南米の「マック」で生ゴミからできたトレイ導入

ラテンアメリカ諸国の「マクドナルド」で、プラスチック削減廃棄物リサイクルに対する新しい試みをおこなっている。

その取り組みとは、食料廃棄物やゴミを原料としたトレイの導入

トレイには、UBQと呼ばれる再生素材を使用。UBQは、埋め立て地に運ばれるバナナの皮や鶏の骨といった未分類の家庭ゴミ、段ボールや紙などの資源ゴミ、おむつやプラスチックなど金属とガラス以外のすべてのゴミから作ることができる。

ゴミの廃棄において深刻なのは、埋め立て地で生ゴミが腐敗したときに発生する温室効果ガス。原因である生ゴミをリサイクルできる点で、環境への負荷をぐっと減らすことができるのだ。

ラテンアメリカのマクドナルドでは、2018年からプラスチック削減プロジェクトを開始し、2019年には700トンのプラスチック使用量の削減を達成。このトレイは、ブラジルですでに7000枚以上展開されており、今後はさらに拡大する予定とのこと。

このUBQという素材、フローリング家具などトレイ以外にも活路があるそう。「店舗そのものが再生素材製!」なんてトピックをお伝えする日も、もしかしたらそう遠くないのかも。

UBQ 再生素材 家庭用ゴミ
©︎ 2021 UBQ Materials Ltd
Top image: © 2021 UBQ Materials Ltd. / Arcos Dorados
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

イギリスとアイルランドのマクドナルド全1361店で使用されている紙製ストロー、リサイクルされずに廃棄処理されていた。
イスラエルのバイオ関連企業が開発した超特大のコンポスト。できるのはガス。
「コールマン」とコラボレーションした「マクドナルドの福袋2021」が、12月22日(火)までWEB抽選予約を受付中。
バーガーチェーン最大手「マクドナルド」初となる植物ベースの代替肉バーガー。2021年より発売開始。
沖縄「星のや竹富島」は2月13日より「海水淡水化熱源給湯ヒートポンプユニット」で汲み上げた海水の淡水化による飲料水の自給を開始。現在、竹富島で1日に使用で...
10月5日、「マクドナルド」とシンガーソングライター、J Balvin(J.バルヴィン)」のコラボレーションで、目にもおいしいアパレルグッズが発売された。...
世の中のあらゆるものをランキングで発表する国内最大級のランキングサイト「gooランキング」が「正直一番おいしいMcdonald’s(マクドナルド)のメニュ...

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
NBA選手3人が、フェイクミート製品会社「ビヨンド・ミート」と提携し、ホリデーシーズンを祝福するクリスマスソングのオリジナルカバー動画を公開。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
「Minsord」はドリルではない。重さはわずか500g、服のポケットに簡単に入れられるiPhone並のサイズ感ながら、コリの最大の原因であるねじれた筋膜...
1月20日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「Tatamu stool」は、東京をベースとする建築家たちが...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...