入るのは人ではなく生ゴミ、というテント

一見するとテントのようなこの物体、なんだ変わります?

©HomeBiogas

じつはこれ、イスラエルのバイオ関連企業が開発した超特大のコンポストなんです。もちろんただのコンポストではありません。

生ゴミを入れるところまでは一緒。けれど、できあがるのは堆肥ではなく、なんとガス。一般家庭の台所で使用できるガスが生成されるというもの。

生ごみから「ガス」をつくる

©HomeBiogas

家庭から出るゴミの3割から4割は、台所からの生ゴミだと言われています。ざっくりですが、一日に出る生ゴミの量がおおよそ2リットルだとして、この量で、3時間分程度のガスが捻出できる計算だそう。

仕組みは簡単で、装置内のバクテリアが生ゴミを分解する過程で、バイオガスを発生させるというだけ。ただし、こうして生成されたガスをキッチンで使うためには、キッチンをバイオガス仕様にしなければいけないという難点はあります。

だとしても、動画を見る限り本当に火がついちゃうんですから。

©HomeBiogas

一般的なコンポストの多くは、堆肥になる過程でコンポスト内をかき混ぜる手間が発生しますが、HomeBiogasにおいてその作業は不要。日々出てくるゴミをただ入れるだけ、他にはなにもしなくてOKだそう。内部も密封状態というから、虫がたかったりする心配もないようです。

コンポストを利用している人ならわかることですが、堆肥となるには季節にもよりますが、実際のところ数週間は見ておく必要がありますよね。それがガスの場合、量の話を抜きにすれば毎日でも生成できるみたい。

ガスだけでなく、
ついでに“液体”で堆肥も生成

©HomeBiogas

そうそう、HomeBiogasはガスだけでなく、ちゃんと堆肥もつくってくれるんです。しかもこちらは液体。土に混ぜて肥料にしなくても、このままジョウロでまけばいいっていう、とってもエコでラクな仕様のようです。

©HomeBiogas

肥料をまいて自家栽培して、ガスを使って料理する。でまた出た生ゴミをHomeBiogasに入れて……これだけ聞くと、エコでロハスな生活に欠かせない理想的なアイテムと思えるけれど、いかんせんこのサイズ。さすがに土地の狭い日本では厳しそう。

だけど、概念だけなら現代生活にとってもマッチするんじゃないかなって思いました。「ほんまかいな?」なんて疑ってる人はプロモ動画をチェックしてみて。

© HomeBiogas
Top image: © Home Biogas
Reference: HomeBiogas

関連する記事

サステイナブルの観点から近年注目の「コンポスト」。「臭い生ゴミの処理に困っている」「SDGsや自給自足の生活に関心がある」という方のためになぜ注目されてい...
食べ残しなどから堆肥をつくれる「コンポストボックス」の進化版が開発されました。生ゴミや動物の糞から出る「バイオガス」を抽出し、キッチンのガスコンロで利用で...
化石燃料に比べて、温室効果ガスの排出量が少ないと言われているバイオガス。ノルウェーの海運会社「フッティルーテン」もまた、この燃料を使用すると発表しました。
2月4日(木)13:00発、「JAL319便」(東京(羽田)ー福岡)で日本初の国産バイオジェット燃料を国内線定期便に初めて搭載したフライトが実施される。
「EARMIND」は、異なる6つのアート分野の作家や工房によって手掛けられた、デザイン性を高めたカスタマイズBluetoothイヤホンだ。
アメリカ・バーモント州で7月1日に環境保全に関する新しい法律が制定された。同法律では、プラスチック製の袋やストロー、発泡スチロール容器などの使い捨て用品の...
バイオ燃料には、サトウキビやトウモロコシなどを使うのがメインストリーム。だけど、「Shell」は“新たな原料”を利用したプロジェクトを始めています。

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
感染拡大防止のため、あのハリウッド映画の登場人物たちも......マスクを着用し始めた!?
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
カカオの外皮「カカオハスク」を使用したアップサイクルコーヒー「カカオコーヒー」が誕生。