【世界最小】塩と水で発電できるモバイル燃料電池「JAQ」

塩と水の化学反応で発電し、デバイスの充電ができる!と話題なのが、モバイルチャージャー「JAQ」。残念ながら、自分で塩水を注いで無限に充電できるというわけではありませんが、定期的に充電していなければいずれ使えなくなってしまう従来の充電池と違い、いつでもその場で発電して電力を供給できるのが特徴です。

必要なのは、充電器本体と使い捨てのカートリッジ。挿しこむと発電が開始するので、USBを繋げばデバイスの充電が可能です。

塩水で発電!?
携帯できる燃料電池

左側に見えるのが本体に挿し込まれた「PowerCard」というカートリッジ。1枚で発電できる容量は、スマホ1台分をほぼフル充電できるくらい。これまでの電池と何が違うかというと、前述したとおりその場で発電できるというシロモノ。リサイクル素材で作られており、使い終わったらそのまま捨てられるものだそうです。

これまでにも携帯できる燃料電池はありましたが、化石燃料を使用していました。その点、開発した「myFC」社はよりクリーンな燃料電池であると主張しています。

本体サイズは127 x 77 x 21mm、重さ180g。カートリッジは 96 x 68 x 6.5mm、重さ40グラム。両方合わせた重さは、「iPhone 6」を2台分持つよりも少し軽いくらい。

ホームページによれば、年間契約で1ヵ月4.9ユーロ(約650円)から利用可能になるとありますが、詳しい情報については事前予約することで最新情報を受け取れます。まだ明かされていない素材の詳細が気になるところですが、続報に期待しましょう。

Licensed material used with permission by myFC
フィリピンのおよそ7,000の島々では、現代でも電力インフラが不足しており、明かりのない生活をしている人々が多いらしい。これまでは、石油ベースのオイルやロ...
カナダの企業「Carbon Engineering」が、空気をフィルタリングすることで二酸化炭素濃度を削減することができる新しいシステムを開発した。加えて...
シンガポールの国立大学、南洋理工大学(Nanyang Technological University :NTU)の研究でリチウムイオン2次電池(蓄電池)...
「本日は〇〇航空をご利用いただき、誠にありがとうございます。当機は羽田発ホノルル行きです。なお、フライトには廃材を再利用したバイオ燃料を使用しております。...
イギリス・バーミンガムで起きた出来事を中心に報道しているメディア「Birmingham Live」。彼らの記事によれば、バーミンガム大学のあるクラスで受講...
気象観測機器「Storm Cloud Weather Predictor」。雲の形をした容器の中にある結晶が天気によって変化するので、朝起きてカーテンを開...
バイオ燃料には、サトウキビやトウモロコシなどを使うのがメインストリーム。だけど、「Shell」は“新たな原料”を利用したプロジェクトを始めています。
2015年9月16日。スウェーデン政府は翌年の再利用可能エネルギー開発費に、45億クローネ(およそ650億円)の投資を予定していると発表しました。最終的に...
ラスベガスで開催されたCES 2018。そのスマートホーム部門で、イノベーションアワードを受賞したのが単三電池「Coat Foever Battery」。...
ピザハットが、10月30日、ピザを焼きながら配達もこなせるトラック「Tundra PIE Pro」を製造した旨を発表しました。
通称、オジさんサービス。これは韓国で展開されているいじめ対策サービスのひとつ。同国のメディア「News Nate」の記事によれば、想像の範疇を超える内容に...
持ち運びやすい袋に洗濯板の機能を組み込むことができないか?というアイデアのもと、開発されたのが「Scrubba Wash Bag」です。
塗るだけで水素燃料を生成できるペンキの開発が、オーストラリアのロイヤルメルボルン工科大学で進んでいます。太陽光や風力といったクリーンエネルギーに続く発電方...
人肌程度の体温をもとにして電力を賄える懐中電灯が開発されました。「熱電式発電機」を利用したシンプルな構造になっており、指で触れるだけでライトがついちゃいま...
常日頃からラップトップPCとモバイルバッテリーを持ち歩いている身としては、コンセントを確保するよりも、USBのほうが断然ラク。
線路沿いの古民家をリフォーム人と人をつなぐ中目黒のコーヒーショップONIBUS COFFEE〒153-0051 東京都目黒区上目黒2-14-1http:/...
燃料は水だけ!?ブラジル人発明家の男性がつくりだしたバイクは、ガソリンを使わずに走れて、たった1リットルの水で500kmもの距離を走行することができるとい...
オランダの下院議会に提出された法案が話題になっています。2016年3月30日の「NL Times」によれば、なんと2025年までに化石燃料を使用する車の販...
生可能エネルギーのひとつとして注目が集まる太陽光発電。起伏に富んだ日本の国土では、あの黒いパネルを無数に設置できる発電所の敷地確保は、意外に困難なんだそう...
鹿児島県鹿屋市と大崎町にまたがる事業用地に、太陽光発電所を建設する計画が発表された。およそ200万m2の広大な敷地に設置されるのは、約340,740枚の太...
地球上の約7割が海。「海水を真水に変える」それは、世界の技術者たちが、こぞって研究開発を進める分野のひとつ。ライターJoe Martino氏が「 Coll...
手の平に収まる程度のキューブ、小さなカメラに、薄いひし形のデバイス・・・実はこれ、世界最小クラスのIoTホームセキュリティシステム『Cube(キューブ)』...
台湾やタイ、ベトナムなどで開催されるフェスティバルが一大コンテンツとなっているように、ここ数年で急激に注目度を高めている「ランタン」。そのやさしい光を空に...
アウトドアユースを想定したスポーティーなモデルが多いなか、完全にインドア派。