入るのは人ではなく生ゴミ、というテント

一見するとテントのようなこの物体、なんだ変わります?

©HomeBiogas

じつはこれ、イスラエルのバイオ関連企業が開発した超特大のコンポストなんです。もちろんただのコンポストではありません。

生ゴミを入れるところまでは一緒。けれど、できあがるのは堆肥ではなく、なんとガス。一般家庭の台所で使用できるガスが生成されるというもの。

生ごみから「ガス」をつくる

©HomeBiogas

家庭から出るゴミの3割から4割は、台所からの生ゴミだと言われています。ざっくりですが、一日に出る生ゴミの量がおおよそ2リットルだとして、この量で、3時間分程度のガスが捻出できる計算だそう。

仕組みは簡単で、装置内のバクテリアが生ゴミを分解する過程で、バイオガスを発生させるというだけ。ただし、こうして生成されたガスをキッチンで使うためには、キッチンをバイオガス仕様にしなければいけないという難点はあります。

だとしても、動画を見る限り本当に火がついちゃうんですから。

©HomeBiogas

一般的なコンポストの多くは、堆肥になる過程でコンポスト内をかき混ぜる手間が発生しますが、HomeBiogasにおいてその作業は不要。日々出てくるゴミをただ入れるだけ、他にはなにもしなくてOKだそう。内部も密封状態というから、虫がたかったりする心配もないようです。

コンポストを利用している人ならわかることですが、堆肥となるには季節にもよりますが、実際のところ数週間は見ておく必要がありますよね。それがガスの場合、量の話を抜きにすれば毎日でも生成できるみたい。

ガスだけでなく、
ついでに“液体”で堆肥も生成

©HomeBiogas

そうそう、HomeBiogasはガスだけでなく、ちゃんと堆肥もつくってくれるんです。しかもこちらは液体。土に混ぜて肥料にしなくても、このままジョウロでまけばいいっていう、とってもエコでラクな仕様のようです。

©HomeBiogas

肥料をまいて自家栽培して、ガスを使って料理する。でまた出た生ゴミをHomeBiogasに入れて……これだけ聞くと、エコでロハスな生活に欠かせない理想的なアイテムと思えるけれど、いかんせんこのサイズ。さすがに土地の狭い日本では厳しそう。

だけど、概念だけなら現代生活にとってもマッチするんじゃないかなって思いました。「ほんまかいな?」なんて疑ってる人はプロモ動画をチェックしてみて。

© HomeBiogas
Top image: © Home Biogas
Reference: HomeBiogas
食べ残しなどから堆肥をつくれる「コンポストボックス」の進化版が開発されました。生ゴミや動物の糞から出る「バイオガス」を抽出し、キッチンのガスコンロで利用で...
化石燃料に比べて、温室効果ガスの排出量が少ないと言われているバイオガス。ノルウェーの海運会社「フッティルーテン」もまた、この燃料を使用すると発表しました。
バイオ燃料には、サトウキビやトウモロコシなどを使うのがメインストリーム。だけど、「Shell」は“新たな原料”を利用したプロジェクトを始めています。
「本日は〇〇航空をご利用いただき、誠にありがとうございます。当機は羽田発ホノルル行きです。なお、フライトには廃材を再利用したバイオ燃料を使用しております。...
世界最小のルービックキューブ「極小ルービックキューブ-0.99cm超精密金属製-」がお目見え!
ミミズに手伝ってもらって有機ゴミから堆肥(腐植土)をつくる。いわゆる「コンポスト」が室内でできる。こう聞いて敬遠したくなる人の方が多いのは承知。ベランダで...
オランダで開発された「Goedzakken」は、捨てられているモノを欲しいと思った人に気軽に拾ってもらうために、中身をあえて見せるようにデザインされたゴミ...
カナダの企業「Carbon Engineering」が、空気をフィルタリングすることで二酸化炭素濃度を削減することができる新しいシステムを開発した。加えて...
欧米では野外フェスが終わった後の会場に、テントや寝袋といったキャンプグッズが大量に放置されたままになることがあるんだそう。つまりはゴミとなる訳です。そんな...
野外フェスの参加者の4人に1人は、自分が持ってきたテントをその場に捨てて帰るそう。そのため「KarTent」は、少しでも状況を改善するためにダンボール製の...
アプリと連携して、自宅で心地よいスパ体験ができる入浴剤「薬用入浴剤 デイリーミネラル」が「Makuake」で販売中。五感で感じる最高のととのい体験をぜひ。
アメリカ・バーモント州で7月1日に環境保全に関する新しい法律が制定された。同法律では、プラスチック製の袋やストロー、発泡スチロール容器などの使い捨て用品の...
究極のエコステイならNZにあるリトリートホテル「シャーウッド・クイーンズタウン」。世界60ヶ国を訪れた旅の達人・四角大輔さんにして「これは世界有数のエコレ...
ニューヨーク大学の研究チームが、ダイバーのために水中で使えるテントを開発しました。
この記事では、アップサイクルの意味と事例を紹介していきます。リサイクルと非常に似た言葉なのですが、その違いを知ればアップサイクルの魅力にきづけるはずです。
1960年代から、化石燃料や電力網などのインフラを必要としないオフグリッドハウスを研究、建設し続けているアメリカ人建築家がイベントを開催です。
近年再びブームになりつつあるナイキの人気スニーカー「ダンク」が、あの国民的漫画と驚きのコラボレーションを発表。今年で連載が始まってから50周年を迎えるとい...
9月25日にクラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて、資金調達に成功した「NOTA Mole Tracker」は、あなたのホクロが悪性か...
5月29日にアメリカで発表された「Skai」は、水素を燃料にして飛行する航空機。結論から言うと、水素自動車よりも先に普及するかもしれません。
アムステルダム近郊で集められたプラスチックゴミを利用して作られてた「フラワーベース」。マーブル模様はひとつとして同じものがありません。
「RhinoWolf」は、できるだけ荷物を減らしたいというアウトドア派の切実な願いに応えてくれる、一人用の小型テント。エアマットレスと寝袋が一体になってい...
日々悩まされる生ゴミ、オムツ、ペットのトイレシートといった「臭いゴミ」の不快な臭い。「CLEAN BOX」は、これらをマイナス10度で冷やして一時保管する...
フランス・マルセイユでは、ゴミ拾いとカヤックを融合させたアクティビティが誕生し、5月30日にはコンテストが開催される予定です。
浜辺へと漂着したプラスチックゴミだけを使って、ひたすらオブジェをつくるプロジェクト