世界初「冷やす」ことで生ゴミの不快なニオイを抑えるゴミ箱

私たちが日々悩まされる「生ゴミ」や「オムツ」、「ペットのトイレシート」といった「臭いゴミ」の不快な臭い。「CLEAN BOX」は、これらの臭いゴミを内部で冷やして一時保管することで、不快な臭いを断ち、次の燃えるゴミの日までの間、室内の空気を快適に保つことができる画期的なゴミ箱である。

CLEAN BOXは、内部の温度を-10℃に設定。この温度は「臭いゴミの水分が凍る温度」であると同時に、冷凍庫よりも「消費電力を抑えることができる温度」でもあるという。

ゴミを完全に凍らせるには、冷凍庫と同様に-18℃程度まで下げてしまえばいいのだが、冷凍庫よりも開閉頻度が多く、開けている時間が長いゴミ箱では、-18℃まで再冷凍する際のエネルギーがたくさん必要になってしまう。

一方で実験の結果、臭いゴミは-10℃まで冷やせば、臭いが気にならないレベルになることがわかったため、CLEAN BOXは、冷やしすぎないことで白熱電灯1個分程度の低消費電力による省エネを実現している。

一般的に、日本では2〜3日に1回、燃えるゴミの回収が行われている。それに合わせて一般家庭の数日分の臭いゴミを入れることができるゴミ箱容量を備えつつ、キッチン、リビングダイニング、寝室と、どこに置いても圧迫感を感じさせないサイズ感とデザインで、2019年度グッドデザイン賞の「グッドデザイン・ベスト100を受賞した次世代型のゴミ箱「CLEAN BOX」。

現在、直販サイトにて100台限定で予約販売をおこなっている。

©2019 中西金属工業株式会社
Top image: © 2019 中西金属工業株式会社
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
オーストラリアのサーファーたちがつくった海専用のゴミ箱「The Seabin」は、水面に設置すると、近くに浮かぶゴミを海水ごと飲み込む仕組み。
「ZitA」には、モーションセンサーが搭載されている。ゴミを捨てようと手を近づければ、勝手にフタが開き、その3秒後に閉まるデザイン。自動で開閉するのが最大...
ニューヨーク市で1930年代から使用されているゴミ箱がこの度リニューアルされることとなった。新しいゴミ箱は軽量化を実現し労働者にやさしい設計。またリサイク...
海を愛する二人のヨットマン。いくら拾い集めてもキリがないビニール袋やベットボトルといった浮遊ゴミを片付ける目的で、海にゴミ箱を設置しました。場所はヨットが...
プラスチック製のシースルーランプシェード(フェイスシールド)「Plex'Eat」を使用すれば、向かい合って食事を楽しむことができる。レストランの雰囲気を壊...
フランス・マルセイユでは、ゴミ拾いとカヤックを融合させたアクティビティが誕生し、5月30日にはコンテストが開催される予定です。
イスラエルのバイオ関連企業が開発した超特大のコンポスト。できるのはガス。
アメリカ・バーモント州で7月1日に環境保全に関する新しい法律が制定された。同法律では、プラスチック製の袋やストロー、発泡スチロール容器などの使い捨て用品の...
浜辺へと漂着したプラスチックゴミだけを使って、ひたすらオブジェをつくるプロジェクト
韓国の企業が開発した「Clean CUBE」は、ゴミの処理や収集を見直した、スマートなゴミ箱。太陽光のエネルギーを使ってゴミを圧縮し、従来の約8倍の量を収...
「THE MARC JACOBS」から「THE TOTE BAG MINI TRAVELER TOTE」が日本先行販売で登場。特徴はカジュアルなキャンバス...
「The WasteShark」は、水上をスイスイとスベってお掃除してくれるマシン。
「Plastic Whale」が開催するプラスチックフィッシングは、5段階評価で4.5を誇る。さらに、人を集めるのが難しいゴミ拾いイベントにも関わらず、多...
はたしてこの商品、「ゴミ箱」なのかそれとも「掃除機」なのか……、表現の仕方も迷うところ。いづれにしても、ありそうでなかったキッチンツールに、こんな感想を持...
パリを拠点にするデザイナーAlexandre Touguetが考案する歯ブラシは、ブラシだけでも交換できるようになっている。
「Below The Surface」は、70万ものゴミがいつの時代に製造されたのかを記録しているサイトです。
元サッカー日本代表の中田英寿氏と「J-WAVE」がコラボしたエンターテインメントレストラン「J-WAVE NIHONMONO LOUNGE」が、明日7/1...
「株式会社THEATER GUILD」が、7月1日、サブスクリプション型映画館「シアターギルド」をオープン。専用ワイヤレスイヤホンで独特の没入感が楽しめる。
難民の協力を得てゴミを収集。それらを材料として有名人のポートレイトや企業のロゴマークを作って販売。利益の半分をチャリティとして寄付。そんなサステイナブルな...
アムステルダム近郊で集められたプラスチックゴミを利用して作られてた「フラワーベース」。マーブル模様はひとつとして同じものがありません。
世界トップレベルでワインの消費量が多い国であるイギリス。誰もがワインを愛する反面、空になったワインボトルのゴミ処理は、国内でも大きな問題になっています。
女性にとって必需品の生理用は、毎年大量のプラスチックごみとなって排出されます。この問題を解決するために、世界初の「再利用できるタンポン」が開発されました。
彼の名はロブ・グリーンフィールド。持続可能な社会を目指し、環境保護を訴える活動家だ。特注の透明スーツを羽織り、これから30日間で自分が出すゴミをすべて身に...
ウィーンのコーヒー文化に危機感を覚えたFlorian HoferさんとManuel Bornbaumさんは、使い道のなかった“ゴミ”でキノコを培養するアイ...