダム近郊で集められたプラスチックゴミを利用して作られてた「フラワーベース」。マーブル模様はひとつとして同じものがありません。
浜辺へと漂着したプラスチックゴミだけを使って、ひたすらオブジェをつくるプロジェクト
フランス・マルセイユでは、ゴミ拾いとカヤックを融合させたアクティビティが誕生し、5月30日にはコンテストが開催される予定です。
「Plastic Whale」が開催するプラスチックフィッシングは、5段階評価で4.5を誇る。さらに、人を集めるのが難しいゴミ拾いイベントにも関わらず、多...
2016年から、イギリス国内の一部の道路を、“環境に優しいアスファルト”に変えてきた「MacRebur」。そのアスファルトとは、プラスチックごみを再利用し...
「The WasteShark」は、水上をスイスイとスベってお掃除してくれるマシン。
歯ブラシって、なぜか高機能そうでシャープなデザインばっかりでつまらない。アートな暮らしに憧れているなら、こんなところまで気を使いたい!
2018年6月に、アメリカン・エキスプレスが海に漂流しているゴミを材料としたクレジットカードを製造し、1年以内に実用化させると発表しました。
子どもに歯磨きを慣れさせるのって、意外と大変なんですよね。歯の健康維持のためには、きちんと自分で磨けるようになってほしい。でも、それを面倒くさがったりして...
社会に一石を投じてきたCoronaとParley for the Oceansのタッグが、ペットボトル3本と引き換えにビール1本をゲットできるというキャン...
2019年1月1日より、韓国政府は大型のスーパーマーケットでの使い捨てレジ袋の配布を禁止にしました。約2000店舗がこの条例の対象になります。
「Below The Surface」は、70万ものゴミがいつの時代に製造されたのかを記録しているサイトです。
難民の協力を得てゴミを収集。それらを材料として有名人のポートレイトや企業のロゴマークを作って販売。利益の半分をチャリティとして寄付。そんなサステイナブルな...
毎年800万トンものプラスチックが海に捨てられている。この問題を解決するために考案されたプロジェクト「The Ocean Cleanup」は、自然エネルギ...
海を漂流するプラスチックゴミをはじめ、世界中で深刻な問題となっているのが投棄される産業廃棄物。この問題に対して、まったく新しい切り口からアプローチする取り...
オランダのデザインスタジオ「The New Raw」はユニークな方法を使って、ゴミを減らしつつ、プラスチックの大量消費に対して注意を向けさせています。
1960年代から、化石燃料や電力網などのインフラを必要としないオフグリッドハウスを研究、建設し続けているアメリカ人建築家がイベントを開催です。
海には、世界全体で毎年800万トンものゴミが捨てられている。このプロジェクトなら大量の海洋ゴミを最小限のエネルギーで回収し、再利用できるかもしれない。20...